calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

ネトル

0

    昨日読んでいた植物関連の本に、

    「ネトル」の事が書いてありました。

     

    ネトルは和名イラクサとも呼ばれていて、

    ハーブ療法では、血液をきれいにしたり、

    アレルギー症状を改善するハーブとして使用されています。

     

    代表的なのは「花粉症」の症状改善に効果が高い事です。

     

     

    このネトルですが、葉や茎などに棘があり、

    この棘には、アセチールコリンやヒスタミンなどの物質が

    含まれていて、それを食べた野生動物は、

    チクチク感などで堪らない経験をしてしまうそうです。

     

    奈良県の奈良公園には、多くの鹿がいることをご存知ですね。

    この奈良公園には、2種類のネトルが自生しているそうです。

    ひとつは棘が少ないネトル、もう一つは棘の多いネトルだそうです。

     

    奈良公園の鹿たちは、観光客などから鹿せんべいをもらって食べていますが、

    当然野生の植物も食します。

     

    そして、彼らは棘の多いネトルには見向きもせず、

    棘の少ないネトルを食べているようです。

     

    ですから、最近の奈良公園のネトルは、

    棘の多い種類の物が多くなったそうです。

     

     

     

    ネトルはそうやって、自分の体を守っている、

    という話を本を読んだのです。

     

     

     

    さて、この棘に含まれているヒスタミンですが、

    通常はアレルギーを起こす物質として有名です。

     

    ですから、棘に触れると、その場所が痒くなったり、

    なんとなく不快な感じで「イライラ」してしまいます。

    そうそう、ネトルの和名イラクサは、

    イライラする草というのが語源だそうですよ。

     

    ところが、そのヒスタミンの含まれているネトルを、

    お茶やサプリメント(カプセルタイプ)で飲むことにより、

    アレルギーを抑える効果が確認されているのです。

     

    含有量が微量ということで、その効果が生まれるようで、

    実際、花粉症の症状が出ている時に、ネトルを飲むとその症状が

    弱まったり、消えたりしたという、臨床データーが出ています。

     

    また、ネトルには多くのビタミンやミネラルが含まれているので、

    血液浄化作用も高い、ということです。

     

     

    ヨーロッパでは、「スプリングトニック」といって、

    春に飲む、体の中をきれいにする植物としても利用されていたようです。

     

     

    ネトルが自分の体を守る道具として取得した棘が、

    人の健康に役立つ、植物と人間の関係って、

    こういうところからも、長い年月に渡り続いているのですね。

     

     

     

     

     


    月曜日、今日も暑くなりそうです。

    0

      また、新しい週が始まりました。

       

      この週末、どのようにお過ごしでしたか?

       

      週末の休みはいろいろな「厄」を落とし、

      身体と心をリセットするために、大切お休みです。

      キチンとリセット出来れば、仕事でも勉強でも、

      新しいアイデアや発見があると思うのです。

       

      昨日、私も久し振りにアウトレットモールに出かけ、

      人の流れや何を購入しているか、新しい商品は?

      などといろいろと考えながら、自分の買い物もしました。

       

      ちょっとした気分転換になりました。

       

       

      さて、さて、

      今日も暑くなりそうです。

       

      家や仕事場のエアコンは適切に使っていますか?

      電気代を節約したい気持ちは分かりますが、

      それをケチったばかりに、熱中症になったり、

      その他の病気(脳梗塞や心筋梗塞)を発症してしまったら、

      電気代どころではありません。

       

       

      適切にエアコンを使用してくださいね。

       

       

       

      そして、水分補給も大切です。

       

      水分はいっぺんに多量に摂るのではなく、

      少しずつ、こまめに摂るのが良いですよ。

       

      おススメは、ハーブティー。

       

      ハーブティーには、ビタミンやミネラルが多くふくまれている物が

      多いですから、汗で失ったそれらを補うには最適です。

       

       

      朝、熱湯で抽出したハーブティーを、

      氷をいっぱいに入れた水筒などに、一気に注げば「アイスハーブティー」の

      出来上がりです。

       

      それを職場などに持って行き、仕事の合間に少しずつ飲むようにして

      下さい。

      おススメのティーは、リフレッシュ、パワー、ビタミネが、

      アイスティーとして美味しいですよ。

       

      さぁ、今日も一日頑張りましょう!

       

       

       


      ハーブも農産物です

      0

        6月に入り、2日続きであまりはっきりしない天気が

        続いています。

         

        天気図を見れば、太平洋の湿った空気と、大陸の乾いた空気が

        日本上空でぶつかっているようです。

         

        それを見ると、関東・東海地方の梅雨入りも、

        当初の予報より早くなるかな?と思っています。

         

         

        さて、テンドルマンが取り扱っているハーブですが、

        当たり前ですが、農産物です。

         

        エッセンシャルオイルも、農産物です。

         

        つまり、自然の中で生育した植物を、私たちはお茶にしたり、

        それを蒸留したりして利用している訳です。

         

         

         

         

         

        これは10年位前に、秋田県で実験的に栽培してもらった

        レモンバームです。

         

        畑の休耕田を利用して、ハーブを栽培してみたいとのことで、

        試しに栽培してもらいました。

         

         

        下の写真はネトルです。

         

        これも、同じ休耕田で栽培をしてみました。


         

         

        土に栄養が豊富なので、順調に育った記憶があります。

         

        植物は根から地中にある水分を吸い上げます。

        その土に含まれる有機物(栄養素)は、水の中に溶け込んで

        いますので、植物はそれらも自分の体の中に取り入れます。

        そして、葉での光合成から作られた糖質も植物の体の一部

        となっていきます。

         

        これら糖質や有機物は、植物が成長するために、

        そして自分自身を守る「武器」として役に立つようになるのです。

         

        *「武器」は、植物に含まれる配糖体やポリフェノールで、

        これらの成分は植物が紫外線から体を守ったり、昆虫や

        動物たちなど、捕食者から身を守るために役立ちます。

         

        そして、人がそれをお茶にしたり、食べたりすることにより、

        その「武器」を体の中に入れると、人にとってとても有効な

        働きをすることになるのです。

         

         

        これには、「土」の質が大きくものを言います。

         

        農産物の良し悪しは、いかに土を、

        そしてその土に染み込ませる有機物が栽培する農産物に

        適しているかで決まってきます。

         

        ですから昔から農業の基礎は、「土づくり」と言われているのです。

         

        ハーブも土づくりは重要な要素なのですが、

        元々が自然に生育していた植物が多かったので、

        かなり厳しい環境の中でも育つことができるのです。

         

        厳しい環境で育つが故に、その体内に蓄積される「武器」は、

        強力なものが多い、と理解すれば、ハーブが体に良いということが、

        分かるのではないでしょうか?

         

         

        昨日のブログの補足として、本日は書いてみました。

         

         

        そうそう、秋田のハーブですが、農家の方たちが片手間で栽培して

        いたのですが、本業が忙しく今は休止中です。

         

        いつかまた、復活できたらいいな、と思っています。

         

         


        体調管理にハーブティーを飲んでみては?

        0

          今日は6月1日、もう6月になりました。

           

          6月というと、梅雨の季節が連想されます。

          すでに沖縄や九州南部では梅雨に入っているようで、

          関東地方も早ければ来週には梅雨入り、ということも

          あるようです。

           

           

          梅雨は気温が高く、湿気も多いため、体調を崩す方が

          多くいます。今年は特に新型コロナの流行もあり、

          尚更の体調管理が大切になってきます。

           

          健康法はいろいろありますが、

          ハーブティーを飲む健康管理はいかがですか?

           

           

           

           

          ハーブティーには、様々な配糖体と呼ばれる成分が

          含まれていて、それらが体調を整えるのにとても

          役立ちます。

          (個々の成分やハーブについては、過去のこのブログから

           検索してください)

           

          身体の酸化防止、免疫力の強化、胃腸の調子を整える、

          リラックス効果をもたらすなどなどです。

           

          何でも良いです、自分の好きなハーブティーを毎日1杯、

          食後のお茶や、午後のひととき、夜お休み前、

          どの時間でも構わないので、飲むようにしてください。

          (ちなみに私は、お昼か夕方に1杯飲むようにしています。

           頂いたサンプルや賞味期限が切れたハーブティーです)

           

           

          毎日続けることにより、きっと体調の管理に役立つと思います。

           


          新しいハーブティーのブレンド

          0

            とても気持ちの良い天気となりました。

             

            まだ5月ですから、まさに五月晴れです。

             

            緊急事態宣言が解除されたので、

            お出かけを予定している方も多いかと思いますが、

            新型コロナ対策は万全にしてからお出かけをしたいですね。

             

             

            私は事務所に籠って溜まっている仕事を片付けています。

             

            その一つが、新しいハーブティーのブレンドです。

             

             

            テンドルマンの大切なお客様の中の一社様から、

            依頼を受けているブレンドです。

            以前作っていたブレンドが、原料ハーブの供給が不安定な

            ことから止めてしまい、何かそれに代わるものはないか、

            という事で依頼されました。

             

            依頼されたブレンドハーブティーを作る時に考えるのが、

             

            1)そのテーマに合ったものを作る・・・当たり前ですが。

            2)美味しいハーブティーを作る ・・・これも当たり前。

             

            3)安定的に供給できる ・・・ これが一番頭を悩ます。

             

            4)販売予定価格を考慮し、コストに見合うブレンドを作る。

             

            などがあります。

             

            特に3)に関して、せっかく良いブレンドを作っても、

            原料となるハーブが安定的に供給できなけらば、

            いつ「欠品」になってしまうかという不安があり、

            またお客様にも迷惑が掛かってしまいます。

             

             

            これが自社で販売する物であれば、欠品してもそれ程大きな

            影響は無いと思いますが、依頼されたブレンドであれば、

            欠品が長く続くような商品ではダメです。

             

             

            現在、ハーブの供給はとても不安定になっているのと、

            全体的に価格が上がっています。

            これは、ハーブのほとんどが輸入に頼っているので、

            海外の様々な事情が供給や価格に影響を与えているからです。

             

            例えば、

            1)地球温暖化の影響で気候が変動して、今まで育てられたハーブが

            生育できなくなったり、品質が劣化したりする。

             

            2)経済的な理由もあります。

            オーガニックでの栽培は手間暇がかかり、同じ手間をかけるならば、

            もっと収益の高いものに転換する農家もいる。

             

            3)ハーブの栽培農家の中には、個人や数名で行っているところがあり、

            それらの所では高齢化などの原因で、栽培を止めてしまうところもある。

            (以前、オーストラリアのタスマニアから仕入れていた時の農家さんは、

             この理由で栽培を止めてしまった。)

             

            4)現在では、新型コロナの影響があり、

            生産や輸送がスムーズに行うことが出来なくなっている。

             

            そんな事情があるので、テンドルマンではハーブの仕入れを、

            メインのアメリカの他に、ミャンマーの農場、

            オーガニック食品を専門の扱う輸入業者を通してしています。

             

            そして、これらの供給の事情を考慮の上で、

            新しいブレンドを作ることになるのです。

             

             

            この文章を書きながら、頭の中ではブレンドするハーブを

            思い浮かべていますが、コロナがちょっと落ち着いてから、

            アメリカの農場と連絡を取ってみようかと思っています。

             

             

            お客様には、もう少しお待ち頂こうかなと思っています。

             


            リフレッシュブレンド

            0

              今朝の天気予報で、

               

              「昨日より2〜3℃低い気温になるでしょう」

               

              という事だったけど、湿度が高いようで、

              予想以上に暑く感じます。

               

               

              しかも6月用のプロモーションを考えたり、

              HPをいじくったりと、頭をヒートアップさせて

              いるので、余計頭が暑く感じてしまいます。

               

               

              そんな時は、「リフレッシュブレンド」がおススメ!

               

               

               

               

              ハイビスカスにローズヒップ、オレンジピールがブレンドされ、

              酸味がとても頭に刺激になります。

               

               

               

               

              しかも、このハーブティー、冷たくしても美味しいです。

               

              熱湯で抽出したリフレッシュブレンドを、冷蔵庫で冷やして

              おけば美味しいアイスティーの出来上がりです。

               

               

              真夏に飲んでも美味しいですが、

              ちょっとジメジメしてはっきりしない天気の時などに、

              このティーは特におススメです。

               

               

               


              「頭のコントロールセンター」の不具合に、レモンバームを試してみてください

              0

                昨日と今日の日本列島には、寒気が流れ込んでいるため、

                季節が一か月位後戻りしたような天気になっています。

                 

                テンドルマンでも、片付けてしまったパネルヒーターを

                急遽取り出し、使用しています。

                 

                つい数日前は、暑くて冷房を入れていたというのに・・

                 

                こういう時期は体調管理が難しくなります。

                身体が夏バージョンに動こうとしていた時に、

                急に春に戻ってしまうので、

                「頭のコントロールセンターでは、寒さに対応しようと、

                身体に指令を出さなければならないからです。」

                 

                それに対応が追い付かない「コントロールセンター」では、

                あたふたとしてしまい、

                つまり「自律神経のコントロールを失ってしまう」ことに

                なるのです。

                 

                そうすると、免疫力が落ちたり、食欲が無くなったり、

                不安な気持ちになったり、眠れなくなったりと、

                身体の統合が取れなくなってしまうのです。

                 

                こういう状態の時には、風邪を引いたり、

                感染の広がりが落ち着いてきたとは言え、新型コロナ

                ウィルスに感染しやすくなったりと、

                神経だけの問題では無くなってしまうのです。

                 

                 

                こんな時、ハーブ療法では何を使うか?

                 

                伝統的に使われているのは、レモンバームです。

                 

                 

                 

                 

                レモンバームは非常に生命力の強いハーブで、

                たった一株で、庭中がレモンバームだらけになってしまった経験が

                あります。

                そんな生命力の強いハーブですから、その香りを嗅いだり、

                飲んだりすることで、人の身体の中にもエネルギーを充満させる

                ことができるのです。

                 

                ヨーロッパでは、レモンバームのお茶にハチミツを入れると、

                最高の滋養強壮剤になると言われ、王族なども好んで飲んでいた、

                という話も聞きます。

                 

                毎年この時期から、梅雨を挟んで夏が来るまで、

                気温の上下や曇天などの日が多くなります。

                 

                そして、ちょっと「鬱っぽい」?と感じたなら、

                「風邪を引きそう」?と思ったらなら、

                是非このレモンバームティーを試してください。


                小さな鉢に、元気に育つラベンダーやローズマリー

                0

                  テンドルマンの店の前には、いくつかの鉢が置いてあり、

                  そこに花を植えています。

                   

                  よそのお店のようにきれいに植えている訳では無いので、

                  あまりお見せすることは出来ませんが、

                  今年もラベンダーの花が咲いたので写真を撮ってみました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  このラベンダーですが、いつ頃植えたかは定かではありませんが、

                  2014年に撮ったお店の写真を見ると、

                  これより一回り小さいラベンダーが写っていました。

                   

                  ですから、小さな鉢の中で、肥料もやらず、何の手入れもしない

                  のに、6年以上成長を続け、今年も元気に花を咲かせてくれました。

                   

                   

                  このローズマリーは、10年以上も鉢の中で成長

                  し続けています。

                   

                  以前、近くに居酒屋があった時には、

                  そこの料理長が料理のためにこのローズマリーの葉を

                  持って行ったことがありました。

                   

                  また、ご来店頂いたお客様が、

                  「立派なローズマリーだから、一枝もらえませんか?」

                  と言って、持って行かれたこともありました。

                   

                  これらのハーブは、野生では自生している植物で、

                  そのためにとても生命力が強い植物のひとつです。

                  そのため、ヨーロッパではこの強い生命力にあやかろうと、

                  多くの人たちが昔から、ハーブを利用してきたのです。

                   

                   

                  そして、感染症が蔓延している時であるからこそ、

                  これらのハーブが役立つといいな、と思っているのです。

                   

                   


                  ダンディライオンがコロナに・・?

                  0

                    ネットでニュースを見ていたら、

                     

                    大阪で「たんぽぽ茶が、新型コロナを予防する」として

                    宣伝していた業者が、書類送検されたという記事を目にしました。

                     

                    まぁ、こういう時期だから、「○○が効く」だの、

                    「○○に予防効果がある」という記事も目にすることがあるけど、

                    それを使って商品を宣伝したり、販売していたら、問題ですね。

                     

                    さて、話は「たんぽぽ茶」に戻りますが、

                    ハーブを扱っている業者であれば、

                    「ダンディライオン」という方が一般的で、

                    栄養学的にはビタミンやミネラルが多く含まれているハーブです。

                     

                    主に西洋タンポポの根を乾燥したものを使用しますが、

                    それをローストしたり、細かく砕いてパウダー状にしても使用します。

                     

                    ローストしていない物は生木の香りがしますが、

                    長めに抽出すると、その生木の香りが何となく効くような気がします。

                     

                    ローストしたものは、香ばしい香りがして、とても飲みやすくなります。

                     

                    パウダー状の物はそのままカップに入れて飲んだり、

                    お茶パックなどにいれて抽出したものを飲みます。

                    よく、「たんぽぽコーヒー」といいますが、

                    ローストしたものをパウダー状にして飲むと、コーヒーのような味わいを

                    楽しむことが出来るので、タンポポコーヒーと言われています。

                     

                    ハーブ療法としても、肝臓や腎臓機能に関して効果が

                    あると言われていて、お酒を飲む機会が多い人やアレルギーの人などに

                    勧められるハーブです。

                     

                    このお茶を飲むことで、便秘が解消したという話も聞きます。

                     

                    *上記はローストしたタンポポの根

                     

                    その他、母乳に関するハーブとも言われていて、

                    「母乳の出をよくする」とか「母乳の栄養価を高める」

                    などとも言われています。

                     

                     

                    実際、助産院などでは、積極的にこのハーブを飲むように

                    勧めている所もあり、本当に母乳の出が良くなったという話も聞きます。

                     

                     

                     

                    ダンディライオンには、多くの栄養素が含まれていますので、

                    母乳の出がよくなったり、栄養価が高くなるという期待は

                    出来るかも知れません。

                     

                    ただし、はっきりとした臨床データーは少ないので、

                    効果があると、言い切るのはちょっと怖いです。

                     

                    もともと、「母乳の出云々」という話は、

                    タンポポの茎を切った時に、そこから出る白い汁が母乳に似ている

                    ところから、母乳の出を良くする、という話が始まった、

                    という説もあるのです。

                     

                     

                    効果があるというハーブには、様々な配糖体などの化学成分が

                    含まれていたり、ビタミンやミネラルが含まれています。

                    ですから、それらの成分が病気の予防や治療に効果があるのですが、

                    薬のように濃縮された形で含まれていないので、

                    その成分による確実な効果が期待できと言い切ることは出来ません。

                     

                    ハーブの効果は、ファージーな効果と考えれば良いと思うんです。

                    (中にはエキナセアやセントジョンズワート、ブラックコホシュのように

                    高い効果をあげる物もありますが。)

                     

                    その事を理解してハーブを試すというのが、正しいハーブ療法

                    なのではないかな、と思っています。

                     

                     

                    新型コロナの蔓延状況によっては、

                    まだまだ「怪しい」ハーブや食品が、効果があると出てくるかも

                    知れませんが、その宣伝文句に惑わされずに、

                    きちんとした臨床データーなどがあるものを使用するようにすると

                    良いでしょう。

                     

                     

                    さて、「たんぽぽ茶が新型コロナの予防に効果があるか?」

                    という事ですが、私は「分かりません。」と答えます。

                     

                    そして、「効果があるかどうか分からないけど、体の健康維持のために

                    飲んでみてください」と言うと思います。

                     


                    ハーブティーは栄養もあります。

                    0

                      原料ハーブが欠品していたため、作ることができなかった、

                      マミーズラブハーブティーとビタミネが、

                      販売再開いたしました。

                       

                       

                      マミーズラブハーブティーは、ラズベリーリーフ、カモミール

                      などをブレンドしたハーブティーで、

                      当店で一番売れているブレンドです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      また、産婦人科さんなどの患者様サービスの一環として、

                      待合室でご提供したり、

                      お産のため入院している方にも、お部屋で提供されたりしています。

                       

                      大変喜ばれているようです。

                       

                       

                      ビタミネは、ビタミンやミネラルが多いハーブを使用したブレンドで、

                      飲みやすさが魅力のハーブティーです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      そして、どのくらいのビタミン・ミネラルが含まれているのか、

                      日本食品分析センターで分析してもらったこともありました。

                       

                       

                       

                      もう、13年も前の話ですが。

                       

                       

                      でも、この分析結果で、ハーブに含まれる栄養素というのに、

                      とても興味を持ったのです。

                       

                      ヨーロッパでは昔から飲まれているハーブですが、

                      やはり健康に貢献する飲み物というのが、分かります。

                       

                      食後やお茶の時間の飲み物としてのハーブは、

                      日本茶、コーヒー、紅茶などに比べると、需要が少ないです。

                      ですが、ビタミネのように栄養が豊富なハーブティーも

                      ありますし、免疫力を強化するようなハーブティーもあります。

                       

                      ですから、ハーブを輸入して販売している者からすれば、

                      もう少しハーブティーを飲む機会を増やして頂ければ

                      嬉しいなと思うのです。

                       


                      | 1/10PAGES | >>