calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

リフレッシュするには、ハーブティーがオススメです

0

    梅雨も間近となりました。

     

    気温が高く、湿度も高いと、不快感を感じる人が多くなり、

    また、体調不良を訴える人も多くなるようです。

     

    それは、自律神経の問題であったり、気圧の変化の問題だったり、

    様々な要因があるようです。

     

    そんな時は、爽やかな口当たりの「リフレッシュブレンド」

    をオススメしたいです。

     

     

     

     

    テンドルマンのリフレッシュブレンドは、開業当時からの定番商品で、

    ハイビスカス、ローズヒップ、オレンジピールが、

    とても飲みやすくブレンドされています。

     

     

     

     

    これらのハーブに共通して言えるのは、ビタミンCが含まれていること、

    そして、アントシアニンなどの植物フラボノイドが多く含まれている

    事です。ですから、単に水分補給だけでなく、体に必要な栄養素も

    摂れるというのが、大きな特徴です。

     

    また、ハイビスカスに関しては、クエン酸が多く含まれています。

    クエン酸は、体内に溜まった乳酸などの疲労物質を体外に排出する

    効果が高い栄養素で、疲労回復に効果を発揮します。

     

    リフレッシュブレンドは、冷たくしても美味しいハーブティーです。

     

    2〜3人分のティーポットに、リフレッシュブレンドのティーパックを入れ、

    熱湯を注いで5〜10分程度抽出します。

     

     

     

    ティーパックを取りだし、ポットごと氷水の入ったボウルなどで冷やして

    下さい。また、すぐに飲みたい場合は、水筒などに氷をたっぷりと入れ、

    そこに抽出したリフレッシュブレンドを注いでください。

    ただし、その場合は、長め(10分程度)蒸らしてからの方が美味しくなります。

     

     

    今年の夏、是非リフレッシュブレンドを楽しんでください。


    セージの話

    0

      久し振りにハーブの話です。

       

      キッチンハーブとしてよく利用されているハーブの

      ひとつにセージがあります。

       

      セージというのは、シソ科の植物でサルビア属の

      多年草の植物です。

      ただ、セージと言っても数種類のものがあり、

      キッチンハーブや薬用として使用されるのは、

      主にコモンセージ(学名 Salvia officinalis)

      と呼ばれていて、

      和名をヤクヨウサルビアと言われています。

       

       

      sage.jpg

       

      セージの特徴としては、独特の香りがあり、

      料理に使う時には、肉や魚の臭みを取るのに使います。

      また、殺菌作用もあるので、これらの食材を保存する場合に、

      腐敗を防止したりするのにも役立つハーブです。

       

      皆さんがよくご存じのソーセージという食べ物は、

      ミンチにしたお肉を、羊などの腸に詰めたものですが、

      これに腐敗防止や肉の臭み取りなどにセージを使った事から、

      この食べ物をソーセージと言うようになった、

      と聞いた事があります。

       

      保存料が無かった頃にはとても重宝なハーブだったのです。

       

      このセージですが、薬用としての利用も、

      昔から行われてきました。

       

      ハーブ療法では、

      強壮作用が強いことから、病気の快復期や精神的に疲れて

      いる時などに使用します。

      また、胃腸の働きを整える作用もあり、

      食べ過ぎや飲み過ぎなどの時にも利用できるハーブです。

       

      殺菌消毒作用が強いので、口腔内の消毒や咽頭炎の時のうがい、

      咳が出る時にも、使用されます。

       

      口腔内の消毒やうがいには、濃いめに抽出したセージを使用し、

      咳が出る時には、吸入なども良いでしょう。

       

      また、女性ホルモン様の働きもあるので、

      女性ホルモン系の様々なトラブルにも利用されます。

       

      ご家庭に備えておくとよいハーブのひとつです。

       

       

      【抽出液の作り方】

       

      1)うがいや消毒

      2〜3人分のティーポットを用意します。

      そこにセージをティースプーン2杯〜3杯程入れて、

      熱湯を注ぎ、5分〜10分程度蒸らします。

      茶こしで濾して、冷めてから使用します。

       

      2)吸入

      マグカップなどに、ティースプーン1杯〜2杯程度のセージを入れ、

      熱湯を注ぎます。

      立ち上る蒸気を口や鼻に当ててください。

      尚、その際、火傷には十分注意して下さい。

      蒸気が出なくなったら、茶こしで濾して飲んだり、

      うがいなどに使用できます。

       

      3)胃腸トラブルやその他飲用にする場合

      2〜3人分のティーポットを用意します。

      そこにセージティースプーン1杯程度入れ、

      熱湯を注ぎ、3〜5分程度蒸らします。

      茶こしで濾してお飲みください。

       

      4)セージとブレンドして合うハーブ

      ペパーミント、レモングラス、レモンバーム、

      レモンバーベナ、カモミールなど。

      使用目的に合わせて、ブレンドすると良いでしょう。

       

       

       

       

       

       


      ローズの香りは心にエネルギーを与えます

      0

        暖かくなってくると、もうすぐバラの季節

         

        花の王様っていうけど、バラを見ていると、

        心が落ち着くから不思議です。

         

         

         

        バラは種類も多く、品種改良も盛んに行われているので、

        名前を覚えるだけでも結構大変ですね。

         

        バラは観賞用として多く育てられていますが、

        化粧品業界にとっては、重要な原材料となります。


         

        そうですね。ローズの精油はバラの花びらを蒸留して採ります。

        約4トンのローズの花びらから、約1Lしか採れないので、

        とても貴重な精油となります。

         

        ローズの香りは女性だけでなく、男性にも好む人が多く、

        男性化粧品の中にも、ローズをほんの少し入れているのも

        あるそうです。

         

         

        これから、各地のバラ園では、多くの花が咲く季節になります。

        心を癒す作用も高いので、バラに囲まれて、エネルギーを

        充電するのも良いのではないでしょうか。

         

         

         

         

         


        春の体調管理にレモンバームティーを

        0

           昨日の昭島市、午前中は雪が降り、とても寒い一日でした。

           

          午後からは雨に変わったのですが、

          お墓参りやお出掛けを予定していた方は、大変だったと思います。

           

          そして、今日は暖かくそうですが、まだ暖房が必要な気温です。

           

           さて、人など多くの哺乳類は恒温動物で、周りの環境に関係無く、

          体温を一定に保とうとする機能が備わっています。

           

          ですが、その周りの気温の上下があまり激しいと、

          その機能にも異常をきたし、体調を崩す原因にもなります。

           

          いわゆる、自律神経のバランスを崩す、

          ということになるのです。

           

          そうなると、風邪を引いたり、何となく体がだるかったり、

          と行った症状が出ます。

           

          こんな症状の時には、

          レモンバームのハーブティーをオススメしたいです。

           

           

          昔から長寿のハーブなどと言われ、自律神経のバランスを

          整えたり、胃腸の調子を整えるのに使用されているハーブです。

          また、鬱を振り払うという事でも使用されています。

           

          レモンのような香りで、香りを嗅いでいるだけで、

          何となくホッとする感じがし、体がジワ〜と温まってきます。

           

          飲み方ですが、2〜3人分のティーポットに、

          軽くひとつまみ、レモンバーム(ドライ)を入れ、

          熱湯を注いで3〜5分蒸らしてからお飲みください。

           

          生のレモンバームでお茶にする場合は、5〜6枚の葉を使用し、

          5分程度蒸らすと良いでしょう。

           

           ハチミツなどを入れて飲むと一層美味しいレモンバームティーが

          出来上がり、自律神経のバランスを整え、

          体調不良を改善してくれます。

           

          是非、気温の変化の激しい時に、

          レモンバームティーをお試し下さい。

           

           

           

           


          大自然の中で育ったハーブ

          0

            植物であるハーブは、私たちがいつも食べる野菜と同じで、

            栽培されている土地やその時に気象状態により、

            中に含まれている成分に違いがでます。

             

            肥沃な土地やそのハーブに適した気候に育ったものは、

            栄養も豊富で、土に含まれているミネラルなども

            多いハーブとなります。

             

             

            ですから、同じハーブでも、産地や栽培者によって、

            その香りや味にも随分と差が出てしまいます。

             

            テンドルマンで販売しているハーブは、

            主にアメリカからの輸入ですが、

            もっと高い品質を求めて、以前輸入していた

            オーストラリアのハーブを輸入してみました。

            (すでにこのブログでも書きました)

             

             

             

            以前、止めてしまった理由のひとつが、

            価格の問題がありました。

             

            どうしても、こだわりの栽培方法で栽培しているため、

            価格が高くなり、お客様に「美味しいハーブを低価格で」、

            という事が出来なくなってしまったからです。

             

            でも、最近、お客様から、価格は高くても、美味しいハーブ、

            品質の高いハーブを購入したいという声を聞き、

            オーストラリア、タスマニア島産のハーブの輸入再開を決めた

            のです。

             

            現在は、エルダーフラワーのみですが、

            今後は少しずつ増やしていき、皆様に美味しいハーブティー、

            そして、栄養も有効成分も多く含まれたハーブティーを

            ご提供したいと思っています。

             

             

             


            グレッグさんのエルダーフラワー入荷しました

            0

              先日ちょっと書きました、

              オーストラリア産のエルダーフラワーが入荷しました。

               

               

              生産者は、タスマニア島に住む、

              Greg Moulder さんです。

               

              彼のハーブの品質は、とても高く、

              数年前まで定期的に輸入をしていたのですが、

              他の国から輸入するよりも、価格が高く、

              販売価格も高くなってしまうので、ちょっと躊躇していたのです。

               

              最近、お客様から高くても品質の良いハーブティーが飲みたいという

              お声を多く頂き、今回このエルダーフラワーを輸入してみました。

               

               

              エルダーフラワーの独特の香りがあり、

              とても美味しいハーブティーです。

               

              是非、一度、グレッグさんのハーブティーをお楽しみ下さい。

               

              エルダーフラワーを購入する

               

               

               

               

               


              エルダーフラワー

              0

                ハーブティーのエキナセアが、

                アメリカから届きました。

                 

                これは、輸入業者ですから当たり前ですが、

                今回はちょっと異なった輸送方法で輸入したので、

                届いた時には、今までに無い感動がありました。

                 

                そして、長期欠品していた、

                エルダーフラワーも、近日中にオーストラリアから

                届く予定です。

                 

                このエルダーフラワーは、

                前に輸入してたオーストラリア、タスマニア島の

                Greg Moulder氏の農場で栽培された

                最高級のエルダーフラワーです。

                 

                詳しくは、楽天ブログ「タスマニア愛すべき人々」

                ご覧ください。

                 

                「エルダーフラワー」

                写真は、今回輸入したものとは異なります。

                 

                 

                エルダーフラワーは、「セイヨウニワトコ」とも言われ、

                ハーブ療法でも良く用いられるハーブです。

                 

                その効能ですが、喉などの炎症を取る働きがあり、

                風邪やインフルエンザ、花粉症などの時の、

                喉、上気道等の不快感を取り除くのに効果があります。

                 

                また、美肌効果などもあり、

                化粧品の中に、エルダーフラワー抽出液を使用している

                ものもあります。

                 

                飲みやすいハーブなので、どなたにも抵抗なく

                飲めると思います。

                 

                テンドルマンでは、ブレンドハーブの

                北風注意報はなのハーブティーなどに、

                エルダーフラワーを使用しています。

                 

                 

                尚、今回のエルダーフラワーは、

                特別ロットになりますので、今までより若干価格が上がっております。

                詳しくは、こちらをクリックして下さい。

                 

                 

                テンドルマンでは、皆様に美味しいハーブをご提供できるよう、

                常に努力しております。

                 

                 

                 

                 

                 


                ラズベリーリーフ

                0

                  ラズベリーリーフは、女性のためのハーブと言われ、

                  ハーブ療法では良く使用されるハーブのひとつです。

                   

                  いわゆる、メディカルハーブと呼ばれている分野のハーブです。

                   

                  そして、特に子宮の健康を保つためには、
                  欠かせないハーブと考えて良いと思います。

                   

                   

                   

                  このハーブについては、
                  産婦人科の医師や助産院さんの協力を得ながら、
                  多くの臨床を取りました。

                  もともと、出産を楽にするハーブと言われていますが、
                  出産時における出血量の減少にも
                  役だっている事が分かったのです。

                  また、子宮内膜症や卵巣嚢腫なでの症状
                  緩和にも役立つ事が分かっています。

                  どうやら、子宮筋などについて、
                  何らかの効果を発揮するようです。
                  (月経前症候群などホルモン系に関しては、
                   有意な数値は出ませんでしたが・・。)


                  これらの臨床に関しては、ハーブティーでは無く、

                  上記のようなサプリメントの摂取で行いました。


                  また、ラズベリーリーフは、ビタミンCや葉酸など、
                  多くの栄養素を含んでいますので、
                  妊娠・授乳中の栄養補給をする意味でも、
                  使用する事をお勧めしたいです。

                  よく、お客様に妊娠初期にラズベリーリーフを摂るのは、
                  禁忌では?と聞かれます。

                  多分、出産時に子宮口を開きやすくする働きがある事から、

                  妊娠初期にこれを摂ると、流産の危険があるのでは?

                  という所から来ていると思います。

                  それは、まったく間違いです。

                  海外では、妊娠初期のツワリに関して、
                  ペパーミントと共にファーストチョイスのハーブになっています。

                  また、ラズベリーリーフが子宮口を開き易くするというのは、
                  あくまでも出産時であって、
                  その他の時には、そのような作用をしないのです。

                  これが、ハーブの不思議な力で、薬とは大きく異なる点なのです。
                   

                  そのような訳で、ラズベリーリーフは、

                  女性の一生を通して飲むと良いハーブだと思っています。

                   

                  (この記事は2014年6月16日の記事に加筆しました。)

                   

                   

                   






                   


                  ドクダミはハーブOR雑草?

                  0

                    テンドルマンのお店の脇には、小さな植込みがあります。

                     

                    ツツジが植わっている程度の植込みですが、その他にも、

                    いろいろな草(いわゆる雑草)が、自然繁殖しています。

                     

                    やっぱり、あまり雑然と生育しているのは、見た目も悪いし、

                    ツツジが弱ってしまうので、年に数回草むしりをします。

                     

                    その中でも一番、根を強固に張り、引き抜いても引き抜いても、

                    次々と繁殖しているのが、下の写真のドクダミです。

                     

                     

                     

                     

                    ドクダミは臭いも強く、多くの本には、「悪臭」という

                    表現がされていますが、私はそれほど悪臭という気はしません。

                    ただ、素手で触ったり、引っこ抜いたりすると、

                    石鹸で何度洗ってもその匂いが取れないので、

                    必ず手袋をしてから、ドクダミを触るようにしています。

                     

                    植込みに繁殖しているドクダミは、雑草として処分してしまいますが、

                    実は古くから薬草として使用されている植物で、所謂ハーブなのです。

                     

                    効能ですが、名前に通り毒を消す、つまり解熱などに煎じて

                    使用します。また、動脈硬化症の予防や妊婦の浮腫みなどにも

                    効果があると言われています。

                     

                    また、この臭いの正体は、デカノイルアセトアルデヒドという成分で、

                    白癬菌やブドウ球菌に対して効果があるようです。

                     

                    ですから、水虫にはこの生の葉をすり潰して、

                    塗ると良いという事が、伝統的な薬草利用の本に書かれていました。

                     

                    このドクダミですが、ヨーロッパでは人気のハーブのひとつ

                    のようで、斑入りや八重咲きなどに改良された園芸種も

                    あるようです。

                     

                    ハーブとして見れば、ドクダミも「かわいい奴」と

                    思うかも知れませんが、植込みにびっしり生え、あたりに強い臭いを

                    まき散らすと、やっぱり引っこ抜かなければならない、

                    雑草となってしまいます。

                     


                    レモンバーベナの話

                    0

                      レモンの香りがするハーブとして、

                      すでにレモンバーム、レモングラスを紹介してきました。

                      そして3つ目が、

                      今日話をする、レモンバーベナ(Aloysia citrodora)です。

                       

                      このハーブの特徴は、消化を助ける働きがあると言われ、

                      食後のお茶として、フランスなどでは、よく飲まれているようです。

                      フランスでは、ベルベーヌという呼び方が一般的で、

                      レモンバーベナとはあまり言わないようです。

                       

                       

                      また、利尿作用も高く、ダイエットのお茶として

                      紹介している、本やサイトも多いようです。

                       

                      実際に、濃いめのレモンバーベナのお茶を飲むと、

                      トイレが近くなって、困ったという経験もあります。

                      利尿作用があるからと言ってダイエットに効果がある、

                      というのは、何とも言えませんが・・。

                       

                      ほのかなレモンの香りは、リラックス効果も高く、

                      夜なかなか寝付けない方には、オススメなのですが、

                      トイレの問題もあるので、香りを楽しむか、薄目にして、

                      少量を飲むことが良いと思います。

                       

                      このハーブは、他のハーブとの相性も良く、

                      私はブレンドに使用するケースが多いです。

                       

                      例えば、胃腸系のトラブルの場合、

                      ペパーミント、レモングラスと合わせたり、

                      カモミールと合わせたりもします。

                       

                      リラックス系のブレンドとしては、

                      カモミール、ローズなどと合わせると良いと思います。

                       

                      とても使い道の広いハーブですので、

                      香りを楽しみながら、いろいろ試してみると良いと思います。

                       

                       

                       

                       


                      | 1/7PAGES | >>