calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

リフレッシュブレンド

0

    今朝の天気予報で、

     

    「昨日より2〜3℃低い気温になるでしょう」

     

    という事だったけど、湿度が高いようで、

    予想以上に暑く感じます。

     

     

    しかも6月用のプロモーションを考えたり、

    HPをいじくったりと、頭をヒートアップさせて

    いるので、余計頭が暑く感じてしまいます。

     

     

    そんな時は、「リフレッシュブレンド」がおススメ!

     

     

     

     

    ハイビスカスにローズヒップ、オレンジピールがブレンドされ、

    酸味がとても頭に刺激になります。

     

     

     

     

    しかも、このハーブティー、冷たくしても美味しいです。

     

    熱湯で抽出したリフレッシュブレンドを、冷蔵庫で冷やして

    おけば美味しいアイスティーの出来上がりです。

     

     

    真夏に飲んでも美味しいですが、

    ちょっとジメジメしてはっきりしない天気の時などに、

    このティーは特におススメです。

     

     

     


    「頭のコントロールセンター」の不具合に、レモンバームを試してみてください

    0

      昨日と今日の日本列島には、寒気が流れ込んでいるため、

      季節が一か月位後戻りしたような天気になっています。

       

      テンドルマンでも、片付けてしまったパネルヒーターを

      急遽取り出し、使用しています。

       

      つい数日前は、暑くて冷房を入れていたというのに・・

       

      こういう時期は体調管理が難しくなります。

      身体が夏バージョンに動こうとしていた時に、

      急に春に戻ってしまうので、

      「頭のコントロールセンターでは、寒さに対応しようと、

      身体に指令を出さなければならないからです。」

       

      それに対応が追い付かない「コントロールセンター」では、

      あたふたとしてしまい、

      つまり「自律神経のコントロールを失ってしまう」ことに

      なるのです。

       

      そうすると、免疫力が落ちたり、食欲が無くなったり、

      不安な気持ちになったり、眠れなくなったりと、

      身体の統合が取れなくなってしまうのです。

       

      こういう状態の時には、風邪を引いたり、

      感染の広がりが落ち着いてきたとは言え、新型コロナ

      ウィルスに感染しやすくなったりと、

      神経だけの問題では無くなってしまうのです。

       

       

      こんな時、ハーブ療法では何を使うか?

       

      伝統的に使われているのは、レモンバームです。

       

       

       

       

      レモンバームは非常に生命力の強いハーブで、

      たった一株で、庭中がレモンバームだらけになってしまった経験が

      あります。

      そんな生命力の強いハーブですから、その香りを嗅いだり、

      飲んだりすることで、人の身体の中にもエネルギーを充満させる

      ことができるのです。

       

      ヨーロッパでは、レモンバームのお茶にハチミツを入れると、

      最高の滋養強壮剤になると言われ、王族なども好んで飲んでいた、

      という話も聞きます。

       

      毎年この時期から、梅雨を挟んで夏が来るまで、

      気温の上下や曇天などの日が多くなります。

       

      そして、ちょっと「鬱っぽい」?と感じたなら、

      「風邪を引きそう」?と思ったらなら、

      是非このレモンバームティーを試してください。


      小さな鉢に、元気に育つラベンダーやローズマリー

      0

        テンドルマンの店の前には、いくつかの鉢が置いてあり、

        そこに花を植えています。

         

        よそのお店のようにきれいに植えている訳では無いので、

        あまりお見せすることは出来ませんが、

        今年もラベンダーの花が咲いたので写真を撮ってみました。

         

         

         

         

         

         

        このラベンダーですが、いつ頃植えたかは定かではありませんが、

        2014年に撮ったお店の写真を見ると、

        これより一回り小さいラベンダーが写っていました。

         

        ですから、小さな鉢の中で、肥料もやらず、何の手入れもしない

        のに、6年以上成長を続け、今年も元気に花を咲かせてくれました。

         

         

        このローズマリーは、10年以上も鉢の中で成長

        し続けています。

         

        以前、近くに居酒屋があった時には、

        そこの料理長が料理のためにこのローズマリーの葉を

        持って行ったことがありました。

         

        また、ご来店頂いたお客様が、

        「立派なローズマリーだから、一枝もらえませんか?」

        と言って、持って行かれたこともありました。

         

        これらのハーブは、野生では自生している植物で、

        そのためにとても生命力が強い植物のひとつです。

        そのため、ヨーロッパではこの強い生命力にあやかろうと、

        多くの人たちが昔から、ハーブを利用してきたのです。

         

         

        そして、感染症が蔓延している時であるからこそ、

        これらのハーブが役立つといいな、と思っているのです。

         

         


        ダンディライオンがコロナに・・?

        0

          ネットでニュースを見ていたら、

           

          大阪で「たんぽぽ茶が、新型コロナを予防する」として

          宣伝していた業者が、書類送検されたという記事を目にしました。

           

          まぁ、こういう時期だから、「○○が効く」だの、

          「○○に予防効果がある」という記事も目にすることがあるけど、

          それを使って商品を宣伝したり、販売していたら、問題ですね。

           

          さて、話は「たんぽぽ茶」に戻りますが、

          ハーブを扱っている業者であれば、

          「ダンディライオン」という方が一般的で、

          栄養学的にはビタミンやミネラルが多く含まれているハーブです。

           

          主に西洋タンポポの根を乾燥したものを使用しますが、

          それをローストしたり、細かく砕いてパウダー状にしても使用します。

           

          ローストしていない物は生木の香りがしますが、

          長めに抽出すると、その生木の香りが何となく効くような気がします。

           

          ローストしたものは、香ばしい香りがして、とても飲みやすくなります。

           

          パウダー状の物はそのままカップに入れて飲んだり、

          お茶パックなどにいれて抽出したものを飲みます。

          よく、「たんぽぽコーヒー」といいますが、

          ローストしたものをパウダー状にして飲むと、コーヒーのような味わいを

          楽しむことが出来るので、タンポポコーヒーと言われています。

           

          ハーブ療法としても、肝臓や腎臓機能に関して効果が

          あると言われていて、お酒を飲む機会が多い人やアレルギーの人などに

          勧められるハーブです。

           

          このお茶を飲むことで、便秘が解消したという話も聞きます。

           

          *上記はローストしたタンポポの根

           

          その他、母乳に関するハーブとも言われていて、

          「母乳の出をよくする」とか「母乳の栄養価を高める」

          などとも言われています。

           

           

          実際、助産院などでは、積極的にこのハーブを飲むように

          勧めている所もあり、本当に母乳の出が良くなったという話も聞きます。

           

           

           

          ダンディライオンには、多くの栄養素が含まれていますので、

          母乳の出がよくなったり、栄養価が高くなるという期待は

          出来るかも知れません。

           

          ただし、はっきりとした臨床データーは少ないので、

          効果があると、言い切るのはちょっと怖いです。

           

          もともと、「母乳の出云々」という話は、

          タンポポの茎を切った時に、そこから出る白い汁が母乳に似ている

          ところから、母乳の出を良くする、という話が始まった、

          という説もあるのです。

           

           

          効果があるというハーブには、様々な配糖体などの化学成分が

          含まれていたり、ビタミンやミネラルが含まれています。

          ですから、それらの成分が病気の予防や治療に効果があるのですが、

          薬のように濃縮された形で含まれていないので、

          その成分による確実な効果が期待できと言い切ることは出来ません。

           

          ハーブの効果は、ファージーな効果と考えれば良いと思うんです。

          (中にはエキナセアやセントジョンズワート、ブラックコホシュのように

          高い効果をあげる物もありますが。)

           

          その事を理解してハーブを試すというのが、正しいハーブ療法

          なのではないかな、と思っています。

           

           

          新型コロナの蔓延状況によっては、

          まだまだ「怪しい」ハーブや食品が、効果があると出てくるかも

          知れませんが、その宣伝文句に惑わされずに、

          きちんとした臨床データーなどがあるものを使用するようにすると

          良いでしょう。

           

           

          さて、「たんぽぽ茶が新型コロナの予防に効果があるか?」

          という事ですが、私は「分かりません。」と答えます。

           

          そして、「効果があるかどうか分からないけど、体の健康維持のために

          飲んでみてください」と言うと思います。

           


          ハーブティーは栄養もあります。

          0

            原料ハーブが欠品していたため、作ることができなかった、

            マミーズラブハーブティーとビタミネが、

            販売再開いたしました。

             

             

            マミーズラブハーブティーは、ラズベリーリーフ、カモミール

            などをブレンドしたハーブティーで、

            当店で一番売れているブレンドです。

             

             

             

             

             

            また、産婦人科さんなどの患者様サービスの一環として、

            待合室でご提供したり、

            お産のため入院している方にも、お部屋で提供されたりしています。

             

            大変喜ばれているようです。

             

             

            ビタミネは、ビタミンやミネラルが多いハーブを使用したブレンドで、

            飲みやすさが魅力のハーブティーです。

             

             

             

             

             

            そして、どのくらいのビタミン・ミネラルが含まれているのか、

            日本食品分析センターで分析してもらったこともありました。

             

             

             

            もう、13年も前の話ですが。

             

             

            でも、この分析結果で、ハーブに含まれる栄養素というのに、

            とても興味を持ったのです。

             

            ヨーロッパでは昔から飲まれているハーブですが、

            やはり健康に貢献する飲み物というのが、分かります。

             

            食後やお茶の時間の飲み物としてのハーブは、

            日本茶、コーヒー、紅茶などに比べると、需要が少ないです。

            ですが、ビタミネのように栄養が豊富なハーブティーも

            ありますし、免疫力を強化するようなハーブティーもあります。

             

            ですから、ハーブを輸入して販売している者からすれば、

            もう少しハーブティーを飲む機会を増やして頂ければ

            嬉しいなと思うのです。

             


            生姜のハーブティー。生姜柑密温

            0

              昨日とは打って変わって、寒く、冷たい雨が降っている、

              東京昭島市です。

               

              天気図を見ると、太平洋側は雪になるような気圧配置と

              なっていますが、上空にはそこまでの寒気が入って来て

              居ないようです。

               

              今年の冬が暖冬という事もありますし、もう3月中旬、

              春ですからね。

               

              そして、

              こんな気温の上下が激しいと体調を崩す方も多いと思います。

              ちょっと咳などしていると、「コロナ」と思われて、

              周りの人から怪訝な顔をされるのも困ったものですね。

               

               

              こんな寒く雨が降るような天気におススメのハーブティーが

              あります。

               

              「生姜柑密温」です。

               

               

              このブレンドには、「ジンジャー(生姜)」、

              「カモミール」、「セージ」など代謝を高めるハーブが

              使用されていて、とても飲みやすくブレンドされている

              ハーブティーなのです。

               

              生姜がハーブだって?と思う方もいると思いますが、

              生姜はその特性から、まぎれもないハーブです。

               

              ハーブというのは、その植物本体に含まれる化学物質が、

              何らかの機能を有し、特に人体に良い影響を与えるものが、

              ハーブという定義に当てはまるのです。

               

              生姜には、ジンゲオールなどという成分が含まれ、

              これらの成分には、高い抗酸化作用があり、

              また代謝を高める効果などが確認されています。

               

              ですから、生姜を食べると体がホカホカしてくるという経験を

              多くの方がしていると思います。

               

              そして、免疫力を活性化する働きもありますので、

              風邪を引いた時、予防のためには、おススメのハーブです。

               

               

              ジンジャーは、スーパーや八百屋さんにも売っているので、

              手軽に購入し食べることができるので、

              生姜焼きなどの食材として摂取できますが、

              お茶として飲むのも良いです。

               

              この生姜柑密温は、その他のブレンドされているハーブの香り

              と良いハーモニーを作っているので、

              香りも楽しむことが出来ます

              こんな寒い日は暖かいお部屋で、

              このハーブティーをお楽しみください。

               

              *本日午後3時までにご注文を頂ければ、

              本日発送が可能です。宜しくお願いいたします。

               

               

               

               


              毎日飲んでも美味しい、エキナセア

              0

                先日、「最近ネット売れている商品」というテーマでも

                書きましたが、昨日もエキナセアの大量注文を承りました。

                 

                そこのショップさんは、普段でもエキナセアを多く注文して頂いて

                いますが、今月に入ってからその量が随分と増えてきたのです。

                 

                ありがたい事です。

                 

                 

                もちろん、他のショップさんやサロンさんでも、

                エキナセアのご注文を頂いており、

                やっぱり冬が近い事、風邪やインフルエンザの流行する時期に

                なったことを実感します。

                 

                そして、エキナセアが売れるということは、

                ミャンマーの農家の人たちにも嬉しい事です。

                 

                *味や香りのテストをしているところ

                 

                 

                そうなんですね、エキナセアはすべてミャンマー産に変わったのです。

                 

                品質も良く、美味しいエキナセアですので、

                習慣的に飲むにも抵抗がありませんよ。

                 

                 

                今年の冬はエキナセアで、風邪知らず・・・です!!!!

                 


                明日ミャンマー産のエキナセア&ネトル入荷

                0

                  先日もお知らせしましたように、

                  テンドルマンでは、ミャンマーの農家人たちの生活向上を応援する

                  組織に賛同して、ミャンマー産のハーブの販売を開始いたします。

                   

                   

                  このハーブを栽培しているのは、ミャンマーのリンレイ村という村で、

                  以前はタバコの葉の栽培を行っていたのですが、農薬などの影響で、

                  体調を崩したり、また収入が安定しなかったりする問題が発生していました。

                   

                   

                  そのような状況の中で、日本のあるベンチャー企業が、

                  この地で無農薬ハーブの栽培を始めて、農民たちにもそのハーブ栽培を

                  勧めるようになり、健康被害を食い止めて農業が出来る環境を作ったのです。

                   

                   

                  また、彼らの収入も少しずつ増えるようになってきたのです。

                   

                   

                  テンドルマンでは、このベンチャー企業を応援し、

                  ミャンマーの人たちの生活を応援すべく、

                  ミャンマー産のハーブ販売に力を注いで行きたいと思っています。

                   

                   

                  尚、明日到着するハーブは、ネトルとエキナセアです。

                  現在、ハイビスカスがミャンマー産になりましたので、

                  これで3種類のハーブを販売することになります。

                   

                   

                   

                   

                  農園の全景です

                   

                   

                   

                  エキナセア

                   

                   

                   

                   

                  ネトル

                   

                   

                   

                  エキナセアとネトルの販売開始は、11月5日からを予定しています。

                   

                  今後はレモングラスやペパーミントなどへと、取り扱いハーブを増やす

                  予定でいます。


                  秋、セント・ジョンズワートを試してみてください

                  0

                    今日は涼しい朝を迎えました。

                     

                    台風が去って、大陸から冷たい空気を持った高気圧が張り出してきて、

                    本格的な秋の到来を感じさせられる気圧配置となったからです。

                     

                    そして、秋の到来と共に、体調に変化を感じる人も多いと思います。

                     

                    気温の変化によって自律神経のバランスが崩れ、

                    それに伴ってホルモンバランスも崩れて、

                    体調の不調を感じてしまうことになるのです。

                     

                    特に病的な問題が無ければ、季節が安定すればいつの間にか

                    治ってしまうものです。

                     

                    前にも書きましたが、体調は気候と密接な関係があり、

                    特に気候が大きく変わる季節には、その症状が顕著に出る場合が

                    あるからです。

                     

                    その一時的な体調の変化でも、しばらくの間不快な思いをするのは、

                    あまり気分の良いものではありませんね。

                     

                     

                    そんな時に役立つハーブが、セント・ジョンズワートです。

                     

                     

                     

                    和名では、西洋オトギリソウと呼ばれるハーブで、

                    主に北アメリカ大陸に自生しているハーブです。

                     

                    アメリカ大陸に住む、ネイティブアメリカンたちが昔から

                    使用していたハーブの一つで、彼らはこのハーブのことを、

                    「夜明けのハーブ」と呼び、ちょっと気分がすぐれない時に使用すると、

                    夜明けを見るような、スッキリした気分になることから、

                    このように呼ばれていたといいます。

                     

                    主な成分はヒぺリシンと呼ばれる成分で、

                    これがセレトニンホルモンの分泌を促すことにより、

                    体調不良の改善に役立つというのです。

                     

                     

                    ドイツなどでは、医薬品と同じ扱いがされていて、

                    特にうつ病などの時には、副作用がない薬として、重宝されているようです。

                     

                     

                    いずれにしろ、季節の変わり目などで、

                    何となく体がだるい。

                    何となく気力が出ない。

                    夜眠れない。

                    などの症状があったら、一度、このハーブを試してみる価値はあります。

                     

                     

                    注意ですが、不整脈に薬や抗HIV約など、一部の薬を使用している方が、

                    このハーブを使用すると、その薬の効果を弱める場合があります。

                     

                    薬を飲んでいて、不安な方はテンドルマンまでお問合せ下さい。

                     

                     

                     

                     


                    収穫の秋、ハーブも19年産に変わりつつあります。

                    0

                      消費税が変更になり、3日経ちました。

                       

                      でも、まだ変更に伴う作業が終わっていません。

                       

                      今回は軽減税率だの、クレジットのポイント還元だの、

                      複雑なことが多すぎて、小さな小さな企業では、

                      なかなかその対応が追い付かないのです。

                       

                      まぁ、作業している私の頭が老化しているから、

                      遅いのかも知れませんが・・・・??

                       

                      ”そんな苦労して徴収した税金、大切に使って欲しいですね!!!”

                       

                       

                      さて、収穫の秋を迎え、ハーブなども今年収穫したものが、

                      入荷を予定できる季節になりました。

                       

                      アメリカやミャンマー産のハーブが少しずつ入ってきます。

                      特にミャンマー産は、品質も良く、また私たちがこのハーブを

                      使うことで、ミャンマーで生活する人たちの生活を支援する、

                      そんな素敵なサイクルを作ることができるハーブです。

                       

                       

                       

                       

                      価格的には、現在より若干高くなる予定ですが、

                      その分社会貢献ができると思えば、良いかなとおもうのと、

                      何て言っても品質が良いという事なので、皆さんにご納得

                      して頂きたいと思います。

                       

                       

                       

                       

                       

                      現在、ハイビスカス、ネトル、エキナセア、レモングラスなどを

                      ミャンマー産に切り替える予定でいますので、

                      どうぞお楽しみにしてください。

                       

                       

                      それと、メドウズのローズウォーターですが、

                      今月中旬に入荷予定予定のロットから、

                      19年産のローズを使用したものになります。

                       

                      どうぞお楽しみに!!

                       

                       

                       


                      | 1/9PAGES | >>