calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

今日は七夕です。星空も不変ではありません。

0

    7月7日火曜日、今日は七夕です。

     

    今年は新型コロナ影響で、どこの街も七夕祭りが

    中止になってしまったようで、ちょっと寂しいですね。

    でも、ショッピングモールでは、

    短冊に願い事をかいた笹が並べられているのを見ました。

     

    今年の願いは?「コロナが早く終息するように」と、

    書いた人が多いのではないでしょうか?

     

     

    上空に目をやると、日本列島には梅雨前線が横たわり、

    織姫と彦星にいる星空はそのはるか先にあります。

     

     

    photoACより

     

    その昔、夜になると人々は、この星空の下で生活をしていました。

     

    特に平原に暮らす遊牧民たちは、宇宙に広がる星を目印に旅をしたり、

    語り合い、星の中に物語を見つけたりとしていたのです。

    織姫と彦星の話もそんな生活の中から生まれたものでしょうし、

    ギリシャ神話などに出てくる神々の話も、この星空から生まれたものが

    あります。

     

    人は暗闇の中にある種の恐怖を覚えます。

    それは、本能的に、「敵に襲われやすくなる」という暗闇の環境から

    くるものが大半をしめているです。

     

    そんな暗闇のなかで、唯一明るいのがこの星空であり月なのです。

    (もちろん、晴れていればですが)

    ですから、この明るい星空や月を見ながら、恐怖を忘れ、

    自分たちのイマジネーションを膨らませていって出来たのが、

    七夕の話であり、神々の話であるのです。

     

    さて、この星空、一人の人間が生きている時間、

    凡そ80年の中では、不変と考えられますが、

    数千年〜数万年単位の時間で考えると、不変では無いのです。

     

    星々も新しく生まれ、位置が変わり、消えていく、

    という長い長い時間の流れの中では大きく動いているのです。

     

    ここにも諸行無常の世界があるのです。

     

    今夜の東京地方の天気は曇りや雨の予報です。

    残念ながら、星空を見る事は出来ませんが、

    雲の上、天の川を挟んで、織姫と彦星は一年振りの逢瀬を

    楽しむことでしょう。

     

     

     


    多摩川

    0

      新しい週の始まりです。

       

      梅雨らしい天気の東京昭島市ですが、

      九州地方で大雨による被害が出ているようです。

      被害に遭われた方には、心からお見舞いを申し上げます。

       

      日本という国、地形的にみても、地理的にみても、

      災害は何時、何処で、起こるか分からない国です。

       

      一人一人が意識を持って暮らすと同時に、

      それら災害を最小限に留める工夫を、

      政治、行政が私利私欲を捨てて行わなければならないと

      思うのです。

       

       

       

      上の写真は、昨日の多摩川の河川敷の写真です。

      自転車が走っている堤防は、水害に備えて整備されもので、

      このおかげで、昨年の台風19号の大雨の被害が出た時にも、

      この堤防があるために、大きな被害から守られました。

       

      ただ、下にあるグランドは、すべて水の下となり、

      堤防ギリギリまで水が来ていたとの話です。

       

       

      多摩川は東京都内を流れる川の一つですが、

      その周辺の集落は、

      過去には何度も大きな氾濫に見舞われたようです。

       

      そのため、昭島市内にあるいくつもの集落が、

      多摩川河川敷からもっと離れた現在の場所に

      自分たちの居住の地を作ったという話です。

       

      昭島市内のほぼ中央部に上川原町というのがあるのですが、

      この部落(昔は上川原村)はまさに名前の通り、

      川原から上の土地に集落を作ったことから命名された、

      のではないかと思うのです。

      (いつ頃移ってきたのかは、分かりませんでした)

       

      そんな氾濫を続けていた多摩川ですが、

      昭和になり奥多摩に小河内ダムができると、

      その下流における水害も随分と減ってきているようです。

       

      ただ、1974年には、多摩川の狛江市近辺で、

      堤防の崩壊があり、数軒の家が流され「多摩川水害」として、

      有名になった大きな水害が発生しました。

       

      これは地元住民が国を相手に裁判を起こし、

      最終的には国が堤防の不備を認め、住民勝訴となりました。

       

      土地の狭い日本においては、川の近くや山すその近くなどに、

      家を建てざるを得ない事も多くあります。

      また、田畑の水を確保するために、

      昔から川の近くに家を建てている人も多くいます。

      ただ、その際には川の管理者や山すそを開拓した業者などは、

      「安全」ということを十分に考えて、

      昔からの住民の安全確保や、

      土地の販売などを行わなければならないと思うのです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      体重増加、緊急事態は脱出しました。

      0

        週末の土曜日、梅雨らしいはっきりしない天気となっています。

         

        明日は、東京都知事の選挙です。

        選挙は、一般の人が政治に関わる事が出来る制度です。

        棄権しないで、皆で政治に参加しましょう!!

         

         

        さて、昨日書こうとした、ダイエットのその後です。

         

        当たり前の事を、当たり前にすることで、

        増えた体重を元に戻すことが可能であると、以前書きました。

         

        私の場合は、自粛により運動量が減ってしまい、

        それが原因で約2kg程度増えてしまったのです。

         

        自粛が解除になり、いつものようにスポーツクラブで、

        汗を流すようになって約1か月、体重はほぼ元の数値まで

        戻すことが出来ました。

        (実際にはあと500gですが・・)

         

        その間、食事はいつもの通りしていましたので、

        特に食事によるダイエットは行わないで減らすことが

        出来たのです。

         

         

        まぁ、これで減らなければ、食事も制限しようとしたのですが、

        まずはとりあえず、「緊急事態」は脱出したと考えています。

         

         

         

        それでは、皆様、良い週末をお過ごしください。

         

        ・・テンドルマンは本日も営業しています。・・


        「本来ダイエット方法2」を書くつもりが「夜の街」になってしまいました。

        0

          昨日の東京都における、新型コロナの感染者数が、

          107人になったということです。

          そして、主な感染源は「夜の街」という報道が盛んに

          されています。

           

          「夜の街」、「接待を伴う飲食」という言葉が盛んに

          使われていますが、私はどうも違和感を感じてしまうのです。

           

          「新型コロナに感染する人は、そういう所に出入りして、

          遊び歩ているから・・」、

          「感染した人は、自己責任では・・・」、

          「だから、普通に生活する人は、そんなに心配しなくても良い」。

           

          なんとなく、そんな印象を、多くの人に与えてしまうような

          気がするのです。

           

          確かに、そのような場所は人と人が濃厚接触する可能性が大きく、

          もし、そこに無症状の感染者がいれば、容易に他人にうつしてしまいます。

           

          だから、そんな場所に行く人が、本当に悪いのでしょうか?

          (ちなみに、私はおじいさんだし、そのような場所には興味が無いので、

          行きたいと思いませんし、行くことも無いですが・・。

          う〜ん、40年前だったらどうかな・・??)

           

          その個人が、「何処に行こうか」、「何をしようか」、「それを咎めたり」、

          「非難したり」、することは、誰も出来ないはずです。

          もちろん、日本は「いちおう」法治国家ですから、法に違反する行為は、

          許されませんが、その範囲であれば、個人の判断で、個人のしたいことを

          しても問題無いのです。

           

          また、そのような仕事に就く人を非難することも出来ないです。

          「職業選択の自由」というのがあるからです。

           

          ですから、いかにも「夜の街」が、新型コロナを広げているというような

          報道というのは控え、もっと究極的にこの感染症の広がりを抑える対策

          というのを、「国民のことを考える事が出来る人」が、

          知恵を出し合っていかなければならないと思うのです。

           

           

          さて、今日の本題、「自粛期間中に増えた体重がどうなったか?」

          前回「本来のダイエット方法」

          http://tendrement-jp.jugem.jp/?eid=1192

          で書いた続きを書こうと思ったのですが、

          前置きが長くなってしまったので、これは明日以降に書くつもりです。

           

           

          ですから、今日はここまでです・・・。

           

           

           

           

           


          今日も頑張ってお仕事します

          0


            今日は、とっても良いお天気になりました。


            お出掛けには、マスクと日焼け対策!

            今年は大変な夏になりそうですね。



            そして虫除けです。

            今日も頑張ってお仕事します。






            ハイビスカスは夏の花

            0

              今日から7月となりました。

               

              2020年も後半になったのです。

               

               

              そして、梅雨真っ盛り。

               

              現在の気象衛星の画像です。

               

              日本列島の東側を北海道から沖縄に掛けて、

              白い雲が連なっています。

              所々、雲の塊があり、その辺りは雨が強く降っていたり、

              雲が発達している様子も伺えます。

               

              この雲の帯は今後は北方向に移動する様相を示していますので、

              天気予報でも報じられているように、東海から関東、東北地方では、

              時折強い雨がふるかも知れませんので、注意が必要です。

               

               

               

               

              さて、このような雲が日本列島の東に出来る事は、

              北からの空気と南からの空気がぶつかり合う結果として発生しますが、

              今年は日本の東、太平洋の海水温が高い傾向にあるので、

              この雲が強烈な力を持って発達する可能性があります。

               

              洪水や土砂崩れなど、雨による災害には注意が必要ですね。

               

               

              7月になると、沖縄地方ではそろそろ梅雨明けの時期となります。

               

               

               

              そして写真は、南国の花、ハイビスカスです。

               

              夏が好きな私は、ハイビスカスの花の写真を見ると、

              なぜかワクワクしてしまい、心は南国のビーチ近くにいる気分に

              させてくれます。

              そして、とてもリラックスした気分になるから不思議です。

               

               

              また、ハイビスカスはハーブティーとしても利用できますね。

              乾燥したハイビスカスの花を、熱湯で抽出すると、

              紅色のきれいなハーブティーとなります。

               

              酸味があり、スッキリした飲み心地が特徴のハーブティーです。

              酸味はクエン酸で、体に溜まった疲労物質を外に排出する

              効果がありますので、運動や肉体労働の時の水分補給には最適です。

               

              あまり酸味が得意ではない人は、ハチミツを入れて飲むと良いでしょう。

               

               

              さぁ、7月の最初の日、今日も一日頑張ります。

               

               

               


              いい加減で、てきとう

              0

                今日は6月月末です。

                 

                そして、我社(なんて、大袈裟なものではありません)は、

                決算月です。

                 

                棚卸も済んだし、後は支払だけ・・・(;^_^A

                午後から銀行に行きます。

                 

                 

                さて、今年前半は新型コロナの流行で、

                全世界がひっくり返るような状態になってしまいました。

                 

                世の中、何が起こるか分からないですので、

                それに対応する柔軟な心の持ち方や、

                社会生活を送る事が必要です。

                 

                「いいかげん」という言葉がありますね。

                これは、多くは、「仕事をきちんとしない」、

                「生活がだらしない」などと否定的なな言葉として使われる

                事が多いですが、「良い加減」と感じで書くと、

                また違った見方もできます。

                 

                あまり、型にはまった考え方すぎると、

                何かトラブルが起きた時に、対応が出来なくなってしまう。

                でも、良い加減に調整しながらトラブルに対処すれば、

                何とかなる、そんな時にも「いいかげん」は使えるのです。

                 

                 

                「てきとう」という言葉もありますね。

                「てきとうな奴」というと、信用が出来ない、

                悪い奴と思われますが、「適当」という言葉で当てはめると、

                万事その時々に合わせて柔軟な態度がとれる、

                という事になるのです。

                 

                 

                まだ、新型コロナの感染者も増えてきている傾向にあります。

                うちの会社もそうですが、この影響を受けている会社は、

                とても多いです。

                そんな時こそ、いい加減で適当な考えで行動して、

                対処することが大切なのではと思うのです。

                 

                 


                月曜日、今日も暑くなりそうです。

                0

                  また、新しい週が始まりました。

                   

                  この週末、どのようにお過ごしでしたか?

                   

                  週末の休みはいろいろな「厄」を落とし、

                  身体と心をリセットするために、大切お休みです。

                  キチンとリセット出来れば、仕事でも勉強でも、

                  新しいアイデアや発見があると思うのです。

                   

                  昨日、私も久し振りにアウトレットモールに出かけ、

                  人の流れや何を購入しているか、新しい商品は?

                  などといろいろと考えながら、自分の買い物もしました。

                   

                  ちょっとした気分転換になりました。

                   

                   

                  さて、さて、

                  今日も暑くなりそうです。

                   

                  家や仕事場のエアコンは適切に使っていますか?

                  電気代を節約したい気持ちは分かりますが、

                  それをケチったばかりに、熱中症になったり、

                  その他の病気(脳梗塞や心筋梗塞)を発症してしまったら、

                  電気代どころではありません。

                   

                   

                  適切にエアコンを使用してくださいね。

                   

                   

                   

                  そして、水分補給も大切です。

                   

                  水分はいっぺんに多量に摂るのではなく、

                  少しずつ、こまめに摂るのが良いですよ。

                   

                  おススメは、ハーブティー。

                   

                  ハーブティーには、ビタミンやミネラルが多くふくまれている物が

                  多いですから、汗で失ったそれらを補うには最適です。

                   

                   

                  朝、熱湯で抽出したハーブティーを、

                  氷をいっぱいに入れた水筒などに、一気に注げば「アイスハーブティー」の

                  出来上がりです。

                   

                  それを職場などに持って行き、仕事の合間に少しずつ飲むようにして

                  下さい。

                  おススメのティーは、リフレッシュ、パワー、ビタミネが、

                  アイスティーとして美味しいですよ。

                   

                  さぁ、今日も一日頑張りましょう!

                   

                   

                   


                  ハーブティーやアロマ関連商品の管理は、湿度と温度

                  0

                    6月の最終土曜日27日です。

                     

                    オリンピックイヤーとして始まった2020年も、

                    半年が過ぎようとしています。

                     

                    今年が始まった時には、まさかオリンピックが延期になったり、

                    新型コロナウィルスの感染症が、ここまで蔓延することを、

                    予想していた人は数少ないのではないでしょうか。

                     

                     

                    明日、というよりも一瞬先が分からないのが、

                    人の世の常です。仏陀が説いた「諸行無常」の世界だからこそ、

                    今のこの時を、一生懸命に生きることが、人の幸せにつながる、

                    そう思っています。

                     

                     

                     

                     

                    さて、哲学的な話から一変して、今日は蒸し暑いです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    東京都昭島市の天気予報では、現在の時間午前10時過ぎの

                    湿度は74%となっています。

                    気温は28℃ですから、その気温の割には、蒸し暑さを感じても

                    不思議ではありません。

                     

                    ですから、事務所のエアコンの温度設定も27℃としてあります。

                     

                     

                     

                     

                     

                    それでも、随分と涼しく感じ、もう1℃位上げてもそれ程

                    暑さは感じない温度です。

                     

                    実際、湿度が10%下がると、体感温度は2℃下がるといいます。

                    (体感温度ですから、個人差はあります)

                     

                    エアコンを使用すると、簡単に湿度を下げることが出来ますので、

                    たとえ設定温度が高めになっていても、涼しく感じるのはそのためです。

                     

                    テンドルマンの場合、お店や倉庫の中には、

                    湿気を嫌うハーブティーが置かれています。

                     

                    ハーブティーは湿度が高い所に保存しておくと、

                    乾燥葉が湿気を吸ってしまい、

                    品質が落ち、また劣化も早くなります。

                    ですから、夏場の暑い時には、自分たちのためよりもハーブティーの

                    ためにエアコンをフル稼働する必要があるのです。

                     

                    もちろん、アロマ関連商品も高温には弱いですから、

                    仕事が休みの日でも、最高気温が30℃を超える予報が出ている時には、

                    エアコンを入れておくようにしておくのです。

                     

                    大事な商品ですから、大切に保存して、皆様に美味しいハーブティーを

                    飲んで頂いたり、精油や化粧品も工場で出荷された時の品質を保って、

                    お届け出来たらよいなと思っています。


                    バックの隅に入れておくと便利なアロマ商品

                    0

                      昨日の「金ちゃん」の話ですが、

                      金魚が水槽の底にある石を口にいれたり、

                      吐きだしたりする行動は珍しい事ではないようです。

                       

                      金ちゃんが地震の予知をする、という訳では無いようです。

                       

                       

                      が・・・・・、

                       

                       

                      動物の本能というものには、凄いものがありますので、

                      もしかしたら・・・ということもあるかも知れません。

                       

                      特に地震は、いつ、どこで発生しても不思議ではありませんので、

                      普段からの心構えは大切ですね。

                       

                       

                      ところで、アロマ関連の商品で、

                      是非「非常持ち出し袋」に入れておいて欲しい物があります。

                       

                       

                      それは、

                      ラベンダー精油」と「ティートリー精油」です。

                      また、「マミーズラブクリーム」や「AMスプレー」なども、

                      あると便利です。

                       

                       

                      ラベンダーやティートリーの精油は、小さなかすり傷や火傷、

                      虫さされなどに、原液で塗布すると、応急的な処置ができます。

                      これは、マミーズラブクリームでも同じです。

                       

                      また、ラベンダー精油には、リラックス効果がありますので、

                      災害に遭われた時の不安感の解消に役立ちます。

                       

                      感染症が心配な時には、マスクに一滴ティートリーの精油を

                      たらしておくと良いでしょう。

                       

                      AMスプレーの本来の用途は、虫よけですが、

                      香りもが良く、殺菌力のある精油も使用されているので、

                      長期間お風呂に入れない時などに、ボディースプレーとして利用

                      することもできます。

                       

                      そして、これらの商品は、ちょっとした旅行に行く時にも持って行くと、

                      便利な商品です。

                       

                       

                      バックの隅にでも入れておくと良いでしょう。


                      | 1/119PAGES | >>