calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

健康管理の失敗

0

    先日、風邪を引いた話を書きました。

     

    相変わらず調子は元に戻らず、喉の痛みこそ和らいできたけど、

    今度は咳がでて、しかも声がガラガラの状態になってしまいました。

    (仕方が無いので、喉の痛みを取る薬を飲んでみました)

     

    今回、なんでアロマやハーブの効きが悪かったのだろうか?

     

    いつもなら、ティートリーの嗽、エキナセアやマヌカハニー、

    それにビタミンCで、2〜3日で回復できるというのに・・・?

     

    いろいろ考えてみたのですが、

    最近、化学的な薬を使う機会が多くなってしまったのも

    ひとつの原因なのかと思うのです。

     

    脊椎管狭窄症や脊椎スベリ症などの痛みや痺れを取るために、

    痛み止めなどの薬を使っています。

     

    そんな、化学的な薬を使った体には、

    自然療法的な処方が効かなくなってきてしまったのか?

     

    アロマセラピストの妻にもそう言われました。

     

     

    確かに、薬をあまり使用しなかった5年位前までは、

    それらの効果はとても高かった事を実感しています。

     

    昔、薬剤師の友人に「薬をあまり使った事が無い人は、

    少量でもその効果はテキメンにあるよ!」と言われた事が

    ありました。

     

    と、いうことは、常に何らかの薬を飲んでいる人は、

    どんな薬でも、その効きが悪くなるという事も言えるのかも

    知れません。

     

    まぁ、こんな推論は科学的な根拠は全く無いですが、

    友人の医師が、「薬の効きということについては、人によって

    多少のバラつきがある」という事を言っていることから、

    まんざらでもないかも知れません。

     

    まぁ、あとは年齢的な問題!?

     

    還暦を過ぎると、体全体の免疫力の低下があるのは否めないからです。

    ガンの発生率もこの頃から急激に増えてきますし・・。

     

     

    そう言えば、ビタミンCを常日頃飲んでいなかったことも、

    考えられるかも・・。

     

    生野菜や果物など、食品からはビタミンCは一日必要量以上は

    摂っているはずですが、病気の予防や免疫力の強化を考えると、

    最低、500mg〜1000mgを一日に摂らなければならないのです。

     

    最近はそんなサプリメントも摂っていなかったことも原因のひとつかもと、

    思っています。

     

    ニュートリッションとして、健康に携わる仕事をしている者として、

    風邪(咽頭炎や上気道炎)で薬に頼らなければならないのは、

    ちょっと恥ずかしい限り、と今回の風邪で感じました。


    お台場、結婚式

    0

      先週の土曜日は臨時休業をして、

      甥っ子の結婚式に出席しました。

       

      式場はお台場で、とても見晴らしの良いロケーションにあり、

      華やかな雰囲気と美味しい料理、そして都会の景色の

      素晴らしさを堪能しました。

       

       

       

      レインボーブリッジに東京タワー、

      いかにも都会っていう雰囲気ですね。

       

      多くにタワーマンションも建っていて、

      ここに住む事にあこがれている方も多いと聞きます。

       

      天気も良く、若い二人にお天気も祝福しているようでした。


      珍しく、風邪を引いたようです

      0

        珍しく、風邪を引いたようです。

        咽頭炎を起こしていて、喉が赤くなり、

        朝起きた時には、ちょっと熱っぽいようです。

         

        前回、風邪を引いたのは、記憶にないくらいですから、

        10年振りとでもしておきます。

         

        先日、所用で伺ったクリニックで感染したのかな??

         

        インフルエンザの予防接種で来院していた方は多かったけど、

        風邪などの症状の人はいなかったような気がしますが・・・

         

        油断大敵です。

         

        以下は対処法です。

         

        昨夜、ちょっと喉の奥が痛かったので、

        マヌカハニー+15を舐めて、ティートリーで嗽をしてから

        寝たのですが、今朝になったら、痛み広がっていました。

        ちょっとした喉の痛み程度なら、これですぐに治り、

        風邪という症状は出ないのですが、今回はダメだったようです。

         

         

         

        そこで、ティートリーで嗽をし、マヌカハニーを舐め、

        エキナセアを2時間おきに30滴ずつ飲み、

        マスクにユーカリの精油を垂らし、対処しています。

         

         

         

         

        お陰で、熱っぽさは改善されたのですが、

        まだ喉が痛いのが続いています。

         

        明日は親戚の結婚式があり、来週はちょっと忙しい週になるので、

        これ以上悪化させたくので、この療法で頑張ってみます。

         

        そろそろ、エキナセアを飲む時間のようです。

        風邪などの初期症状の時には、エキナセア成分の血中濃度を、

        一定に保つように、2〜3時間おきに飲むと効果が高いですよ。

         

        本当はビタミンCも合わせて摂りたかったのですが、

        あいにく切れていて、ちょっと残念です。

         

         

         

         


        インフルエンザ

        0

          昨日、知り合いのクリニックに行ったのですが、

          多くの人がインフルエンザの予防接種を受けに来ていました。

           

          診療開始は9時ですが、その時間にはすでに十数人いて、

          そのほとんどの人が、予防接種でした。

           

          そう言えば、私の周りの人も、

          「インフルエンザの予防接種受けに行かなくちゃ」とか、

          「もう、予防接種受けた?」なんていう会話が、多く聞かれます。

           

          ニュースでも「インフルエンザワクチンが・・」などという話題が

          多く取り上げられ、その予防接種を受けない人にとっては、

          ちょっと肩身が狭いという気がします。

           

          こんなに多くの人が予防接種を受けている「ハズ」ですが、

          毎年、毎年、多くの人がインフルエンザに罹り、

          学校では、学級閉鎖や学校閉鎖などという事態になります。

           

          何故なんでしょうか?

           

          大きな理由としては、予防接種に使用するワクチンは、

          その年に流行りそうなウィルスを予想して製造されるので、

          もし、少しでも型が異なるウィルスが流行した時には、

          そのワクチンでは対処できないという問題があります。

           

          そして、インフルエンザウィルスも年々(というか日々)変化し、

          本当にちょっとした違いでも、感染した人には抗体が無いために、

          発症してしまうのです。

           

          ちょっとした違いであれば、上手く免疫機能が働き発症しない場合も

          あるようですが、この免疫機能に衰えがあると、発症していまいます。

           

          ですから、インフルエンザの予防接種を受けていても、

          それに罹るリスクがあるという訳です。

           

          ただ、反対に予防接種を受けていなくても、

          ウィルスが体内に入っても発症しない場合もあります。

           

          これは、一言で言ってしまえば、その人の免疫機能が上手く作動し、

          体内に入ったウィルスを撃退した、という事になるのです。

           

          免疫については、こんな記事も参考にしてください。

          http://tendrement-jp.jugem.jp/?eid=849

           

           

          免疫機能を常に強化していくには、

          日頃の栄養や運動、休養などが大切になっています。

          そして、ストレスを溜めない事、溜まったストレスは体の防御反応を

          鈍感してしまい、体の健康に重大な問題を起こす可能性があるからです。

           

          今朝は東京地方でも随分と冷え込んで来ました。

          本格的にインフルエンザの季節になります。

           

          このブログを読まれた方が、この記事を参考にして、

          インフルエンザの季節を無事に切り抜けてもらえれば、嬉しいです。

           

          書いている、自分も気を付けなくちゃ・・・。

           

           

           

           

           

           

           


          昭島市の産業祭

          0

            先週末は天気も良く、各地で様々なイベントが

            開催されていました。

             

            昭島市でも産業祭が行われ、多くの人でにぎわっていました。

             

            産業祭といえば、20年位前まで、10年近く参加していた

            のを思い出します。

             

             

             

            秋田県湯沢市の人たちと一緒に参加していました。

            日本3大うどん、「稲庭うどん」は、湯沢市(旧稲川町)で生まれました。

             

             

             

             

            栗林さん(中央)のリンゴは、産業祭の目玉商品でした。

            あんなに、美味しいリンゴは、それまで食べた事がありませんでした。

            残念ながら、今食べる事が出来ません。

             

             

             

            売り子の顔をみると、これは参加し始めた頃かと思います。

            25年前位?当時、ファミリーマートをやっていて、そのアルバイトを

            動員しています。今、どうしているのかな?

             

             

             

            栗林さんのリンゴの試食をしているところです。

             

             

            時は流れていますね。確実に・・・。

             

             

             

             


            富士山も不変ではありません。

            0

              この世に存在するものは、すべて無常です。

              つまり、常に変化をしているという事です。

               

              人を含めた動物、植物、生きているものは全て

              生まれ、成長し、老いて、死を迎えます。

               

              でも、生きているものだけが変化しているのではなく、

              地球も宇宙も、常に変化をしているのです。

               

              それは存在しているから、変化があるのです。

               

               

              今日は天気も良く、富士山がきれいに見えたので、

              写真を撮ってみました。

               

              天気も毎日変化しています。同じような天気であっても、

              地球が誕生してから、寸分も狂わず、

              まったく同じ天気ということはありません。

               

              富士山もそうですね。私たちの一生(80〜100年)の間では、

              殆んど変化しなくても、数百年、あるいは数千年の単位になると、

              大きな変化をしています。

               

              つまり、この世に存在する物、事は、常に変化していること、

              これはある意味、人にとって「悪い事」ばかりじゃなく、

              「良い事」もある事なのです。

               

              反対に、「良い事」ばかりじゃなく、「悪い事」もあるのです。

               

              ただ、大切なのは今、見えているこのきれいな富士山や天気のように、

              その一瞬なのです。そしてその一瞬を楽しむこと、生きる事、それなのです。

               


              ハーブはこれから各種検査を受けます。

              0

                先日書きました、アメリカからのハーブですが、

                現在は横浜の保税倉庫に保管されているようです。

                 

                これから各種検査を行い、テンドルマンに届くのは、

                来週後半かと思います。

                エキナセアやネトルをお待ちのお客様、今しばらくお待ちください。

                 

                 

                 

                 

                 

                そして、本日はアメリカの会社で取り扱っていないか、

                欠品しているハーブが、オーガニック食品を専門に輸入している業者から

                数点届きました。

                 

                本当は全て自分の知っている農場から輸入をしたいと思っているのですが、

                そうすると、欠品が長期に渡る場合や、価格が高くなってしまうため、

                この業者からのハーブも使用しています。

                 

                付き合いは、テンドルマンが開店した頃からですので、約20年以上にもなり、

                とても信頼のおける会社ですので、安心してお任せしています。

                 

                 

                これで、一部のハーブ(リンデン、ラベンダー、オーガニックローズなど)を除き、

                ほぼ欠品が解消する見込みです。

                これらのハーブは、残念ながらこの業者も持っていません。

                 

                ただ、ハーブは急激な需要により、いきなり欠品という事もありますので、

                ちょっと多量にご必要な時は、必ずお問合せください。

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                11月8日 ・・メモリアルDay です。

                0

                  11月8日、今年もこの日がやってきました。

                   

                  もう14年も前の事ですが、

                  あの朝の事は、多分一生忘れないでしょう。

                   

                   

                  そう、我が家の家族の一員である、トムが亡くなった日です。

                   

                   

                   

                  たった6歳でこの世を去りました。

                   

                   

                  ただ、彼の肉体は亡くなりましたが、彼の魂は私たち家族の

                  中に永遠に生き続けるのです。

                   

                  それは、私たちだけでなく、ウィルの中にも生きているのです。

                   

                  生物は必ず死にます。

                   

                  それは生きる物の宿命であり、それがいつ来るかは誰も分かりません。

                  でも、その魂は、その魂と接した人たちの中に、

                  その接した人たちが生きている限り、生き続けます。

                  もちろん、肉体が滅びた後も、魂同士の交流は続くと考えられると

                  信じていますが。

                   

                  生きるという事は、ある意味危うい橋の上を渡っているようなもので、

                  だからこそ、今生きているという瞬間を大切にしなければいけない、

                  生きる事は、過去でも未来でも無く、現在だけに存在することなのです。

                   

                  今を真剣に生きる、それが釈迦の教えなのです。

                   

                  諸行無常

                   

                  そんな事をトムの命日に考えました。


                  エキナセアとネトルは、今、サンフランシスコ

                  0

                    ハーブを輸入する時には、様々な書類が必要です。

                     

                    そして、このブログでも書きましたが、今年の10月からは、

                    その基準がさらに厳しくなったのです。

                     

                    現在、テンドルマンではエキナセアやネトルが欠品していますが、

                    それらのハーブがやっと生産者の元を出発しました。

                     

                    その時に添付される書類がこれです ↓  ↓

                    (PDFで予め送ってもらいました)

                     

                     

                    これは、アメリカ農務省(USDA)が発行する、

                    「 phystosanitary certificate」(植物検査証明書)で、

                    これにより、輸入するハーブには害虫や他の種子などの混入が

                    無いという事を証明した物です。

                     

                    これが無いと、日本にハーブを輸入することが出来なくなって

                    しまうのです。

                     

                    この他にも、オーガニックの認定や原産国の書かれた証明書などが、

                    ハーブと一緒に添付されてきます。

                     

                    ↓   ↓   ↓ (以前輸入した時の書類です)

                     

                     

                     

                    そして、無事に日本に到着すると、厚生労働省の食品検査を受けなければ

                    なりません。

                    それは、それらのハーブが食品として適合するかを検査するもので、

                    書類審査と輸入量などによっては、サンプリングの検査を受けるのです。

                     

                    サンプリングでは、違法な成分がハーブに含まれていないか、

                    などが検査をされますが、最近は少量ずつの輸入ですので、

                    目視と書類だけでなんとかパスをしています。

                     

                    その書類ですが、今までは大手の運送会社に依頼をしていたのですが、

                    結構費用も掛かり、その費用をハーブ代金に乗せると、

                    お客様にもご迷惑をお掛けする事から、自分で作成しています。

                     

                    もともと、輸出入の書類を扱う専門家「通関士」試験に合格をしている

                    ので、なんとか書類も書けるということも幸いしています。

                     

                    このように様々な手続きを踏み、ハーブはテンドルマンに届き、

                    それをお客様に販売するのです。

                     

                    現在、ハーブはサンフランシスコ空港に到着し、日本への出発を待っている

                    最中です。順調に行けば、来週には手元に届く予定です。

                    ただ、現在、成田空港はボージョレ―ヌーボーの通関で忙しく、

                    日本への出発も調整されているかも知れません。

                    何と言っても、ボージョレ-は解禁日までに市場にでないと困るので、

                    優先的に通関、食品検査が行われるのです。

                     

                    以前、ハーブを輸入した時には、成田で1週間以上も止められたことが

                    ありました。

                     

                    エキナセアハーブをお待ちの方が多くいらっしゃいますので、

                    一日も早く届いて欲しいと思いますが、そのような事情も察して

                    頂きたいと思います。

                     

                    入荷しましたら、またお知らせいたします。

                     

                     

                     

                     

                     


                    新聞に載っている雑誌などの広告考

                    0

                      新聞を開くと、一番先に目が行くのが、

                      一番下の雑誌や書籍の広告のページです。

                       

                      そこに掲載されるそれらの記事で多いのが、健康に関することです。

                       

                      それらのキーワードは、

                      「認知症」「ガン」「生活習慣病」「医師が・・・」

                      「いらない薬・・」「手術を必要としない・・」「間違っていた・・」

                      などなど・・・。

                       

                       

                      そして、ある雑誌で、「○○することが、ベター」とあれば、

                      まるでそれを否定するような「△△をしなければいけない」など、

                      雑誌を売るためでしょうが、いろいろな情報が交錯しています。

                       

                       

                      それを読んだ読者は、右往左往するのか、と思いきや、

                      結構冷めていて、「結局は・・・なんだよ」などという反応に

                      なるようです。

                       

                      ただ、このような情報、本当にそれらの事で真剣に悩んでいる人に

                      とっては、ある意味とても危険な事にもなりかねないのです。

                       

                      「藁をもすがる人」にとっては、とても大切な情報になることを、

                      編集者たちがどの程度意識しているのか、心配になることがあります。

                       

                      もちろん、どの情報も、医師や研究者などの取材から得た物なので、

                      嘘っぱちを書いていることは無い、と思うのですが、

                      私が雑誌の取材等に応じて、それが記事になったことを思い出すと、

                      情報提供者の思惑とは異なった表現がされている事もあるのです。

                       

                      例えば、「こんな薬は止めた方が良い」という記事があった場合、

                      それを飲んでいた人が、勝手に止めてしまうというのは、とても危険な

                      行為なのです。

                      特に高血圧、糖尿病、心臓病などの薬に関しては、

                      止めることにより、命に直結することにもなりかねないからです。

                       

                       

                      前にも書いた代替医療に関してもそうですね。

                      「○○が効いた」とか「体を○○することで、症状が改善」、

                      真剣に悩んでいる人には、まるで神からの啓示を受けるような場合も

                      あるかも知れません。

                       

                      編集者や出版社はそこが目的なのでしょうが、

                      どこまでエビデンス(臨床や研究室での結果)が正確に取れているのか、

                      疑問に感じるような記事も見られます。

                       

                      これは、雑誌だけでなく、ブログやSNSにも言える事ですが、

                      情報過多の時代に、特に命に関わるような記事を書く場合には、

                      宣伝文句を含め、医学的、科学的に正確な情報を載せなければならない

                      と思うのです。


                      | 1/86PAGES | >>