calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

果物は自然が提供する完全食品

0

    果物については、しばしばこのブログでも書いていますが、

    今回は、果物は「自然の完全食品」ということで話を

    進めてみたいと思います。

     

    大昔から、果物は自然の中に豊富にあり、私たちの祖先たちは、

    木の実やタネ類と同様に、主食のような形で食べていたようです。

     

    果物には、根から吸い上げた土中の様々な成分が含まれ、

    特に他の食物にはあまり含まれていない、ミネラルが多く含まれて

    居るのです。

     

    例えば、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB群などのビタミン類に

    カルシウム・カリウム・セレン・亜鉛・マグネシウムなどが含まれ、

    それらは、私たちの身体にとても良く吸収されていくのです。

     

    また、人の体にとって、とても大切な必須脂肪酸や消化器官の浄化に

    役立つ繊維質が、バランス良く含まれているのです。

    その他、見逃すことが出来ないのが、

    果物に含まれている水分が、人体に含まれている水分(全体の約70%)

    とほぼ等しいので、吸収がとても良く、すぐに身体のすみずみにまで、

    行き渡る事が出来るのです。

     

    それでは、秋の果物として代表的なリンゴとブドウについて、

    話をしてみましょう。

     

    ◆ リンゴ

     リンゴは、アダムとイブの話の中でも出てきますが、古くから私達の

    祖先が食べていた記録があり、果物の中でも特に多くの栄養素に富んで

    います。

     

     

     

     

    例えば、アップルぺクチンと呼ばれているものですが、リンゴに多く

    含まれている繊維質で、体内の解毒作用に優れています。栄養療法では、

    様々な利用方法があり、アップルべクチンのサプリメントもあるのです。

     

    リンゴ1個に含まれている栄養データーは、カロリーが約100カロリー・

    繊維質は2g・ビタミンC10mg・ビタミンA150IUs・カリウ

    ム15mg以上・鉄1/2mgが含まれています。

     

    ただしこれはあくまでも平均値ですので、栽培環境により、異なりま

    す。その他ビタミンB1、B2、B3、B6、ビオチン、カルシウム・硫黄・

    マグネシウム・硫黄・マンガン・銅・セレニウム・亜鉛なども微量です

    が、含まれていて、リンゴは、「マルチビタミン」 と呼ばれています。

     

    ◆ ぶどう

     ぶどうも栄養豊富な果物です。最近では、赤ワインに含まれているポリ

    フェノールが、身体に良いということで、注目を浴びていますが、ここで

    間違えないでくださいね、赤ワインが身体に良いというわけではなく、そ

    の原料になるブドウの実・皮・種が良いということなのです。

     

     

     

    ご存知だと思いますが、赤ワインというのは、ブドウを丸ごと使用し発酵

    させたものですから、言い換えればブドウの有効成分が全て含まれている

    と考えていいのです。

    ブドウは栄養療法上では、とても多くのことに利用される果物で、

    特に腸のクレンジング(浄化)のために使用する場合があります。

     

     ブドウ(各種類がありますが、平均して)の栄養素としては、1カップ

    で約100カロリーあり、ビタミンA、C、B群を多く含んでいます。そ

    の他大量のカリウムが含まれていたり、少量のカルシウム、マグネシウム、

    硫黄、微量の銅、鉄、またフルーツとしては、高いレベルのマンガンが含

    まれています。

     

    その他、秋の果物としては、梨、桃、柿など、とても豊富です。

    特に柿が「赤くなるころ、医者が青くなる」なんていう言葉もあり、

    これは、柿にはビタミンCを始めとして、多くの栄養素がふくまれて

    いるから、これを食べる季節になると、病人が少なくなる、という事

    を表しています。

     

    果物には果糖が含まれているので、食べ過ぎると太るという事も

    言われますが、どんな食べ物でも食べ過ぎれば太るのは、当たり前です。

     

    そして、どんなに素晴らしい食品であっても、

    そればかり食べたり、食べ過ぎてしまえば、効果よりも害になる場合も

    ありますので、適度の食べるということを考えなければいけないですね。

     

     

     


    お彼岸

    0

      「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものですが、

      気温が30度近くまで上がっている割には、

      過ごし易い気候になってきました。

       

      そして、近所に彼岸花も見つけました。

       

       

      *写真はカメラを持っていなかったので、

      フリー素材の「PhotoAC」さんからです。

       

       

      彼岸花は曼珠沙華とも呼ばれ、9月のお彼岸の頃に花を咲かすので、

      この名前がついてようです。

       

      植物的にはアルカロイド系の有毒植物で、経口摂取をすると、

      吐き気や下痢、ひどい時には中枢神経系の麻痺を起こし、

      死に至ることもあるそうです。

       

      そんな毒性のある彼岸花は、田んぼや畑などに植えられ、

      それらを荒らす、ミミズ、ネズミ、モグラ、虫などの忌避を

      目的にされていたようです。

       

      また、昔は土葬のため、その墓を荒らすそれら動物たちの忌避にも

      利用されたため、お墓周辺にもよく植えられていたようです。

       

      そして、彼岸とは仏教用語で、悟りを開いた世界の事を言います。

      この世(此岸・しがん)はとかく、迷い、煩悩の多い世界ですが、

      修行を積んで、彼岸に到達するというのが、仏教の教えの中にあります。

       

      春分の日や秋分の日は、天文学的に太陽がちょうど赤道上にあり、

      この日を境に北半球や南半球に移る時です。

       

      そんな移り変わりの時期が、

      ちょうど修行を積んで此岸から彼岸へ到達するのと同じようなことで、

      この時期を彼岸と呼ぶようになったそうです。

      そして、ご先祖様を供養することで、極楽浄土へいく事ができると

      言われているのです。

       

      アステカやマヤ文明などでも、太陽を神として捉え、

      太陽が真東から昇り、真西に沈むこれらの日は特に特別と考えて

      いたようです。

       

      そして、それは仏教のなかでも特別な日となるのは、

      遠く離れた所に住んでいても、太陽に対する畏敬の念は、

      世界共通であると、思わざるを得ません。

       

      道端に咲く、彼岸花を見ながらそんな事を考えていました。

       

       

       

       

       


      高齢者のための応援プロジェクト

      0

        先日の敬老の日、90歳以上の人口が200万人を超えた、

        ということが、新聞の記事で目につきました。

         

        長生きになるということは、医療の発達や栄養状態、

        個人の健康に対する意識によるものと考えられます。

         

        ただ、それに伴い、医療や介護に使う社会保障費が増えている、

        という現実もあります。

         

        90歳以上の方が、介護の世話にならず、自立して生活を

        しているのであれば、これらの費用を抑える事も出来るのでしょうが、

        日常生活を支障なく過ごす事が出来る健康寿命の平均は、男性が71.19歳、

        女性が74.21歳(2013年・厚生労働省資料)との事です。

         

        男性の平均寿命が80.21歳、女性が86.61歳ということを

        考えれば、男性で約9年、女性が約12年は、何らかの補助が

        必要になる可能性があるということです。

         

         

         

         

         

        これは、国の費用的な問題もそうですが、それに関わる人たち、

        家族や介護施設員などの負担も考えなければいけない

        問題だと思うのです。

         

        私も3年間、義母と一緒に暮らし、介護ということを、

        身近に感じましたので、今後の高齢化社会と介護の問題には、

        とても関心を持っています。

         

        誰もが、歳を取って誰かの世話になろう、なんて考えなていないです。

        でも、世話にならなければ、ならない状態になってしまった時には、

        本人にしてみれば、不本意な事で、とても辛いと思うのです。

        それは、体が思うようにならない、という事だけで無く、

        誰かに世話にならないと、生活出来ないということに対してもです。

         

         

         

         

        人はそれぞれの人生で、いろいろな足跡をつけてきています。

        そのゴール間近で、辛い思いや悲しい思いを記憶に残すのは、

        本人も周りの者も良い気持ちがするものではありません。

         

        ですから、そんな気持ちにならないように、いろいろ工夫をし、

        生活を楽しめれば、幸せな記憶を長く持つことができるのです。

         

        そして、テンドルマンが関わっている、

        それを少しでも応援しようというプロジェクトも、

        少しずつ形になってきました。

         

        そんな情報も以下に書いてみました。

         

         

        //_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_//_

         

         

        テンドルマンが主催している異業種交流会にも、

        介護に関連する企業の方が参加していますので、ちょっと紹介しますね。

         

        いずれの業者も信頼のおける業者です。

        直接だと、不安と思われます方、テンドルマンに連絡頂ければ、

        お取次いたします。(お取次の費用は掛かりません)

         

        *ヒスコ介護タクシー

         

        この会社は、「車いすで外出を」をメインに、

        結婚式へのサポートや家族旅行など、また遺品整理など、

        様々なサポートを行っています。

        いままで諦めていた事、ちょっと相談してみてはいかがですか?

         

        *ふそうケアサービス

         

        高齢者専用住宅やデイサービス、ショートステイなど、

        様々なサービスを提供しています。

        また、親会社は建設会社ですので、高齢者が住む住宅の問題や、

        空家の問題なども相談に乗れると思います。

         

        *こうの法務事務所

         

        遺言や相続などのご相談でしたら、一度問い合わせてください。

         

        介護タクシーとふそうサービスは、現在のところ地域限定です。

         

         

         

         


        ドクダミはハーブOR雑草?

        0

          テンドルマンのお店の脇には、小さな植込みがあります。

           

          ツツジが植わっている程度の植込みですが、その他にも、

          いろいろな草(いわゆる雑草)が、自然繁殖しています。

           

          やっぱり、あまり雑然と生育しているのは、見た目も悪いし、

          ツツジが弱ってしまうので、年に数回草むしりをします。

           

          その中でも一番、根を強固に張り、引き抜いても引き抜いても、

          次々と繁殖しているのが、下の写真のドクダミです。

           

           

           

           

          ドクダミは臭いも強く、多くの本には、「悪臭」という

          表現がされていますが、私はそれほど悪臭という気はしません。

          ただ、素手で触ったり、引っこ抜いたりすると、

          石鹸で何度洗ってもその匂いが取れないので、

          必ず手袋をしてから、ドクダミを触るようにしています。

           

          植込みに繁殖しているドクダミは、雑草として処分してしまいますが、

          実は古くから薬草として使用されている植物で、所謂ハーブなのです。

           

          効能ですが、名前に通り毒を消す、つまり解熱などに煎じて

          使用します。また、動脈硬化症の予防や妊婦の浮腫みなどにも

          効果があると言われています。

           

          また、この臭いの正体は、デカノイルアセトアルデヒドという成分で、

          白癬菌やブドウ球菌に対して効果があるようです。

           

          ですから、水虫にはこの生の葉をすり潰して、

          塗ると良いという事が、伝統的な薬草利用の本に書かれていました。

           

          このドクダミですが、ヨーロッパでは人気のハーブのひとつ

          のようで、斑入りや八重咲きなどに改良された園芸種も

          あるようです。

           

          ハーブとして見れば、ドクダミも「かわいい奴」と

          思うかも知れませんが、植込みにびっしり生え、あたりに強い臭いを

          まき散らすと、やっぱり引っこ抜かなければならない、

          雑草となってしまいます。

           


          台風18号

          0

            台風18号が近づいてきています。

             

            九州地方では、すでに大雨になっている所もあるようで、

            大きな被害が出ない事を祈りたいです。

             

            さて、この台風ですが、当初の予報では、

            日本を素通りして、中国大陸に向かうという予想と、

            もっと、日本の東の海上を通り過ぎるという予想の

            二つが出ていました。

             

            ところが、ちょうどその予想の真ん中、

            日本列島を串刺しするような形で縦断するという、

            最悪の進路に予報が変わってきたのです。

             

            台風の進路を決定するのは、上空(約5000m)の

            気圧配置に影響を受けるのと、西からの強い風(偏西風)が

            関係しています。

             

            上記の天気図は上が上空約1万メートル、下が上空約5000メートルの天気図です。

            (17/9/15 21:00時)

            下の天気図で九州の左に書かれているLが台風です。

            そして台風は上方の等圧線が垂れ下がっているL方面に引っ張られる

            傾向があります。この天気図だと、右方面に向かいそうな気がしますが、

            台風がもう少し北上すると、左側の垂れ下がりLが、北海道近辺まで

            進んでくると、台風のスピードから考えると北海道の西に向けて進路を

            取る可能性があるのです。だから、日本列島を串刺し縦断するという

            予報が成り立つのです。

            実際にはもっと様々なデーターを入力し、スーパーコンピューターで

            計算をしますので、こんな単純な方法で予報を出すのではないですが・・。

             

             

            今は、夏から秋への移り変わりの時期なので、

            これらの条件によって、日本列島の上空が、

            台風の道になりやすい状況になってしまったため、

            このような進路予想に変わったのです。

             

            ここまで日本列島に近づいてくると、その予報の精度は

            高くなってきますので、このまま予想通りのコースを

            辿る可能性が高いと思います。けれども、空気の流れは、

            ちょっとした条件で変化します。

             

            ですから、少しでも台風が反れて、

            何処の地域も雨や風の被害が大きくならない事を

            祈りたいと思います。

             

             

             

             


            命を繋ぐ

            0

              私たちが生きていくためには、食物を食べなければなりません。

              食物というのは、植物性、動物性の物で、それらは「他の生物」で、

              それらの命を頂いて、私たちは命を繋いでいます。

               

              ご飯を食べる時に、日本では「いただきます」と言いますが、

              これは、そこに並んだ食材に使われた他の生物の命を、

              これから「頂きます」という事の意味でもあるのです。

               

              仏教では、他の生物を殺すことを、「殺生」といいます。

              お釈迦様は全ての生物には、平等に生きる権利があり、

              それを理不尽な理由で命を奪うことを禁止しています。

               

              でも、実際には他の生物の命を奪い、それを食さなければ、

              私たちは生きていく事が出来ません。

               

              お釈迦様だって、80歳まで生きる事が出来たのは、

              他の生き物を食べて生きることが出来たのです。

              (動物の肉は食べなかったかも知れませんが、

               野菜は食べてました。野菜も生き物です)

               

              では、この殺生とのバランスをどう取るか?

              という問題があります。

               

              ある高僧の話で、他の生物をむやみに殺すのではなく、

              私たちが最低限必要なだけ、その命を頂き、

              私たちの飢えを満たすのであれば、良しとする、

              という事を聞いた事があります。

               

              そして、それらを食べる時には、「いただきます」と言い、

              残さず体の中に入れることが、その命に対する礼儀だと思うのです。

               

              それを考えると、ある意味「生きる」といることは、

              残酷なことであり、他の生物の死の上に成り立っているともいえます。

               

              そして、それは決して、動いている生物だけでなく、

              静かに土に根を張っている植物にも同じことが言えるのです。

               

              テレビのバラエティー番組などを観ていると、

              食べ物についての話題も多いです。

              獲れたてのピチピチしている魚介類を「美味しそう!」と

              コメントしたり、牛や豚が餌を食べている映像の後に、

              ステーキの映像に切り替わり、「極上の・・・」なんていう

              画面もよく目にします。

               

              数日前の「欲」についてのブログでも書きましたが、

              食べる事は人のもっとも大切な「欲」です。

              ですから、それを満たすことを否定はしませんし、

              私もお肉は好きですし、食べますので、偉そうなことは言えません。

               

              ただ、番組にする場合でも、食べ物に敬意を持ってもらいたいと、

              いつも思っています。

               

              そして、他の命の上に、私たちは命を繋いでいることを、

              忘れてはいけないのです。

               

               

               

               


              レモンバーベナの話

              0

                レモンの香りがするハーブとして、

                すでにレモンバーム、レモングラスを紹介してきました。

                そして3つ目が、

                今日話をする、レモンバーベナ(Aloysia citrodora)です。

                 

                このハーブの特徴は、消化を助ける働きがあると言われ、

                食後のお茶として、フランスなどでは、よく飲まれているようです。

                フランスでは、ベルベーヌという呼び方が一般的で、

                レモンバーベナとはあまり言わないようです。

                 

                 

                また、利尿作用も高く、ダイエットのお茶として

                紹介している、本やサイトも多いようです。

                 

                実際に、濃いめのレモンバーベナのお茶を飲むと、

                トイレが近くなって、困ったという経験もあります。

                利尿作用があるからと言ってダイエットに効果がある、

                というのは、何とも言えませんが・・。

                 

                ほのかなレモンの香りは、リラックス効果も高く、

                夜なかなか寝付けない方には、オススメなのですが、

                トイレの問題もあるので、香りを楽しむか、薄目にして、

                少量を飲むことが良いと思います。

                 

                このハーブは、他のハーブとの相性も良く、

                私はブレンドに使用するケースが多いです。

                 

                例えば、胃腸系のトラブルの場合、

                ペパーミント、レモングラスと合わせたり、

                カモミールと合わせたりもします。

                 

                リラックス系のブレンドとしては、

                カモミール、ローズなどと合わせると良いと思います。

                 

                とても使い道の広いハーブですので、

                香りを楽しみながら、いろいろ試してみると良いと思います。

                 

                 

                 

                 


                人の欲

                0

                  人には様々な「欲」があります。

                   

                  そして、その欲が、人類をここまで発展させてきた、

                  と言っても過言ではないでしょう。

                   

                  その欲の中で、生きる為に必要な三大欲があります。

                   

                  一番大切なのは、「食べるという欲」、食欲です。

                  これは、人類というか動物すべてに共通する事であり、

                  食べるからこそ、生きていられるのです。

                  生命を作る基本だからこそ、食欲は大切なのです。

                   

                  二番目は「眠るという欲」、睡眠に対する欲です。

                  人類や動物は、活動をするためには、眠る事がとても大切です。

                  それは、脳も体も休息する時間を持ち、その休息が、

                  次の活動のためのエネルギーになるのです。

                   

                  そして、三番目は、「子孫を作るという欲」、性欲です。

                  生物にとって、自分の遺伝子を残し続けるという事は、

                  その種の繁栄や未来へ続くために、とても大切な事であり、

                  交尾という行動無くして、子孫を残すことが出来ないのが、

                  人類を含めた主な動物たちの宿命なのです。

                   

                  この三つの欲が、人類として、生物として、生きていくためには

                  大切な事であり、これなくしては、300万年以上に及ぶ、

                  類人から始まった人類の歴史は無かったといえるのです。

                   

                  その他、これは人間独自の欲と言ってよいでしょうが、

                  「お金に対する欲」、「物に対する欲」、「名誉に対する欲」、

                  などがあります。

                   

                  これらは、社会の発展には大きく貢献する欲ですが、

                  反対に、これらの欲のために、自分や他人を苦しめるという、

                  問題も起きてしまうのです。

                   

                  三大欲もそれが強すぎると、同じような問題も起きますが・・。

                   

                  「欲は良くもあれ、悪しきもあれ」で、

                  上手にコントロールする必要があります。

                   

                  例えば、「般若心経」の中にも、

                  「拘りを捨てることにより、心に幸せが訪れる」

                  というような教えもあります。

                   

                  欲に対する拘りを捨てることは、今、ある自分の苦しみから

                  開放されるということなのです。

                   

                  今、何か自分の中で、もがき、苦しんでいる方がいらしゃったら、

                  その原因になっている物や考え方を、捨てたり、

                  変えてみても良いのではないでしょうか?

                   

                   

                  と、言ってもなかなか出来ないですけど・・・。

                   

                   

                   

                   


                  久し振りに天気の話

                  0

                    女性の方には失礼な言い方ですが、

                    「女心と秋の空」という言葉があります。

                     

                    これは秋の天気というのは、女性の心と同じで、

                    変わりやすい事を表現しています。

                     

                     

                     

                    この時期の天気図を見ていると、

                    中国大陸から、冷たい空気を持った高気圧が張り出し、

                    夏の空気を持った高気圧は、少しずつ東や南に後退しています。

                     

                    その境目には前線を伴った低気圧が発生し、

                    その近辺では雨が降りやすくなります。

                     

                    ちょうど、梅雨と同じような気圧配置になります。

                     

                    梅雨とちょっと違うのが、一般的に上空の空気の流れが速く、

                    天気が移り変わりが早いということです。

                     

                    だから、良い天気も数日しか続かず、その後はっきりしない

                    天気が数日続くという、秋への移り変わりの時期独特な

                    天気となるのです。

                     

                    そして、大陸からの高気圧が強くなってくると、

                    本格的な秋の到来という事になるのです。

                     

                    今年の本格的な秋の到来は、もう少し先と思いますが、

                    夜に鳴く虫の声を聞いていると、

                    夏の終わりを感じてしまいます。

                     

                     


                    通常医療に代わるまたは補完するのが、代替医療

                    0

                      代替医療に関して、このブログでも時々取り上げています。

                       

                      そもそも、代替医療ってなんでしょう?

                      基本的には、一般的な医療行為を補完し、

                      ときには、代わって治療を行う事を言います。

                      最近では、補完代替医療などという言い方もありますが、

                      このブログでは、代替医療と表現いたします。

                       

                       

                      代替医療には、大きく分けて自然関連のものを使用して

                      おこなう「自然療法」と、手技を重視するものがあります。

                       

                      そして、以下の図式は主に自然療法について、

                      その位置づけをしめした図で、講座でよく使用しました。

                      (画像が悪くてすみません)

                       

                       

                      東洋医学は、舌診や脈診などから病気を診断し、

                      鍼灸や漢方薬を使用して治療を行うものです。

                      この治療方法自体が、主たる方法として行っている国や地域、

                      診療機関もあるので、代替医療にいれるかどうかは、

                      議論もありますが。

                      尚、西洋諸国でも、鍼灸や漢方を使用する医師が多く、

                      代替医療という分野では一番認知度が高い療法です。

                       

                      栄養療法も、アメリカではかなり一般的です。

                      医師が診断を下し、緊急性が少ない生活習慣病などは、

                      Nutrition(臨床栄養士) のカウンセリングを受け、

                      食事やサプリメントなどで、対処するという方法です。

                      ハーブ療法や東洋医学、アーユルヴェーダ―の知識を取りいれ、

                      対処に当たるケースも多いようです。

                       

                       

                      アーユルヴェーダ―は、インドで発祥した伝統的な病気への対処法で、

                      この考え方が中国に渡り、所謂、東洋医学の基礎を築いたとも言えます。

                      日本では、アーユルヴェーダ―のマッサージが有名ですが、

                      食生活を含め、生活習慣全体について、見直すことを必要としています。

                       

                      そして、同種療法とも言われるホメオパシー。

                      これは、「毒を持って毒を制す」というのが基本になっていて、

                      ほとんどその物質の形跡が残っていないような、

                      薄く薄く薄めた物質を体の中に入れ、その物質によって起こる症状を

                      緩和させるという理論が基本になっています。

                       

                      イギリスではまだ多くの方がこの療法で、治療を行っていると言われ、

                      薬局でも、ホメオパシー薬が販売されています。

                      バッチフラワーエッセンスなども、このホメオパシー療法のひとつです。

                       

                      手技療法の代表的なものとしては、カイロプラクティックがあります。

                      脊柱などの体全体のバランスをとったりしながら、

                      病気に対処していく方法です。

                      筋骨の疾患から内臓疾患まで対処すます。

                       

                      注意しなければならないのが、日本で行われる一般的なカイロは、

                      日本の民間資格ですが、アメリカでは国が認めた資格として、

                      医師と同様の扱いになります。

                      日本でも、この資格を取得し、開業されている方も少なからずいますが、

                      ほとんどが、柔道整復師や鍼灸師が、講習などで取得した手技で

                      行っているのが現状です。

                       

                      カイロプラクティックは、アメリカでは随分一般的な代替医療と

                      されています。

                       

                      このように代替医療というのは、様々な方法があります。

                      この他にも眉唾ものの療法もありますが、

                      ここで紹介したのが、主なものであるので、覚えておくと良いでしょう。

                       

                      尚、最初にも書きましたし、以前にも書きましたが、

                      代替医療は、あくまでも通常医療を補完する目的で使用されるもので、

                      それが主になることは、危険な場合もあります。

                       

                      病気に対処する際には、必ず正規の医師の診断を受け、

                      医師の承諾のもと、代替医療を試すようにしてください。

                       

                      また、代替医療に対して理解がある医師にも知り合いがいますので、

                      もし、興味がありましたら、お問合せ下さい。

                       


                      | 1/53PAGES | >>