calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

今年も冬がやって来ます。

0

    最近、ネットやお店で売れだした商品です。

     

    北かぜ注意報は、ハーブティー。

     

    テンドルマンの開店当時から販売している人気商品です。

    エキナセアやエルダーフラワーなど、

    風邪やインフルエンザなどに効果があるハーブを使用しています。

    体を温めますので、風邪やインフルエンザの治りを早めます。

     

     

     

     

    マヌカハニー、抗菌力に優れたニュージーランド産のハチミツ。

    喉が痛い時など、マヌカハニーをスプーンにちょっと取って舐めると、

    その甘味が喉に「効く〜〜」という感じがすます。

    お試しを・・・!

     

    エキナセアは、免疫力を強化するハーブですね。

    風邪やインフルエンザの初期には、是非エキナセアをお試しください。

     

    冬の肌の乾燥には、昨日紹介したシアバームと共に、

    このマミーズラブアロマクリームをおススメします。

    別名「万能クリーム」、産婦人科の医師と一緒に作った自信の商品です。

     

     

    そうなんですね〜。

     

    これらの商品が売れるという事は、もうすぐ冬です。

     

    街にはクリスマスの飾りつけが増えてきて、

    クリスマスケーキ予約、そしてお節料理の予約のポスターが貼られています。

     

    今年も冬がやって来るのですね。

     


    シアバーム

    0

      本日、北海道では今年初の大雪になっているようです。

       

      いよいよ冬がやってきました。

       

      冬になると、太平洋側の地域は乾燥した気候になり、

      空気が乾燥すると、肌も乾燥しがちになります。

       

      お肌が乾燥すると、

      痒くなったり、お肌が老化したりと、あまり良くありません。

      ですから、乾燥を防ぐ意味でクリームなどを塗る必要があります。

       

      その時おススメなのが、

      保湿効果の高いシアナッツバターを使用した、

      メドウズ「シアバーム」です。

       

      用途に合わせて、ラベンダー、カモミール、ネロリ、

      ティートリー、フランキンセンス&ローズがありますので、

      是非、この冬はお試しになってください。

       

      https://tendrement-shop.com/?mode=cate&cbid=1998500&csid=8

       

       

       

       

       

      というわけ、店頭看板もシアバームに変更しました。


      八百屋さん、魚屋さん、電気屋さん

      0

        昨日、テンドルマンの兄弟会社、安藤米店のことについて

        書きました。予想以上のアクセスがあり、とても嬉しかったです。

         

         

        ところで、米屋さんもそうですが、

        町にある商店が少しずつ減ってきているのが、気になります。

         

        八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、酒屋さん、

        電気屋さん、洋服屋さん、等々です。

         

        テンドルマンがある昭島市の「中神」という所には、

        電気屋さん、洋服屋さんはありません。

        (あっ、電気屋さん、北口に1軒あったかな?)

         

        ただ、八百屋さんも魚屋さんが兼業していますし、

        酒屋さんも一軒は米屋さんとの兼業です。

         

        専業で商売をしているのは、安藤米店と肉屋さんだけでしょうか?

         

        電気屋さんも以前は2軒ありましたし、洋服屋さんも3軒

        ありました。靴屋さんやパン屋さん、ケーキ屋さん、本屋さん

        など数軒ありましたが、今は駅の北口にケーキ屋さんと本屋さんが

        あるのみです。

        (南口にパン屋さんも2軒あるのですが、1軒は最近閉店し、

        もう1軒は、しばらくの間休業らしいです)

         

         

         

        都心の大きな商店街には、このようなお店がありますが、

        田舎に行くほど、個人の商店が少なくなってきています。

         

        理由は簡単です。

         

        スーパーやショッピングモール、大型量販店などが、

        広い敷地に次々に出来て、車での移動が主な手段の地方の場合、

        多くの人が買い物に訪れてしまうからです。

         

        中神の場合も、隣の昭島駅には「モリタウン」という

        ショッピングモールやイオン系のショッピングモールがあるのです。

         

        また、電車で7分、自転車でも20分の所には、

        立川という大きな街があり、そこに行けば、いろいろなお店があり、

        生活に必要な物、趣味の物、何でも揃うのです。

         

        また、ネットショッピングも大きな理由になりますね。

         

        それと、商店主の高齢化。

         

        儲かっている商店の場合には、子どもがお店を継ぐということも

        ありますが、そうでない場合には、外に働きに出た方が

        収入が多く見込まれる場合が多いのです。

        親の商売、本当に子どもがやりたい事であれば、やるのでしょうが・・・?

         

         

        そんな理由で、特徴のある個人のお店が消えて行くという事ですね。

         

        こんな事を書くと、「お前が言えることか?」と、

        この近所の商店の人は言うかも知れません。

         

        この街で最初に個人商店に影響を与えるお店を開いたのは、

        私なんですから・・・。

         

        コンビニエンスストアーです。

         

        書籍の販売は本屋さんに影響を与えたかも知れません。

        乾電池や電球など、電気小物は電気屋さんに、

        靴下やストッキングなどの小物衣料は洋服屋さんに、

        パンやお弁当、ハムやソーセージなどは、パン屋さんや肉屋さんに、

        飲料は酒屋さんに影響を与えたかも知れません。

         

        たった1軒のコンビニが、これらの個人商店が消えていく

        大きな原因では無いとは思いますが、

        時代の流れの中で、消費者が商品を選ぶ好みが、

        「便利さ」や「価格」などというものに変わってきたことも、

        原因のひとつだと思うのです。

         

        ですから、大型ショッピングセンターやネットショップなどが、

        個人商店のお客さんを呼び込んでしまうのです。

         

         

        個人商店には、それなりの魅力はあるのですが、

        今まで書いたような原因の他に、地方の人口減少や、

        都市部の家賃や地代の高騰。

        様々な法改正が大企業有利のことなどから、

        今後の減少というのは、否めなくなってきているのです。

         

         

        ただ、それぞれの個人商店が持っている、ノウハウやスキル、

        専門知識などが結集出来れば、何か大きな波を作ることも可能

        なのかな、そんな大それた構想も、頭の中で沸々と湧き上がって

        きているのです。

         

        そう、コンビニも色々問題がありますし、

        地方のショッピングモールも撤退や業態変換、

        ネットショップも、配送の問題等・・・・・。

         

         

        そんなことから、個人の商店が爆発!、

        なんてなったら面白いだろうな・・・!!

         

         

         

         


        町の米屋さんを訪ねてみませんか?

        0

          テンドルマンの兄弟会社に「安藤米店」があります。

           

          弟と、87歳になる父の二人で、精米から販売までを

          こなしています。

          弟はお米のスペシャリスト「五つ星お米マイスター」の

          資格を持ち、頑固な性格から実直までに品質にこだわって

          お米を販売しています。

           

           

           

           

          そんな米屋ですので、市内にある多くの保育園に、お米を

          納めさせて頂いています。

           

          さて、そんなお米ですが、皆さんはどいう所でお買い求めに

          なりますか?

           

          そして、美味しいお米って何なんでしょう?

           

          お米だけでなく、食品の味、「美味しい」、「まずい」、

          というのは、個人の好みがありますね。

          例えば、「もちもち」のお米を好む人がいれば、

          「あっさり」した感触のお米を好む人もいます。

           

          ただ、弟に言わせると、最近はもちもち食感のお米が好まれるようで、

          産地でも、その食感を目指して品種改良を行っている所が

          多いようです。

           

           

           

           

          ですから、お米を買う場合にも、自分の好みを話し、

          その好みに合った品種と産地を勧めてくれる所で買うのが、

          一番良いのでしょう。

          しかし、最近では専門の米屋も減って来ていますし、

          スーパーやドラッグストアーでは、かなり安い値段で

          お米を販売しているので、価格を見るとどうしてもそちらに

          行ってしまう人が多いですね。

           

          また、通販で直接産地からお米を買われる方も多いと思います。

           

          特にこだわりのお米、有機米などのようなお米は、

          農家から直接買われている方も多いようです。

           

          ただ、農家や生産地では、自分たちが栽培しているお米については、

          よく知っていると思いますが、その他の地域や栽培していない品種

          に関しては、あまり知らないという人も多いようです。

           

          その点、町の米屋さんであれば、特にマイスターのような称号を

          持つ米屋さんの場合、頻繁に講習会などもあり、全国各地のお米や

          品種についても熟知しています。

           

          特に、自分の所で精米機を持っているお米屋さんの場合、

          玄米の状態も把握し、精米してからの状態も確認しながら販売

          しています。

          そのため、今年の米の状況や今入庫しているお米の状況も良く把握でき、

          お客様の好みに合わせたお米をアドバイスできるのです。

           

          お米の消費量は年々減ってきているとは言え、

          日本人にとっては、とても大切な食糧です。

           

          昔から、美味しいお米があれば、おかずは梅干し1個で何杯でも、

          ご飯が食べられるという事も言われています。

           

          新米が出回るこの時期に、是非、町のお米屋さんを訪ね、

          自分の好み合ったお米を食べてみてはいかがですか?

           

          安藤米店のHPです。

           

          https://www.andokometen.com/

           

           

           

           

           

           

           


          やっと色付き始めました。

          0

            今年はイチョウの葉の色付きが遅れているようで、

            なかなか、きれいな紅葉が撮れなかったのですが、

            昨日、いつも行っているスポーツクラブの近くの

            イチョウが、色付いてきたので、パチリ。

             

             

             

             

            人が途切れたタイミングで撮ったので、なんだか中途半端な

            写真となりました。

             

            でも、ちょっとでも秋を感じることができれば・・・・


            富士山

            0

              久し振りに富士山の写真を載せます。

               

               

               

               

              マンションの3階から撮影しました。

               

              ちょうど電柱が邪魔していますが、

              それでも、頂きに雪を抱いた富士山がきれいに見えています。

               

               

              東京昭島市からだと、大体この程度の見えます。

               

              私が子どもの頃は、建物に上がらなくてもきれいに見えたのですが、

              空地が無くなり、家が皆2階屋以上だと、さすがに下からは

              見えなくなってしまいました。

               

              (場所にもよりますが・・・)

               

               

              この光景を見ると、冬が近いことを感じます。


              飲み過ぎた時は・・?

              0

                前日飲み過ぎた時、

                二日酔いを経験した方も多いと思います。

                 

                私も、最近はそれほど飲む事はありませんが、

                と、言うより飲めなくなったのですが、

                若い時には、随分二日酔いで苦しんだことがありました。

                 

                そんな時、当時は胃の薬を飲んだり、

                トマトジュースを飲んだりと、色々試してみましたが、

                最終的には「時間」と言う薬、それが一番効いたようです。

                 

                最近では、飲み過ぎた後に、ペパーミントティーや

                ハイビスカスティーを飲むようにすると、

                ほとんど二日酔いにはならないので、

                もし、当時これらのハーブを知っていれば、

                あんなに苦しまなくても済んだのかな?と思うのです。

                 

                 

                 

                 

                ただ、飲み過ぎたと言っても当時とは比べ物にならないので、

                これらのハーブが効いたという証拠にはならないのですが・・・

                 

                 

                それでも成分的に見てみると、

                ペパーミントの主成分はメントールという炎症を抑える物質、

                ハイビスカスは、クエン酸です。

                 

                特にクエン酸は、肝臓での解毒作用を促進しますので、

                体内に残ったアルコールの分解と排出を促進する効果があると

                考えられます。

                メントールは飲み過ぎて炎症を起こしている胃に働きかけ、

                ペパーミント全体の働きとして、消化促進効果もあるので、

                飲み過ぎたり食べ過ぎたりした胃には優しい飲み物です。

                 

                 

                これからお酒を飲む機会も多くなると思います。

                もし、飲み過ぎた時には、これらのハーブを試してください。

                 

                 

                ハイビスカス

                 

                ペパーミント

                 

                 

                 

                 

                 


                冬の体調管理のアドバイスは、テンドルマンに。

                0

                  今日も良いお天気の東京昭島市です。

                   

                  天気が良いと気持ちが良いですね。

                   

                   

                  天気図を見ると北の方から冷たい高気圧が張り出し、

                  すでに北海道では雪が降っているところがあるようです。

                   

                  ついこの間までは、暑い!暑い!と言っていたのに、

                  秋を通り越してもう冬が間近になっている感じです。

                   

                   

                  そして、寒い季節になると、お肌の乾燥や、

                  インフルエンザなどの流行も気になります。

                   

                  クリスマスやお正月などがあり、

                  人とのお付き合いが増える時期でもあり、

                  飲み過ぎや食べ過ぎなどで、体調を崩すこともあります。

                   

                  それを考えると、夏に比べて、

                  冬の時期の方が体調管理に気を配る事が多くなりますね。

                   

                  知人のクリニックでも、夏よりも冬の方が患者さんが多いようで、

                  冬の時期に行くと、待合室には患者さんがあふれています。

                   

                  そう、今ぐらいの時期から、患者さんが増えてきているのでは

                  ないでしょうか?

                   

                   

                  そして、この時期から、アロマやハーブの知識があると、

                  いろいろ役に立つのです。

                   

                  食べ過ぎや飲み過ぎ、肌の保湿、感染症の予防など・・・・。

                   

                  この時期の体調で気になる事がありましたら、

                  是非、テンドルマンにご来店頂きご相談ください。

                   

                  また、メールでも質問にお答えし、アドバイスができます。

                   

                  ご質問等は、以下をクリックしてください。

                   

                  https://www.tendrement.jp/contact

                   

                  どうぞ、宜しくお願いします。

                   

                   


                  2020年はオリンピックの年。

                  0

                    昨日、ミャンマー産のハーブが到着しました。

                     

                    エキナセア、ネトルとも品質の良いハーブですので、

                    是非多くの人に楽しんでもらいたいと思っています。

                     

                     

                     

                     

                     

                    さて、今日から11月。2019年もあと60日となりました。

                     

                    そして2020年には、東京でオリンピックが開かれる年です。

                     

                    そう言えば、前回の東京オリンピックは1964年、

                    たしか小学校の1年生か2年生だったと思います。

                     

                    開会式の記憶はあまり無いのですが、

                    閉会式は、祖父や祖母と一緒にテレビで観ていたのを思い出します。

                     

                    聖火が消える時、祖父が、

                    「生きている間にもう二度と東京でのオリンピックは観られない」

                    みたいな事を言い、何だかとても悲しい気分になったのを覚えています。

                    (そのことを作文に書いたら、校内放送でそれが読まれました)

                     

                     

                    確かに祖父や祖母は、二度目の東京オリンピックを観れませんでしたが、

                    どうやら、私は観る事が出来そうです。

                     

                    今回のオリンピック、招致の段階からいろいろ「大人の事情」が

                    あったようで、選手の立場から、また競技を観る観客の立場などを

                    考えると、あまり賛成とは言えませんでした。

                     

                     

                    まぁ、そういう政治的な話は置いといて、

                    祖父母世代にとっては、オリンピックが地元で開かれるという喜びを、

                    私も素直に感じて、楽しもうと思っています。

                     

                     

                    それにしても、無事に開催され、閉会式で涙を流すような、

                    感動を与えるオリンピックになるのだろうか・・・・??

                     

                     

                     

                     


                    明日ミャンマー産のエキナセア&ネトル入荷

                    0

                      先日もお知らせしましたように、

                      テンドルマンでは、ミャンマーの農家人たちの生活向上を応援する

                      組織に賛同して、ミャンマー産のハーブの販売を開始いたします。

                       

                       

                      このハーブを栽培しているのは、ミャンマーのリンレイ村という村で、

                      以前はタバコの葉の栽培を行っていたのですが、農薬などの影響で、

                      体調を崩したり、また収入が安定しなかったりする問題が発生していました。

                       

                       

                      そのような状況の中で、日本のあるベンチャー企業が、

                      この地で無農薬ハーブの栽培を始めて、農民たちにもそのハーブ栽培を

                      勧めるようになり、健康被害を食い止めて農業が出来る環境を作ったのです。

                       

                       

                      また、彼らの収入も少しずつ増えるようになってきたのです。

                       

                       

                      テンドルマンでは、このベンチャー企業を応援し、

                      ミャンマーの人たちの生活を応援すべく、

                      ミャンマー産のハーブ販売に力を注いで行きたいと思っています。

                       

                       

                      尚、明日到着するハーブは、ネトルとエキナセアです。

                      現在、ハイビスカスがミャンマー産になりましたので、

                      これで3種類のハーブを販売することになります。

                       

                       

                       

                       

                      農園の全景です

                       

                       

                       

                      エキナセア

                       

                       

                       

                       

                      ネトル

                       

                       

                       

                      エキナセアとネトルの販売開始は、11月5日からを予定しています。

                       

                      今後はレモングラスやペパーミントなどへと、取り扱いハーブを増やす

                      予定でいます。


                      | 1/105PAGES | >>