calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

自然現象は、いろいろ影響を与えます 

0

    今日は、8月22日。

    今日の天気は曇り、晴れです。

     

     

    今日は朝からお日様が出ていますが、

    8月になってから、本当に良い天気と呼べる日が

    少ないですね。

     

     

    こんな天気で影響を受ける人もたくさんいると思います。

     

    先ず、海の家。

    こんなに天気が悪ければ、海に行く人も少ないでしょう。

     

    カキ氷屋さんやアイスクリーム屋さん、も影響あるでしょうね。

    特に観光地では、天気が悪いと、早々に宿に引き上げると、

    外ではお買い物しなくなってしまいます。

     

    そして、農家の人たち。

    作物の生育は、お天気に大きく影響をうけます。

    予定通り育たなければ、収益にも影響を与えます。

     

    反対にショッピングモールやインドアの施設などには、

    多くの人が集まっているようです。

     

    寒くても、暑くても、雨が降っても、エアコンの効いた建物で、

    一日過ごすことができますからね。

     

    天気と健康ということで、ブログも書いていますが、

    天気は経済活動にも大きな影響を与えているのです。

     

    天気というか、自然が影響を与えているという風に

    言い換えた方が良いかも知れません。

     

    私たち人間の生活は、どんなに科学が発展しても、

    常に自然の影響を受け、自然と共に生きているということを、

    考えなければいけないと思うのです。

     

    それを考えると、「都会はコンクリートジャングル」というのも、

    別の意味で理解できるかもです。

     

     

     


    真夏の太陽

    0

      今年の夏の天気は、いつもと随分と違い、

      関東地方は8月に入ってから、

      雨の降る日が多いですね。

       

      マスコミなどは、これを異常気象などと言いますが、

      地球の長い歴史の中では、こういう現象は、

      起こりうる現象のひとつで、私は異常と呼ぶには、

      ちょっと違和感を覚えます。

       

      ですが、真っ青な空に白い雲、照りつける太陽、

      セミの鳴き声、そんな夏が良いですね・・。

       

       

       

      ところで、雨が続く天気だと、

      何となく気分も沈みがちになりませんか?

       

      前にも天気と健康という題で、ブログを書きましたが、

      太陽が出ない日が長く続き、雨が降ると、

      体のホルモンバランスも大きく崩れる人がいます。

       

      様々な原因があり、ひとつに特定する事は出来ませんが、

      脳から分泌される、

      セレトニンやメラトニンというホルモンが、

      関係するケースも考えられます。

       

      これらのホルモンは、太陽の光を感じると、

      分泌量が多くなり、それにより、気分を晴れやかにしてくれる、

      そんな作用もあるのです。

       

      ところが、天気が悪く、太陽が出てないと、

      これらのホルモンの分泌が減り、

      ちょっと、落ち込みやすくなると言えるのです。

       

      天気が良くなれば、晴れやかな気分になれるのは、

      まさにこのホルモンと関係していると言えるでしょう。

       

      天気が良くなるのを待てない場合は、

      セント・ジョンズワートがオススメです。

       

       

       

      これは、セレトニンホルモンの分泌を促し、

      気分を晴れやかにするハーブです。

       

      アメリカのネイティブアメリカンたちが、

      夜明けのハーブと呼んでいたことから、

      近年では、医療の分野でも利用するハーブのひとつです。

       

      1回1カプセルを、1日1〜3回摂る事をオススメします。

       

      それにしても、やっぱり青空が恋しいですね。

       

       

       

       

       


      時移りし、そこに新しい芽生えあれ

      0

        先日、お付き合いがある秋田県の農家の方から、

        メールを頂きました。

         

        長く牛の肥育を行っていた、一軒の農家で、

        その牛舎の撤去作業が始まったとの事です。

         

        牛の肥育は、現在のご主人のお父さんが始め、

        一時は東日本のチャンピオンの牛を育てるほど、

        頑張ってやっていた農家です。

         

               

        *1991年頃の写真

         

        ただ、そのご主人が亡くなり、

        息子さんが跡を継いで頑張っていたのですが、

        昨今の農業事情から、牛の肥育から手を引いた、

        という話を聞いていました。

         

        壊す作業をみていた、先代の奥さんは、

        「お父さんに、申し訳ない」と言っていたそうですが、

        メールを送ってくれた方が、

        「大丈夫、通じているから」と、奥さんに話をしたそうです。

         

        時の流れは、明るい方向に進む時もあります。

        でも、その反対になる事も多いです。

         

        日本の農業がこれからどのように進むのか?

        なかなか読めない事が多く、

        その中で、たくさんの農家の方が、翻弄されているのが、

        現状ではないでしょうか?

         

        人は、自動車やIT機器を食べて生きてはいけません。

        食糧を作る、農業という分野を軽くみてしまうと、

        その国の衰退というのを、感じざるを得ないのです。

         

        そのメールを頂いたのは、旧盆前の事ですので、

        きっとこのブログを公開する頃には、

        牛舎はきれいに無くなっているかも知れません。

         

         

         

         

         


        これからの夏バテ防止には・・

        0

          旧盆のお休みが終わると、

          何となく夏も終わってしまうという感じがします。

           

          おっと!! 

          これから夏休みを取られる方もいらっしゃいますね。

          失礼しました。

           

          //☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆//☆

           

          さて、8月の後半になると、日も短くなりますが、

          暑さはまだまだ続きます。

           

          暑さに慣れてきているとはいえ、

          今までの暑さで、体も疲れていますので、

          体調の管理には、気を付けなければなりません。

          (今年は雨が多く、涼しい日も多いですが・・)

           

           

          食事のアドバイスとしては、

          ビタミンB群の豊富な、豚肉や豆類などのタンパク質を

          積極的に摂ると良いでしょう。

          体が疲れると、免疫力が落ちます。

          キノコ類、特にマイタケなどには、免疫力を強化する、

          β-グルカンという成分が多くふくまれているので、

          これも積極的に食べるようにしてください。

           

           

           

          また、季節の果物として出回っている、

          梨や桃、ブドウなどにも、人が必要なビタミンやミネラルが

          多く含まれていますので、疲れた体には、効果があります。

           

          サプリメントでは、ビタミンCがオススメです。

          日焼けした肌の修復や免疫力の強化に役立ちます。

           

          ビタミンCのサプリメントは、

          タブレット型、カプセル型共、1つに500mg程度含まれて

          いるものがオススメです。

           

           

          医薬品として販売されているビタミンC錠でも構いませんが、

          出来れば、コーンやサツマイモを原料としている、

          天然型のビタミンCをお求めになると良いでしょう。

           

                       

           

           

           

          オススメの会社は、アメリカの“Nutricology”で、

          個人輸入ができますので、試してみてください。

           

           

          もし、ご自分では・・、という方には、

          テンドルマンが代行輸入を行いますので、お問合せ下さい。

           

          今日の記事を参考にして頂き、

          夏バテの防止に役立てて頂ければ、幸いでございます。

           


          柔軟剤の香り

          0

            昨日の朝日新聞に、衣類の柔軟剤の「香害」について、

            書かれていました。

             

            ここ数年、柔軟剤の香りについての話題は、

            時折目にし、耳にする事ですが、

            記事を読むと、改めてその深刻さについて、

            知る事ができました。

             

            「香り」を作り出す物には、

            自然の物と人工の物があります。

             

            自然の香りは、アロマの香りのように、

            植物など、自然界に存在するものであり、

            人が古来より接してきたものです。

             

            人工の香りは、石油などを原料にして、

            自然の香りに近いものを作り出したもので、

            これは、近年になってから存在するように

            なりました。

             

            柔軟剤などに使用されているものは、

            香りを長期間維持する必要から、

            人工のものが多いといいます。

            (すべて、人工だけでなく、天然の香りも

            使用しているものや、人工と天然が混ざっている

            ものもあります。)

             

            人工の香りというのは、

            人が認識する香りとしては、経験が浅く、

            そのために、気分が悪くなったり、

            アレルギーを発症する人も出てくるのです。

             

            私も、デパートなどの香水売り場や、

            雑貨売り場にいき、強いにおいを嗅いだりすると、

            クシャミがでたり、鼻水が出てしまう時があります。

             

            それが、テンドルマンの店内では、

            そういう事が起こらないのです。

             

            かなり香りは強いと思いますが・・。

             

             

             

            また、自然の香りでも、その人にとって嫌いな香りの場合は、

            気分が悪くなったりする人もいるようですが、

            人工の香りほどでは無い、ということを聞いたこともあります。

             

            多くの人が狭い空間に集まる、

            通勤電車などでは、他人の柔軟剤や香水やコロンの香りが、

            混ざり合えは、「香害」になるのも理解できます。

             

            対策としては、容量を守る、ということをメーカーは言っていますが、

            確かに今のところは、それしかないのかも知れませんね。

             

             


            天気と体調

            0

              天気と、人の健康って、意外と関係あるのです。

               

              何となくそれを感じている人もいると思いますが、

              それは、頭痛や眠気、関節の痛みなどで感じるようです。

               

               

              科学的にも、低気圧が近づくと、気圧が下がり、

              ちょっと山に登ったような状態になり、

              敏感な人は、それでいろいろな症状が出るようです。

               

               

              天気が良いと、太陽の光や青い空という、

              視覚的な問題で、気分が爽やかになる事もあるようです。

               

               

              まだ、確実な因果関係というのは、

              個人差もあり、証明されていないようですが、

              人も自然の一部、何となく、そんな事を感じます。


              日本猿も、薬効効果のある植物を食していた

              0

                先日、チンパンジーが体調が悪い時に、

                食べていた植物の話をしました。

                 

                京都霊長類研究所の調査によると、

                日本猿も、薬効成分の含まれている植物を、

                食べる時があるという、観察記録があります。

                 

                これは、長野県志賀高原に生息する日本猿の観察結果ですが、

                制ガン作用があるという、ハイイヌガヤ。

                 

                 

                 

                強壮作用がある、サルナシ。

                 

                 

                これらの植物を食べているという記録あるそうです。

                 

                日本猿が、体調不良としてこれらを食しているのか、

                普通の食糧としてこれらを食しているのかは、

                何とも言えないようですが、

                自然と薬効作用がある植物を選ぶというのは、

                凄い事だと思うのです。

                 

                植物と動物との関わりは、

                お互いが持ちつ持たれずの関係にあり、

                特に動物にとっては、植物が持つ様々な薬効成分は、

                その種の維持において、とても重要な物だったと、

                思うのです。


                チンパンジーの病気治療は?

                0

                  私たち人間が、病気になったり、

                  具合が悪くなった時には、

                  大抵の人はお医者さんの診察を受けますね。

                   

                  軽い症状の時には、ドラッグストアーなどで

                  売っている薬を、買って飲んだりします。

                   

                  野生の動物たちはどうでしょう?

                   

                  京都大学の霊長類研究所という、

                  霊長類を研究している機関があります。

                   

                  そこの研究によると、いろいろと面白い事が

                  分かってきているのです。

                   

                   

                   

                  例えば、野生のチンパンジーが、

                  お腹を壊した(らしい)時に、必ずといって食べる植物が

                  あるそうです。

                   

                  アフリカ、タンザニアのゴンベ高原に生息する

                  野生のチンパンジーの場合は、

                  「ベルノニア」と呼ばれる植物を食べて、

                  そして吐き出すという行為を行っていたのが観察されて

                  いたようです。

                   

                  ベルノニア Vernonia anthelmintica

                   

                   

                  ベルノニアは、とても苦い植物らしく、

                  それをわざわざ食べ、吐き出すということは、

                  食料として食べているのではなく、

                  「何か」の目的のために食べていると想像できるのです。

                   

                  その「何か」とは、つまり薬の事です。

                   

                  これは、明らかに具合の悪いチンパンジーの行動を

                  観察していた結果との事ですので、

                  この個体は、自分の体調を知り、

                  それを治すために、この植物を使用したと考えられるのです。

                   

                  その他にも、抗菌活性があるアスピリアという植物を

                  食べていた個体もあったようです。

                   

                  この本を読んだ時、

                  多分、私たち人間の祖先も自然に生育している植物を、

                  体調の悪い時に食べていた(使用していた)、

                  ということが想像できたのです。

                   

                  そして、生物って凄いな!という事を感じたのです。


                  夏の天気

                  0

                    普通は、梅雨明け宣言がされると、

                    安定した晴れの天気が続くものですが、

                    ここ一週間位の天気は、雨模様の天気となっています。

                     

                    ただ、梅雨の時とは違い、

                    突然の大雨が降ったりして、

                    何とも変な天気です。

                     

                    これは、天気図を見てもよく分かるのですが、

                    日本の東から南海上にかけて、

                    現在は2つの台風、そして、台風崩れや

                    台風の卵のような雲の塊が、

                    気象衛星の画像からも見て取れます。

                     

                    これは一つには太平洋の高気圧の張り出し方と

                    勢力に問題があると思うのです。

                     

                     

                     

                     

                    確か、昨年も太平洋高気圧の中心が、

                    通常年より北に偏っていたため、

                    台風が高緯度で発生し、そのまま日本に接近したため、

                    北海道などに多大な被害を与えたのは、

                    記憶に新しいことです。

                     

                    今年もあるべき位置に太平洋高気圧の中心が無いので、

                    台風5号は、北緯30度近辺をウロウロし、

                    長い寿命を保っています。

                     

                    これには、西から東へ流れる、上空の強風域が、

                    通常より、北に偏っているのと、

                    弱いという観測データーもあります。

                     

                    今後は風の流れも変化し、

                    安定した暑い夏になっていくと思いますが、

                    天気だけは、スーパーコンピューターで計算しても、

                    外れることもあるので、何とも言えないのですが。

                     

                    ただ、地球の大気の環境は、「通常」と言われる

                    状態が、通用しない状態になって来ているのは事実です。

                     

                    今のこの状態を受け入れながら、

                    天気を予想していかなければならないので、

                    予報する人は大変だろうな?

                    なんて考えています。

                     

                     


                    朝に感謝

                    0

                      朝に感謝してますか?

                       

                      暗闇を作り出す夜が終わり、

                      また、東の空から太陽が昇ってきます。

                       

                      太陽は、暗闇を追い払い、新しい光を、

                      私たちに平等に与えてくれます。

                       

                      それは、昨日までの苦しみや悲しみを、

                      きれいに洗い流すような力を持っています。

                       

                      暖かい光が、今日進むべき道を示し、

                      背中を押してくれるからです。

                       

                       

                       

                      古代から、人々は太陽を神として崇め、

                      その存在に畏敬の念を抱いていました。

                       

                      それは、暗闇が当時の人々にとって、

                      命の危険を感じさせ、

                      そこに渦巻く様々な、恐れ、不安を増長

                      させるからです。

                       

                      やがて、東の空が白み、太陽が昇りだすと、

                      それらは、全て消え去り、昇る太陽に対して、

                      暗闇の恐怖を追い払う神として、

                      崇めていたのではないかと思うのです。

                       

                      私たちの命は、太陽によって授かり、

                      育まれてきました。

                       

                      人類誕生から、太陽が東の空から昇り、

                      西の彼方に沈んでいくという不変の自然現象。

                       

                      人々は、その自然の中で生き、文化を作り、

                      今があります。

                       

                      それは、朝がやって来る事が分かっているから、

                      暗闇を享受できたのです。

                       

                      そんな大切な朝。

                      それだからこそ、感謝しなければならないのです。


                      | 1/13PAGES | >>