calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

昨日は大雪でした。東京の話です。

0

    昨日は大雪でした。

     

    テンドルマンの前も、見ている間に雪が積もり、

    帰る頃には、かなりの雪が積もっていました。

     

    今朝もこんな感じでした。

     

     

    写真では分かりづらいからも知れませんが、

    20センチは積もっていると思います。

     

    そこで、店前だけでも雪かきを。

     

     

    とりあえず、車が入るスペースはできました。

     

    雪国の人は、毎朝出勤前に雪かきをして、

    屋根に雪が多く積もった時には、

    屋根の雪下ろし、と大変ですね。

     

    東京あたりだと、たった、5センチ程度積もっても

    大騒ぎするというのに・・。

    (今回、都心でも20センチ程度積もったようです)

     

     

    交通関係の仕事に就かれている方は、

    夜通し働かれていた方も多いと思います。

     

    本当にご苦労様です。

     

    たかが、1時間半位雪かきをして、疲れた!、

    なんて言えないですね。

     

    とりあえず、これから今日の仕事を始めます。

     

    宜しくお願いします。

     

     

     


    アキシマクジラ

    0

      テンドルマンがある東京都昭島市というのは、

      都内から見れば西部、ただ地図では、東京都の

      ほぼ中央あたりに位置しています。

       

      そんな昭島市では、約56年前に多摩川の河川敷から、

      約200万年前のクジラの化石が、ほぼ完ぺきな状態で見つかり、

      それを昭島クジラと、呼んでいます。

       

       

       

      昭島市には、「くじら」と名がつく場所がいくつか

      あります。写真はそのひとつです。

      化石の発見場所の近くにあります。

       

       

      市内にそれを展示する施設が無いので、

      最初は国立博物館の新宿分所という所で保管され、

      現在は、群馬県立自然史博物館に展示されているようです。

       

      そして、先日の朝日新聞の記事によると、

      学名「エクスクリクティウス・アキシマエンシス」と

      名づけられているこのクジラが、新種であることが、

      証明されたという事なのです。

       

      前々から、昭島クジラは新種で唯一の個体と言われて

      いたのですが、それをなかなか証明できなかったようです。

       

      やっと日の目が当たったという感じですが、

      発見者の田島政人さんは、私の小学校の理科の先生で、

      その息子さん、芳夫さんは同級生ということで、

      これが証明されたことは、何だか他人ごとに思えない事でした。

      (ちなみに芳夫さんのお子さんは家の娘と同級生らしい)

       

          

       

      この近辺で、クジラの化石が発見されました。

      鉄橋は八高線の鉄橋です。私がこどもの頃は、

      貝やアンモナイトのような化石が、すぐに見つかりました。

       

      化石は、その生物が生きていた時代の

      地形や気候などを推測するのに、とても貴重なもので、

      このクジラの化石が発見されたことから、

      昭島市近辺は浅い海であったか、または海岸沿いであったことが

      想像できます。

       

      そして、そのクジラが発見された近辺では、

      貝の化石や、動物の化石なども発見されていて、

      昔、自然が豊かな多くの動物たちが暮らす地域だった

      のでは、と想像できます。

       

      現在は、東を陸上自衛隊の立川基地、西に米軍の横田基地に

      囲まれた昭島市ですが、太古の昔には多くの生物が

      生きていた、楽園のような土地だったのかな。。

      なんていう妄想にかられました。

       

       

      テンドルマンはそんな昭島市にあります。

      その小さな町から、日本全国に商品を発送したり、

      情報を発信しています。

      どうぞ、宜しくお願い致します。

       

       

       

       

       


      この時期に・・・!?

      0

        今朝、出勤してきて驚いた事があります。

         

        なんと、お店の前にセミがいるのです。

         

         

        もちろん、死んでいますが・・・

         

         

         

         

        最初、おもちゃか何かと思いましたが、本物です。

         

        誰かが置いたのでしょうか?

        それとも自分でやって来たのでしょうか?

         

        時空を超えて、この夏から、秋へのタイムトラベル?

         

         

         

         

        たかが、(と言ってはセミ君に失礼ですが)セミ一匹で、

        いろいろな空想ができました。

         

        弟は、猫か何かが、「獲物を捕まえたよ!」って、

        置いたんじゃないの?と言ってますが・・・。

         

         

        季節外れに鳴くコオロギを、「忘れコオロギ」なんていう

        言葉もありますが、鳴きはしないが、「忘れセミ」ですね。

         

         

        そして、もちろん、亡骸は土の上に帰しました。

         

         

         

         

         

         


        空 そして 無

        0

          ご自宅でワンちゃんや猫ちゃんを飼っている方には、

          分かると思いますが、

          彼らの我儘な行動、例えば、

           

          「散歩に連れてって!」

           

          「お腹すいた、ご飯まだ?」

           

          「ねぇ、遊ぼう!」

           

          「あー、つまんないな、いたずらしちゃえ!」

           

          「寒いから布団に入れて」

           

          という事にたいしては、多くの飼い主はの方は、

          「しょうがいな・・」と言いながら、許容していると思います。

           

          家のウィルも、お昼が近くなると、

          人が仕事をしていても、

          「ねえ、ねえ、そろそろご飯にしよう!」と誘います。

           

          また、夜気持ちよく寝ているのに、

          人を顔をガリガリして起こし、布団に入ってきても、

          「眠いのに・・」と思いながらも、入れてやります。

           

          躾が悪いと言えば、悪いのですが・・・・。

           

           

           

          ところが、こんな我儘が、

          子どもだったり、親だったり、パートナーだったりすると、

          たまに、「ムカッ」と来ることもあるのです。

           

          臨済宗のお寺のご住職で、作家の玄侑宗久さんが書いた

          「禅的生活」という本があり、そこに、名前は忘れたのですが、

          ご住職が飼われていた、犬と猫の話が、悟りの境地を説明

          するために、ところどころに出てきます。

           

          彼らには、邪心や謀などが無く、

          常に己の向くまま、自由に生きている。

          ある意味で「空」であり、「無」であるというのです。

           

          これこそ、人が悟りを開いた境地なのでしょうが、

          彼らは、禅などの修行をせずに、すでにその境地に達して

          いるのではないか、みたいな事なのです。

           

          つまり、心の中に、何も無い状態だから、

          人にとって、どんな我儘な行動を取ったとしても、

          人がそれを許容してしまうのではないのか?と考えるのです。

           

          これを突き詰めると、それこそ「禅問答」になってしまいますが、

          何も無い状態こそ、人が目指すべき悟りの境地だと思うのです。

           

          でも、人は誰でも、生まれた時に、

          悟りの境地にいると思うのです。

           

          だから、赤ちゃんに対して、だれもが笑顔になり、

          その行動を許容する事が出来るのです。

          ある意味で、まだ神様の状態に近いからだと考えるのです。

          (なかには、赤ちゃんの行動にイライラする人もいますが。。)

           

          それが、半年経ち、一年経つうちに、

          様々な経験をし、少しずつ人間になっていきます。

           

          人間になると、欲が芽生え、個性が生まれてきますが、

          それが、生まれたばかりのように我儘し放大をすると、

          側に居る人を、イラつかせたり、

          怒らせたりする事になってしまうのです。

           

          それは、赤ちゃんが成長した証でもあるのですが、

          それに伴って、失われたものがあるからです。

           

          ただ、人はこの失われたものを、

          ある時期が来た時点で気づき、

          (なかには一生気付かない人もいるようですが、)

          取り戻そうと努力をしていくのです。

           

          それが、禅の心である、空や無の心なのです。

           

          釈迦の教えでは、人は一生かけてこの境地を目指すのですが、

          そんな努力も無しに、その境地に達する事の出来る、

          犬や猫には、まったく敬意を表したくなります。

           

          さっきまで、我儘を言っていたウィルも、

          今は寝息を立てて夢の中です。

           

           

           

           

           


          朝の霧は天気が良くなることが多いです

          0

            今朝の昭島市は、凄い霧が立ち込めていました。

             

            ウィルの散歩の途中で写真を撮ってみました。

            (8時30分頃)

             

             

            100メートル先の視界が見えないような霧で、

            ちょっと珍しかったです。

             

             

            こんな霧の中でも、ゲートボールの準備を始めている

            人たちを、公園で見かけました。

             

             

            何とも言えない幻想的な景色が、

            何処か山の中のリゾート地を感じさせ、

            たまにはこんな朝も良いかなと思います。

             

            ただ、この時間(9時40分)には、霧も晴れ、

            今日はこれから天気が回復して、暖かくなるようです。

             

             

             

             

             


            この時期に売れている商品です

            0

              インフルエンザが流行り出したというニュースを、

              よく耳にするようになりました。

               

              1月も中旬を過ぎ、何となく日の入りが遅くなったような

              感じがする今日この頃です。

               

              まだ、お正月が終わったばかりで、あまり商品の動きも

              無いのですが、この1ヶ月位で売れている商品をご紹介します。

               

               

              ダントツの1位は、

               

              ☆ マミーズラブアロマクリーム ☆

               

               

              空気が乾燥する時期、お肌の乾燥から痒みを感じる方が多いようです。

              そんな乾燥した部位に手軽に塗れ、またハンドクリームとしても

              利用している方が多いようです。

              お店、ネット共、まとめ買いする方が目立ちます。

               

              ちょっと驚きの2位

               

              ☆ ネトル90カプセル ☆

               

               

              何故驚きかというと、この時期はエキナセアの売り上げが、

              多いのですが、今年はネトルをお買い求めになる方が多いです。

              特にここ数日、増えてきています。

              もう、花粉が飛んでいる??・・まさか・・・です。

               

              そして3位は、

               

              ☆ エキナセアチンキ 2oz ☆

               

                 

               

              この時期、エキナセアは必需品です。

              風邪などの初期症状には、驚く程の効果があります。

              知り合いの医師も、エキナセアの愛用者が多いです。

               

              4位

               

              ☆ ヘナ木藍 ☆

               

               

              市販の白髪染めには、様々な化学成分が含まれ、

              それが毛穴から吸収され体の中に入っていきます。

              いつも使い続けなければならない白髪染めですので、

              体に優しい物が良いですね。

               

              ナイヤードのヘナ木藍は、高品質のヘナを使用した、

              黒く染まる白髪染めです。

               

              天然ハーブで髪も地肌も、また体にも優しいです。

               

              今年に入って、いきなり売れたので、4位にランクイン!!

               

               

              5位

               

              ☆ バッチ シュガーグラニュー ファイブフラワー ☆

               

               

              この商品も今年にはいってから、売れています。

              バッチフラワーエッセンスは、イギリスのバッチ博士が

              医療の補助的な効果を期待して考え出した療法です。

               

              この中にハーブの成分は一切含まれていませんが、

              そのハーブの持つのヒーリング効果が期待できるレメディーです。

               

              このファイブフラワーは、緊急時やパニックになった時に使用する

              レメディーで、例えば受験などの緊張しやすい状況の時に

              使用すると、心に落ち着きを取り戻してくれます。

               

              そんなで、この時期にこのレメディーが出ているのかも知れませんね。

               

               

              お買い物の参考にして頂くと、ありがたいです。

               

               

               


              藪入り

              0

                今日、1月16日は、昔の商習慣でいうと、藪入り。

                 

                もちろん、旧暦の1月16日の事ですが、

                この日は、商家なでに住み込みで働いていた丁稚や

                女中などが、実家に帰れる休日の事を言います。

                 

                これは、一年に二回あり、もう一回は旧暦の7月16日。

                そうです、東京地方ではお盆の時期です。

                 

                そして、若い丁稚や女中たちは、この日をとても楽しみ

                していたようです。

                年に二回しか休みが無いのですから、当然ですよね。

                 

                そして、また「女正月」という言葉も思い出しました。

                 

                これは、お正月は女の人たちは、

                お年始のお客様や家族の世話やらで、忙しく、

                満足にお正月を楽しめなかった事から、

                お正月の行事が一段落するこの頃を、

                女正月というようになったらしいです。(家の母曰く・・)

                 

                ウィキペデイアにも、小正月(1月15日頃)を女正月、

                と書いてありますので、昭島近辺だけの言い方では

                ないようです。

                 

                元旦から2週間も経つと、世間のお正月ムードというのは、

                何処かにいってしまい、お正月に忙しくしてた、

                女性や商売をしていた人たちが、一息つく頃なので、

                このような、呼び方や習慣があったのかも知れません。

                 

                今でも、お正月から働いていた方たちが、

                休暇を取っている時期なのかも知れませんね。

                 

                 

                 


                人体、地球、宇宙、全て繋がっている。

                0

                  昨夜のNHKスペシャル 人体 は、

                  腸の事をやっていました。

                   

                  私がNutrition の資格を取得した頃(1999年)に、

                  腸が免疫を司る大切な臓器である、という事を学び、

                  当時アメリカでも腸の研究が盛んに行われていました。

                   

                  腸が、というよりも、腸に棲む腸内細菌が、

                  とても重要な要素で、この腸内細菌の種類や数のバランスに

                  よって、人の健康は大きく左右されるのです。

                   

                   

                  人体の中に別の生物が棲み、それが「寄生主」である、

                  人の健康を左右するなんて、とても不思議な感覚ですが、

                  彼らがいなければ、私たちは生きていけないのです。

                   

                  そこに、人体のそして、生物の不思議なところです。

                   

                  人の体のなかには、腸内細菌だけでなく、

                  免疫細胞や白血球など、人の意思とは関係なく、

                  体の中で、自分の仕事に徹している「生き物」がいるのです。

                   

                  まるで、地球という人体に、人や動物、植物が共生しているのと、

                  同じような感覚ですね。

                   

                  それを考えると、人を含めた生物というのは、

                  地球や宇宙と繋がっている、なんだかとても壮大な妄想に

                  取り付かれて、今週の仕事を始めます。

                   

                   

                  今週も宜しくお願い致します。

                   

                   


                  仕事の意義

                  0

                    仕事というのは、たとえどんな仕事であっても、

                    責任というものが、常に付きまとっています。

                     

                    テンドルマンや安藤米店のような、物を売る仕事であれば、

                    売った物に対して、その品質などにおいて、

                    大きな責任が発生します。

                     

                    サービス業であれば、お客様に提供するサービスには、

                    その質や内容に大きな責任があります。

                     

                    お客様から、お金だけ頂いて、物を売らなかったり、

                    その物が粗悪品だったり、

                    また、しかるべきサービスを提供できなかったら、

                    それは、仕事をする人間として、最も恥べき行為です。

                     

                    特に一生に一度の事に関しては、それを裏切るような仕事は、

                    商人という枠を超えて、最も卑しむべき、

                    人の行為だとおもっています。

                     

                    今年の成人の日に起きた問題は、

                    商人として、人として、一番してはいけないことが

                    起こってしまったと、憤っています。

                     

                    長く商売をやっていると、いろんな事があります。

                    本当にお金に困り行き詰まったことや、

                    売り上げもあり、利益も多く出ている時期もあります。

                     

                    特に個人で商売をしている人は、

                    安泰という言葉が無いくらい、大きな波がきたり、

                    引いたりと、さまざまです。

                     

                    ただ、お客様にご迷惑を、

                    お掛けするような事になってはいけない、と常に考えて

                    行動しなければならないのが、商人だと思うのです。

                     

                    その着物屋さんに、どのような事情があったか知りませんが、

                    もし、自分が資金などに行き詰まり、商売を畳む時、

                    お客様やお取引様に迷惑が掛からない方法で、

                    幕を引けたらと考えています。

                     


                    受験時期の健康管理 2

                    0

                      昨日からの続きです ・・・

                       

                       

                      受験生にとって質の高い睡眠を確保するためには、

                      就寝前に十分にリラックスする必要があります。

                       

                       

                      お部屋にはアロマライトなどで、

                      精油を香らせると、リラックス効果を高めます。

                       

                      寝る前には、お風呂に入れた、リラックス系の精油、

                      勉強中には、集中力を高めるような精油がオススメです。

                       

                           

                       

                       

                       

                      集中力を高める精油には、

                      ローズマリーペパーミントユーカリなどで、

                      またこれらの精油には、殺菌作用もありますので、

                      風邪やインフルエンザの予防としても利用できます。

                       

                      そして、体調維持に欠かせないないのが、

                      食事、つまり栄養です。

                      食品には、免疫力や記憶力を高める物もあり、

                      そのような食品を積極的に摂る事がオススメです。

                       

                      キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜には、

                      免疫力を強化する酵素が含まれています。

                      また、シイタケなどのキノコ類にも、免疫力を強化するのでオススメです。

                       

                       

                       

                      脳を活性化し、体を強化するには、ビタミンB群が多く含まれる

                      豚肉がオススメで、勉強疲れの解消にも効果があります。

                       

                      また、玉ねぎやニンニクなどにも免疫力を強化する働きがあり、

                      ニンジンやトマトには、β―カロテンやビタミンCも含まれているので、

                      体調を整えるのには、オススメな食品です。

                       

                      豚肉に玉ねぎ、人参がたっぷり入ったカレーに、

                      ニンニクを入れたりすると、免疫強化と脳の活性化に役立つ

                      メニューとなります。

                       

                       

                      私にも経験がありますが、

                      受験シーズンが冬というのは、風邪・インフルエンザなどが

                      流行る季節で、本人も親も、とても神経質になります。

                       

                      そんな時に、このブログの情報が少しでも役立てば、

                      幸いと考えています。

                       

                       


                      | 1/63PAGES | >>