calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

カモミール

0

    今日はカモミールの話です。

     

    ひと口にカモミールといっても、

    数種類のカモミールがあります。

     

    ハーブティーとして、一般的に使用されるのは、

    ジャーマンカモミールで、

    味はちょっと落ちますが、ローマンカモミールも、

    ティーとして使用する人もいます。

     

    カモミールは、ヨーロッパの伝統的なハーブ療法では、

    よく使用されるハーブの一つで、

    薬が簡単に手に入らない時代には、

    「万能薬」として使用されていたようです。

     

     

     

     

    確認されているだけでも、

    腹痛などお腹のトラブル、頭痛、風邪、不眠、

    精神的な不安など、様々なケースで使用されています。

     

    カモミールの使用に関してよく例にでるのが、

    イギリスの童話、「ピーターラビット」の話の中に、

    「風邪をひいたらカモミールティー」という話があります。

     

    それだけ、一般的に使用されているハーブと言えましょう。

     

    カモミールティーは、単品でも美味しいですが、

    先日話をしたレモンバームやラベンダーなどとブレンドしても、

    美味しく飲む事ができます。

     

    また、風邪や夜眠れない時にオススメは、

    「カモミールミルクティー」です。

     

    お鍋に、カップ一杯の牛乳と

    ティースプーン大盛り一杯のジャーマンカモミールを入れ、

    火にかけます。

    温まってきたら火を止めてフタをし、3分ほど蒸らします。

    茶こしなどで濾しながらカップに注いで飲みます。

     

    ほのかな甘みを感じ、とても飲みやすく、体も温まります。

     

    是非、お試しください。


    レモンバーム

    0

      昨日に引き続きハーブの話です。

       

      レモンバームというハーブは、

      私が最初に興味をもったハーブの一つです。

       

      別名をメリッサと言い、ヨーロッパではとても

      ポピュラーなハーブです。

       

       

      そして、私が興味を持ったのは、レモンバームの生命力です。

      一株のレモンバームを庭に植えたところ、

      数年後には庭一面、レモンバームだらけになってしまったのです。

       

      また、種が飛んだかどうか分かりませんが、ちょっとした

      土があるところにも、レモンバームが生育していたのです。

       

      この強い生命力からハーブ療法ではよく使用され、

      長寿のハーブとも言われるようになったのです。

       

      レモンバームはその名前の通り、レモンの香りがして、

      スッキリとした爽やかさで、とても飲みやすいハーブの一つです。

       

      このハーブには、自律神経を安定する働きがあり、

      心に不安を抱えている人、不眠症の人、胃腸が弱い人などに、

      特にオススメです。

       

      レモンバームをティーする場合、もし、庭にレモンバームがあるのでしたら、

      是非、生の葉でティーを作って下さい。

      ドライの葉には無い、香りと自然の息吹を感じることが出来るでしょう。

       

      ジャーマンカモミールやペパーミントとブレンドしても美味しいですし、

      夏場は冷たくして飲むのもオススメです。


      ペパーミント

      0

        最近、ペパーミントをお買い上げ頂く方や、

        ネットで検索している方が多くみられます。

         

        何かテレビや雑誌で特集があったのでしょうか?

         

        そこで今日は、ペパーミントについて書いてみたいと思います。

         

        ペパーミントと言えば、私は「ハーブの王様」と思っています。

        それは、ハーブが持つすべての特徴、

        「リラックス効果」「活性効果」「解毒効果」などを、

        バランス良く備えているからです。

         

        ペパーミントはハーブに多い、シソ科の植物で、

        生命力の強い多年草です。

         

         

         

        ミント類には、ハーブティーとしても使用されるスペアミントや、

        主に園芸用として使用される、アップルミントやパイナップルミント

        などがあります。

        また、北海道などで多く栽培されている、

        ニホンハッカなどもハッカ飴などに利用されていますね。

        いずれにしても、多くの方に愛されている植物です。

         

        ハーブを良く知らない人にとって、

        ハーブというのは、ペパーミントの代名詞のような印象があるようで、

        「ハーブって言うと、歯磨き粉にはいっているスーとするもの」

        という会話を交わした事が何度かありました。

         

        ペパーミントの栽培はとても手軽に出来るのですが、

        園芸センターなどで販売されている苗には、交雑した物も出回っていて、

        ちょっと見ただけでは分からない事があるので、注意が必要です。

        純粋なペパーミントを育てるのであれば、

        信頼のおける種の専門店から購入し、そこから育てるのが良いでしょう。

         

        ペパーミントティーはフレッシュな葉を使うのも良いですし、

        乾燥したものを使うのも良いです。

         

        お店で販売しているのは、ほとんどが乾燥したものですが、

        もし、ご自分で栽培されているのでしたら、

        フレッシュな葉をティーにする事をオススメします。

         

        美味しい淹れ方ですが、

        フレッシュな葉10枚位摘んできて、軽く水洗いします。

        茶こしのついているポット(3〜4人分)に葉を入れて、

        熱湯を注ぎます。

         

        約5〜6分程度蒸らしてから、カップに注いでお飲みください。

         

        乾燥したものを使用する場合には、ティースプーン2〜3杯程度の

        葉を茶こしに入れ、熱湯を注ぎ3〜5分程度蒸らしてください。

         

         

         

         

        ハーブ療法としては、

        主に食べ過ぎや消化不良、胃痛などお腹のトラブルに使用します。

        また、体をクールダウンする効果もありますので、

        冷やしたものを夏場に飲むと、心も体もスッキリさせてくれます。

         

        これからのシーズン、ペパーミントティーはオススメの飲み物です。

        カフェインなども含まれていませんので、どなたにも安心して

        お飲み頂けるハーブティーです。

         

         

         

         

         


        たんぽぽ

        0

          先日、テレビで「たんぽぽ」の生命力について放映していました。
          ハーブの世界では「ダンディライオン」という、
          呼び方が一般的で、ハーブ療法に使用できる代表的なハーブです。
          そして、その力の源が理解できるような内容の番組でした。


          春になると、野原や街の路地やコンクリートの隙間に、
          黄色いきれいな花を咲かせているのを見かけますね。
          「こんな所にも!!」、驚かされることがあります。

           

           

          それだけ、生命力が強い植物で、
          昔から植物療法として使用するのも分かるような気がします。

          ダンディライオンは主にその根を使用します。
          根を良く乾燥させたものを細かく砕いただけで使用したり、
          乾燥させた物をローストしてから砕いて使用したりします。

          どちらを使用しても良いのですが、
          高い効果を出したいのなら、ローストしていない方が、
          熱による成分の壊れが無い分、良いかと思います。

           

          味はローストした物の方が美味しいですが・・・

           

          淹れ方は他のハーブと同じですが、
          形状が大きなものの場合、蒸らす時間を長く取らないと、
          十分に成分が抽出されません。

          目安としては、5分程度が良いでしょう。

           

          さて、効果ですが、
          腎臓や肝臓の機能を強化する作用。
          腸の活動を活発にし、便秘の解消。
          アレルギー体質の改善。
          母乳の出を良くしたり、栄養を高める作用。

          などが報告されています。

           

          そして、根を使用するハーブの特徴ですが、
          根は大地に張り付き、強い生命力の源である事から、
          体の根源の強さを高める作用があると言われます。

          腎臓や肝臓は、体の強さの源ですので、

           

          ダンディライオンを常に飲んでいると、
          体も浄化され、免疫力も強化されるという事なのです。

           

           

           

          また、これからの季節、強い紫外線に曝される機会が多くなります。
          紫外線は体を酸化(老化)させる原因にもなりますが、
          ダンディライオンには抗酸化作用(老化防止)の効果も
          確認されています。


          そのような訳で、健康維持の為にも、
          ダンディライオンを毎日飲むことをオススメしたいです。

           

          *「たんぽぽ」には、日本たんぽぽと西洋たんぽぽがあり、

              ハーブ療法で主に使用されるのは、西洋たんぽぽです。

           

          ☆★//☆★//☆★//☆★//☆★//☆★//☆★//

           

          ダンディライオン ロースト 20gx2個
          (現在の形状はパウダーです)


          ダンディライオン サプリメント90CAP


           


          シナモンには発汗作用が。

          0

            シナモンに身体を温める効果がある事を、

            ご存知の方は多いと思います。

             

             

            そして、当然発汗作用もあり、脂肪燃焼効果も

            あるハーブのひとつなのです。

             

            このシナモンを、お鍋などで煮詰めて抽出した物を、

            運動をする時の水分補給用に利用すると、

            その驚くべき発汗作用に驚かされますよ。

             

            作り方は、

             

             

            水を入れたお鍋にシナモンを入れ、

             

             

            それを沸騰させます。

             

             

            その後、フタをして弱火で約15分程度煮詰めます。

             

            それを濾してシナモンを取り出せば出来上がりです。

             

            これを水筒や空のペットボトルに入れ、

            運動する時や、普段の水分補給に使用すると良いですよ。

             

             

            シナモンの香りと天然の甘みが、

            とても美味しく飲みやすい飲み物となります。

             

            【注意】

            ・水、300〜500CCに対して、軽くひとつまみ、

            (この写真の量位)が適当です。

             ただし、使用するシナモンによって甘みや辛みが異なります。

             上記の量を目安にして、量を調節して下さい。

             

             


            夏場のハーブの保存は?

            0

              夏になると、よく聞かれることに、

              「ハーブをどうやって保存すれば良いのか?」

              というのがあります。

               

              テンドルマンで扱っているハーブは、

              主に、アメリカやイギリスのオーガニックハーブを扱う、

              専門の業者(農場も持っています)から、

              定期的に直接輸入しています。

              (一部は国内のオーガニック食材を扱う業者から、

               購入しています。)

               

              私たちは小さな会社ですから、

              2〜3ヶ月に1回程度、

              その位の期間に売り切れる量を輸入して、

              皆様のところに新鮮なハーブをお届けしたいと思っています。

               

              ですから、

              夏の間に極端に品質が劣化するということは無いのですが、

              一番困るのが虫の発生です。

               

               

              *シバンムシ

               

               

               

              成田空港について、食品検査を受ける時に

              虫がいるとそのままでは輸入できませんので、

              海外から出荷する時には、厳重にチェックをしてもらい、

              輸送ということになります。

               

              大手の業者の場合、燻蒸という殺虫方法で虫を殺したり、

              つきにくくする所もあるようですが、

              テンドルマンでは、一切そのような処理を行わず、

              そのまま、こちらに輸送されてきます。

               

              ハーブにつく虫は、主にシバンムシという虫で、

              植物の繊維などを食べ、

              世界中の至るところに生育している生命力の強い虫です。

               

              そして被害に遭いやすいハーブは、

              リンデン、カモミール、フェンネルなどが多く、

              袋のちょっとした隙間から侵入してしまいます。

               

              そこで、

              1)ハーブの作業をしたら、周りにカスが残らないように

              きれいに掃除をする。

              2)保存は厚手の食品用ビニール袋に入れ、

              しっかりと口を締める。

              3)作業場の窓は必ず閉める。網戸でも侵入の可能性がある。

              4)もし、一匹でも見つけたら、必ず駆除をし、

              虫がつきやすいハーブをチェックする。

              5)夏場は状況により、閉店後もエアコンを動かし、

              温度と湿度を低く保つようにする。

               

              以上のようなことをテンドルマンでは、実践しています。

               

               

              ご家庭で保存する場合も、

              必ず厚手のビニールの袋か、

              アルミコーティングがしてあるような紙袋にいれ、

              口をきちんと締めてください。

               

              薄手のビニールや紙袋では、穴を開けて侵入する場合もあります。

               

              冷蔵庫や冷凍庫に保存すると完璧です。

               

              そして、万が一ハーブの中に虫を見つけた場合ですが、

              白い紙などの上にハーブを広げ、明るい所に置くと、

              出てきますので、それを駆除してください。

               

              または、これはオーストラリアのハーブ栽培家、

              Greg Whitten氏推奨の方法ですが、

              袋に入れたハーブをマイナス20℃の冷凍庫にいれ、

              4〜5日そのままにしてください。

              これで、シバンムシはほとんど死滅します。

               

              それを、網の付いたふるいにかけて、死骸を取り除けば、

              大丈夫だと言っていました。

               

              *中央がGregWhitten氏 2005年11月

              現在、彼は自家用を除いてハーブの栽培をやめました。

               

              最後に、虫がつくという事は、

              そのハーブが無農薬で栽培されている証明ともいえます。

              また、万が一その虫を口に入れてしまったとしても、

              大きな問題は無いとの事です。

               

              でも、やっぱり気持ちが悪いですよね。

               

              テンドルマンでは、ハーブに虫がつかないよう、

              厳重に注意しながらお届けするよう努力をしています。

              もし、ハーブについて何かございましたら、

              遠慮なくお問い合わせください。

               

               

               

               

               

               


              ローズヒップ

              0
                ローズヒップには、
                ビタミンCが多く含まれています。

                その量は、
                100gのローズヒップに、約250mgビタミンCが
                含まれていると言われてます。
                (天然の物なので、栽培環境や抽出法などで差異があります。)

                これは同じ100gレモンの約2.5倍含まれている事になります。

                ハーブティー1杯だと・・・、約10mgになります。

                ちなみに、ローズヒップチンキ1oz(約30ml)には、
                942mgも含まれているものがあったらしいです。


                ローズヒップは、バラの花が咲いた後に出来る、
                種が入っている部分です。



                これを乾燥させて砕いて、↓のような状態にします。





                一人分が約2g、ティースプーン一杯分のローズヒップに
                熱湯を注ぎ、約5分程度蒸らしてからお飲みください。


                仄かな酸味が飲みやすく、
                多くの方が勘違いしている「酸っぱいティー」とは、
                ちょっとイメージが違います。


                ビタミンCは、様々な身体の働きを助ける効果がある、
                「補酵素」の一種で、免疫力を強化したり、抗ストレス作用
                などもある栄養素です。


                これから、
                風邪やインフルエンザが流行る季節です。

                美味しいローズヒップを毎日飲んで、
                健康的な毎日を過ごして下さい。

                 

                ハーブにも成分分析表(検査証明書)があります。

                0
                  テンドルマンがいつも輸入するアメリカの業者は、
                  輸入したハーブ全てにおいて、
                  「成分分析表(Certificate of Analysis)」がついているのです。

                  エッセンシャルオイルやキャリアオイルには、
                  この証明書が付くことは良くあるのですが、
                  ハーブでこの文書を出すところは、あまりないような気がします。

                  ↓ 以下は、先日届いたハーブの証明書

                  DSC_0127.jpg

                  それだけ、その業者はその製品に自信を
                  持っている証拠でしょうし、
                  テンドルマンとしても、安心して皆様に販売できる証しとなるのです。


                  この証明書には、
                  殺虫剤などの化学的物質が含まれていない、
                  酵母菌やカビ菌、大腸菌、サルモネラ菌などが、
                  付着していない等の証明がされています。

                  また、放射線を当てて、殺虫や何らかの処理が行われていない事や、
                  遺伝子組み換え農産物でない証明もされています。

                  さらに、包装されている袋も、食品保存仕様のプラスチック袋に
                  保存されていることも証明されているのです。

                  されに、証明書には無いのですが、
                  出荷時に金属探知機などで、異物検査も行っており、
                  当然、テンドルマンでの出荷時における異物チェックは
                  行っておりますので、皆様に安心して飲用して頂くことが、
                  出来るのです。

                  ただし、ハーブにはどうしても植物由来の様々な夾雑物が含まれる
                  可能性があります。
                  そして、農薬を使っていない為、長期保存した場合、
                  虫などの発生(特に夏場)も考えられます。

                  これらを完璧に取り除く事は、とても難しいため、
                  たまに、これらがハーブの中に入っている可能性もありますので、
                  それをご承知の上、ご使用頂けるとありがたいです。

                  いずれにしろ、
                  製品には十分な自信を持って供給させて頂いております。
                  是非、末永くこのハーブをご愛顧頂ければありがたいです。



                   

                  喜怒哀楽にハーブティーを合わせるとしたら・・・

                  0
                    喜怒哀楽にハーブティーを合わせるとしたら・・・


                    「喜」

                    何だかエネルギーが満ち溢れている感じがします。

                    ですから、

                    P1010012.JPG

                    ビタミン・ミネラル豊富な「ビタミネ」です。


                    「怒」

                    誰にも怒りを感じる事はあります。

                    そんな時は、カームダウンで、

                    P1010001.JPG

                    リラックス系のブレンド、
                    「グッドナイトブレンド」ですね。

                    「哀」

                    哀しい時、ちょっと力を与えてくれるハーブ!


                    P1010006.JPG

                    ハイビスカスやペパーミントがブレンドされている、
                    「パワーブレンド」がお勧めです。


                    「楽」

                    楽しい時、

                    そう、自分が美しくなると、
                    楽しいですよね!?

                    P1010005.JPG

                    「ビューティーブレンド」はいかがですか?

                    こんな感じで提案してみましたが、
                    いかがですか・・?



                     

                    輝く目を!!アイブライトの話

                    0
                      “Eyebright”を直訳すれば、
                      「輝く目」という名前を
                      持ったハーブなので、
                      目に対する効果が高いハーブです。
                       

                      特に目の粘膜の炎症には、
                      良く使用されていて、
                      花粉症時の目の痒みなどの時に
                      使用すると良いでしょう。
                       

                      また、ビルベリーと共に、
                      目の疲れにも効果があり、
                      長時間パソコンで仕事をする人には、
                      おススメです。
                       



                      また、我が家での経験ですが、
                      家には「キャバリア」という犬種の犬を
                      飼っています。
                       
                      この犬種は目が大きく、ちょっとした事でも、
                      目を傷つけてしまうのです。
                       

                       
                      ところが、このアイブライトを使用すると、
                      数日のうちに症状が軽くなるのです。
                       
                       
                      当初は獣医さんから目薬をもらっていましたが、
                      あまりにも頻繁なので、
                      このアイブライトを使用したところ、
                      驚くべき効果が出
                      たのです。
                      (傷があるので、エキナセアと併用しました。)
                       
                       
                      我が家では、欠かせないハーブのひとつです。
                       
                       
                      テンドルマン厳選通販、
                      エクレクティック アイブライト チンキ 1oz


                       


                       

                      | 1/5PAGES | >>