calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

笑う門には福来る

0

    「笑う」という行為、ほとんどの場合は、

    「楽しい」「面白い」から笑いますよね。

     

    「苦笑い」や「薄ら笑い」などという、

    ”意味深な笑い”もありますが、今日の話題は、

    笑う事が精神的・肉体的にも良いと言う話です。

     

     

    最近「笑い療法」などという言葉を聞いた事が

    あるかと思います。

    これは、病気の治療に「笑い」を取りいれようと

    するもので、欧米では盛んに行われています。

     

    これは医療分野の中で、精神神経免疫学という分野がありまして、

    日本ではあまり馴染みが無い言葉ですが、

    海外の大学の医学部では、この研究を専門に行っている所も

    多いようです。いわゆる、「病は気から」を、

    医学的に系統立てて研究しようというものです。

     

    その研究の中で、人は楽しい事を経験したり、笑う事により、

    白血球などの活動が活発になり、免疫力が高まるという事が

    分かってきたのです。

     

    その作用のメカニズムに関しては、まだはっきりと分かって

    居ないようですが、メラトニンやセレトニンなどのホルモン分泌が

    関連しているようです。

     

    実際の臨床例では、ガン細胞の委縮や免疫疾患である、

    リューマチなどの症状が改善されたという報告があります。

     

    ただ、本格的なエビデンスに関しては、これから出てくるようで、

    何処かの大学では、吉本喜劇を患者さんに観てもらい、

    免疫の活性化度合を研究している所もあるようです。

     

    免疫という事に関しては、まだまだ未知の分野が多いです。

    けれども、ホリスティック医学では、心の状態が体の状態を作用する、

    ということが言われています。それは、心と体は常に一体であり、

    (昨日の話の心技体ではないでが)病気の克服には、

    先ず心を整える必要があるということなのです。

     

    心がいつも快活でポジティブな考えに満ちている人は、

    病気に罹りにくく、例え病気になっても回復が早い人が、

    身近にいるのではないでしょうか?

     

    そして、それを人類は昔から習慣的に知っていたようで、

    日本には「病や気から」や「笑う門には福来る」などという

    言葉が生まれてきたようです。

     

    今の時代、決して明るい話題ばかりではありません。

    でも、毎日を楽しく、いつも笑う気持ちで過ごしていれば、

    体も健康を維持し、

    病気の時は回復を早め、幸せが訪れるのではないでしょうか?

     

    笑う門には福来るです。


    引退

    0

      フィギュアスケートの浅田真央さんが引退を発表しました。

       

      そのちょっと前には、箱根駅伝で登り坂を驚くべき速さで登り、

      「山の神」とまで言われた、陸上の柏原竜二さんが引退を発表しました。

       

      プロ・アマを問わずスポーツ選手には、

      引退という言葉は、選手になった時点で付きまとってきます。

       

      スポーツの種類によっては長く競技を続けられるものもありますが、

      ある程度の成績を維持しながら、競技を続けるには、

      肉体的な限界がついて回ります。

       

      フィギュアスケートの場合には、滑りやすい氷の上に不安定な

      スケート靴を履いて、ジャンプや回転などを行う為、

      足首、膝、腰などに大きな負担が掛かってきます。

       

      また、陸上の長距離の場合も、スケートを同じような箇所に

      大きな負担が掛かり、怪我に泣かされる選手が多い競技のひとつです。

       

      そのため、選手たちは少しでも長く競技に関わるために、

      基礎トレーニングを欠かせずに行い、それらのトラブルを回避する

      努力を行っています。

       

      最近は基礎トレーニングも科学的、生理的な知識を生かし、

      効率的な方法で行われていますが、それでも100%怪我を回避する

      ということは、至難の業なのです。

       

      また、彼らは競技を続けるにあたり、自分自身の満足を高めたり、

      周囲の期待に応えるという、精神的な負担も大きく圧し掛かって

      来るのです。肉体的には耐えられる状態であっても、

      精神的な負担というのは、肉体にかかる負担以上に重く、

      これに耐えられなくなってくると、成績も落ち、回復が難しく

      なる例も多くあります。

       

      そして、精神的な落ち込みは肉体的な衰えも誘発してしまい、

      その競技を続ける事が出来なくなってしまうのです。

       

      「心技体が充実している」という言葉があります。

      これは、精神的にも強く、技も優れ、肉体も強い状態であるという事です。

      そして、このバランスが取れている時が、

      最もその選手が充実している時であり、崩れると、思うような成績が

      あがらなくあるというのです。

       

      浅田真央さんは、小さい時から注目を浴びてきましたので、

      その精神的な負担は、計り知れないものがあったのではないでしょうか?

      オリンピックでは金メダルを取る事は出来ませんでしたが、

      多くの国際大会で上位にいられるという事は、

      もの凄い精神力の持ち主であると思います。

       

      スポーツ選手の引退は、私たち一般の人たちの引退(定年)より

      遥かに早く訪れ、その道を離れる事になります。

      だから、引退後の人生は競技生活よりも長くなり、

      今まで知らなかった苦労も多々あると思います。

       

      でも、スポーツで鍛えられた精神力でそれを乗り切り、

      新な人生を作っていって欲しいと思います。

       

       

       

       

       

       


      身体に溜まったいらない物(毒素)を出しましょう!

      0

        春という言葉を聞くと、何となくウキウキした気分になるのは、

        私だけでは無いと思います。

         

        どちらかと言うと「籠る」イメージの冬に対して、

        「開放」というイメージを、春は与えてくれるような気がします。

         

        そんな春は体の新陳代謝も盛んになり、

        それに伴って、セレトニンやメラトニンなど、

        神経の働きに関係するホルモンにより、

        「ウキウキ」気分になるのではと考えます。

         

         

        ですから、春に「何かを始めよう!」という気持ちが起こるのも、

        年度の変わり目という事だけでなく、

        身体の中で何かが動きだしている証拠の一つと思われるのです。

         

        そして、ダイエットを始めるにも、春はとても良い季節なのです。

        (このブログで何度も書いてますか・・)

         

        新陳代謝が遅くなる冬の間に、身体の中には様々なものが溜まります。

        インドの伝統医学、アーユルヴェーダーではそれらを、

        アーマ(未消化物)、マラ(老廃物)などと呼び、これらを排出

        する事が、ダイエットの第一歩、健康への第一歩と考えるのです。

         

         

         

         

        アーユルヴェーダーでは、パンチャカルマという方法で、

        身体の毒素を出す事を行いますが、専門の人について指導を受けたり、

        施術を受ける必要があるので、一般の人が手軽に行うという訳には

        行きません。

         

        ニュートリションの知識を用いれば、

        新鮮な野菜や果物を多く摂る事を心掛けることにより、

        毒素の排出を促す事が出来るのです。

        特に季節の野菜や果物は、効果が高いのでそれらを

        積極的に食べる事をおススメしたいです。

         

        そして、一日に食べる食事の量ですが、

        朝を1とすると、昼は2、夜は1.5程度が理想と言われ、

        特に朝は野菜や果物中心で食べるのが良いでしょう。

        昼は比較的自由に食べ、

        夜は、肉や魚などのタンパク質を多めに摂ると良いでしょう。

        その際、肉のメニュー、魚のメニューは一緒に摂らない方が、

        消化に負担が掛からないので、ダイエットの効果を高めます。

        ダイエットを決めた期間に関しては、

        腹七分〜八分目を心掛ける事は言うまでも無いでしょう。

         

        また、こまめな水分の補充は忘れずにしてください。

         

        普通の水でも良いですが、ハーブティーはおススメです。

        特にネトル、レモンバーベナ、ペパーミント、ハイビスカスなどの

        ハーブティーは利尿作用を促し、体をきれいにする効果があります。

        ビタミン・ミネラルも多く含まれているので、

        普通の水を飲むより良いです。

         

        このような生活を心掛けていると、

        身体はきれいになり、代謝も高まってきますので、

        結果としてダイエット(減量)に繋がっていくのです。

         

         

         

        私はNutritionとして、減量に主眼をおいたダイエットはあまり

        推奨しません。それよりも、身体をきれいに、健康になり、

        それが結果的に減量に繋がるようにアドバイスをして、おススメしています。

         

        今、様々なダイエット法がありますが、

        自分の生活習慣、体調、家庭環境などを考えて、

        手軽に出来る方法を選択するのがベストで、

        今日紹介した方法ならば、比較的簡単に取り掛かる事ができるのでは

        ないでしょうか?

         

         

         

         

         


        肺炎、犬も人間と同じ肺炎になるんだ!

        0

          テンドルマンの「店長犬」、ウィル(キャバリア12歳)ですが、

          ここ数日体調不良な状態でした。

           

          そして、今日は病院に行ってきたのです。

           

          そして、診断は「肺炎」。

           

          高齢だし、

          キャバリアの宿命である心臓弁膜症を患っているので、

          肺炎は予想できる病気の一つです。

           

          今日と明日抗生剤を注射して、様子を見るようですが、

          見た目は昨日より元気そうなので、大丈夫かなと思いますが・・・

           

           

          *今日の写真ではありません。

           今日は寝ています。

           

           

          ところで、肺炎で思い出しました。

           

          テンドルマンが開店して間もない頃、

          私も肺炎になったのです。

           

          あれはちょうど5月の連休が始まる直前でした。

          高熱と息苦しさで、医師の診断を受けたのですが、

          レントゲン写真をみると、片方の肺が真っ白だったのです。

           

          そういえば、そんな状態になる数日前から、

          咳と痰がよく出るようになり、

          ちょっと体もだるさを感じていました。

          (あまりの息苦しさに、ただ事では無いとは思いましたが・・。)

           

          医師も入院・加療を考えたようですが、

          連休前だし、一人で来院できたことを考慮してか、

          抗生剤を使って、連休明け(4日後)まで様子を

          みようという事にしたのです。

           

          とりあえず、抗生剤を与えられ、

          この4日間は絶対安静ということで、家に帰ってきました。

           

          肺炎に関しては、

          海外のNutritionたちもいろいろな処方やハーブを提案し、

          実際に効果をあげているものもあるので、

          抗生剤と併用しながら、実際どうなのかと思い、

          いろいろ試してみました。

           

          使用したハーブ(サプリメント)は、

          ジンジャー、ガーリック、エキナセア。

          ビタミンはビタミンCを使用しました。
           

          各々の容量に関しては、文献で書かれている最大量に近い

          容量を摂取しました。

          (特にビタミンCに関しては、ビタミンC研究で有名な、

          ライナス・ポーリング博士が推奨するようなグラム単位で摂取)

           

           

           

          それを続ける事3日間。

          すると、2日目の夜にはかなり良くなり、

          3日目には、身体に違和感を感じなくなったのです。

           

          そして4日目にレントゲンを撮ると、

          医師もびっくりするくらい肺がきれいになっていたのです。

           

          前回の写真と何度も見比べている医師の姿は、

          この回復がいかに早かったという証拠だと思ったのです。

           

          念のため5日分の抗生物質をもらい、

          また5日後に来てください、と言われましたが、

          その後は行かなかったように記憶しています。

           

           

          何故、こんなに早く回復した理由としては、

          1)まだ40代前半で若かった。体力もあった。

          2)使用した抗生物質が、肺炎を起こす原因菌に適格にヒットした。

          3)ガーリックやジンジャーの抗菌作用が肺炎に対して効果高く、

            大容量で摂ったことが効果を早めて。

          4)エキナセアの摂取で免疫力が高まった。

          5)ビタミンCが免疫力を高め、早い回復を促した。

           

          こんな事が考えられ、

          今回の件に関しては成功したと言えます。

           

           

          このようにハーブやビタミンCの摂取は、

          代替医療や補完医療の分野であり、通常の処方の他に、

          これらを上手に組み合わせると、高い効果を発揮すると言われ、

          実際に試してみて、その効果を実感したのでした。

           

          ただ、これらの療法を行う者は、

          時として、その療法だけに頼ってしまう事もあります。

          しかし、あくまでも補完・代替医療であるという分野をわきまえ、

          医療と上手に組み合わせることが、

          高い効果をあげることを理解しなければいけないのです。

           

           

          さて、ウィルですが、残念ながらガーリックやジンジャーは

          使用出来ません。エキナセアは使用できると思いますが、

          本人が「寝てるに限る」と、良く寝ているので、

          寝る事による免疫力の高まりを期待したいと思います。

           

           

           

           

           

           

           

           


          春は新陳代謝、新しい出会いと別れ

          0

            春は、別れと出会いの季節です。

             

            ひとつの別れがあると、新しい出会いがあります。

            人生の新陳代謝とでも言いましょうか・・・。

             

            それは、私が“ン十年間”生きてきた中で、

            多くの経験をしてきた感想です。

             

             

            そして、体も新陳代謝が盛んになる時期でもあります。

            春になるとアレルギー(花粉症を含めて)を発症する、

            という方の話を良く聞きます。

             

            それは、この時期になると、

            冬の体から春の体に変化する為、

            ホルモンバランスなどが崩れやすくなったのが、

            一因とも言われています。

             

            また、人の体の細胞は常に死と生が繰り返され、

            命を繋いでいきますが、

            その流れの中で生じる毒素が、

            春の時期なると一気に体の外に出て行くから、

            とも言われています。

             

             

            ILM19_CA01032.jpg

             

            また、アレルギー症状だけでは無く、

            精神的にも不安定になる事もあるのです。

             

            特に環境が大きく変わる人にとっては、

            いつもの春の体調変化以上に、症状が出る場合もあります。

             

             

            こんな春の不安定な時期には、

             

            1)栄養やハーブで乗り切る

            栄養はビタミンやミネラルが豊富な新鮮な野菜や果物に、

            良質なたんぱく質を食べるようにすると良いでしょう。

             

            食物で補いきれない場合、サプリメントを摂って下さい。

            ハーブサプリメントでは、ネトルセント・ジョンズワートなどが

            オススメです。

            その他、ビタミンCやビタミンB群のサプリメントもオススメです。

             

             

             

             

            2)呼吸法や瞑想をする

            呼吸法は、自分の呼吸に意識を集中するという単純な方法で良いです。

            お風呂に入った時にでも、ゆっくり呼吸してみてはいかがでしょうか。

             

            瞑想は、目を軽く瞑り、呼吸を意識して10~20分程度、

            ゆっくりと座るだけで良いです。色々な雑念が出ても、

            敢えて打ち消さずに、そのままに任せる事が大切です。

             

             

             

             

            呼吸法や瞑想をしている時、アロマの香りはその効果を高めます。

            真正ラベンダーフランキンセンスシダーウッドなどが

            オススメですが、自分の好きな香りが一番良いでしょう。

             

            その使い方ですが、アロマディフューザーなどで、

            お部屋に香らせて、その中で行うと、良いですよ。

             

             

            ハーブやアロマの知識があると、

            お医者さんに行くほどでもない、

            ちょとした体調の変化があった時に、

            どうしたら良いか?という事が分かります。

             

            この春に新しい事にチャレンジしたい方は、

            是非、アロマやハーブ、自然療法などを勉強

            してみてはいかがでしょうか?

             

            そこに新しい出会いが始まるのです。

             


            東京地方で桜の開花宣言がありました

            0

              今日、東京地方では桜の開花宣言がされました。

               

              冷たい雨がふる日ですが、

               

              春がまた一歩近づいてきましたね。

               

               

               

              この地球上に存在するものは、

              常に「動き」があります。

               

              地球内部のマントル、表面近くの地殻や海。

              空気やその上にある電離層。

               

              宇宙も誕生以来、拡張という動きを続けています。

               

               

              地球本体も太陽の周りを回りながら、

              自転もしています。

               

              そこに住む、すべての生物。

               

              植物、動物、微生物、細菌など、

              全て動いています。

               

               

              そして、死を迎えると、それらは永遠に動きを止めます。

              ただ、その死すら、次の生への前段階になる場合も多いのです。

               

              無生物も生物も動き続け、生物に限れば、一個体が動きを止めても、

              それが次の個体へと引き継がれていくのです。

               

               

               

              そんな宇宙や生命のダイナミクスの中に、

              私たち人は生きています。

               

               

              ただ、ちょっと意識的に動きを止めて、

              春の日差しを浴びた桜の花を眺める時間は、

              人が次の活力を生み出すためにも必要な事だと

              考えるのです。

               

               

               

               

               


              植物の不思議

              0

                植物には不思議が一杯あります。

                 

                その一番の特徴は、季節を感じる事です。

                 

                例えば「桜」。

                 

                 

                そのシーズンになると蕾が膨らみ、

                花が咲きます。

                 

                普段何気なく見ていますが、

                これってすごいと思いませんか?

                 

                動物のような複雑な神経組織や内分泌のシステムもありません。

                脳もありません。(実はあるのかも知れませんが・・)

                 

                でも、気温や日照時間の微妙な変化を、

                人間以上に微妙に感じ取り、

                その季節に合った変化をするのですから。

                 

                 

                上の写真は、去年植えていたスイセンですが、

                それが芽を出しました。

                 

                球根のどこに、この季節を感じる能力があるのでしょうか?

                 

                不思議です。

                 

                ハーブ屋や米屋は自然である植物と接しています。

                いつも何気なく扱っているものですが、

                実はそこには、私たち人類がまだ知らない、

                未知の世界があるような気がするのです。

                 


                2017年春、ダイエット

                0

                  明日から3月です。

                   

                  そして、春はダイエットに最適な季節です。

                   

                  秋から冬に溜まった、体の中の「いらないもの」は、

                  この季節になると体の外へ出ようとします。

                   

                  上手に出してあげると、ダイエットの効果もありますし、

                  健康も増進するのです。

                   

                   

                   

                   

                  毎年この時期に書きますが、最高の方法は果物です。

                  朝食には果物を食べてください。

                   

                  そしてその他の物と一緒に食べる時は、

                  デザートの果物を先に食べて下さい。

                   

                  果物の酵素が後から食べる食品の消化を助けるので、

                  この順番で食べると、ダイエット効果を高めます。

                   

                   

                   

                   

                  そして、欧米の自然療法で言われている、

                  「スプリングトニック」を飲むことです。

                   

                   

                   

                   

                  これは「ネトル」で作ったハーブティーです。

                   

                  ネトルは花粉症の季節にサプリメントで摂る事をオススメ

                  していますが、ハーブティーで飲むと、

                  体をきれいにしてくれると言うことで、オススメですよ。

                   

                  ついでに、ハーブでは「ダンディライオン」もオススメです。

                   

                   

                   

                   

                   

                  ダンディライオンは、タンポポの根のティーで、

                  これには肝臓の解毒効果があると言われ、

                  また便秘の解消にも効果があると言われています。

                   

                  ダイエットには様々な方法がありますし、

                  効果も人によって異なります。

                   

                  自分に合った方法で、根気よく続けるのが、

                  ダイエットの極意です。

                   

                  そして、痩せても健康を害しては、本末転倒な話です。

                   

                  その点、この果物とハーブティーのダイエットは、

                  是非オススメの方法です。

                   

                  今年の春、このダイエット法を試してください。

                   

                   


                  もち麦・・ビタミンB群

                  0

                    安藤米店の厳選通販 

                    http://store.shopping.yahoo.co.jp/andokometen/

                     

                    では、「もち麦」がとても売れています。

                    そして、入荷してもすぐに売れてしまうとう状況で、

                    何でこんなに売れるのか?と不思議な感じです。

                    (品薄なので、入荷量が少ないですが・・)

                     

                    もち麦は大麦です。

                     

                    マスコミやネットでは、ダイエット効果や便秘解消に

                    効果があるという話が多く載っています。

                     

                     

                    確かに、大麦には食物繊維が多く、

                    腸の活動を活発にする働きがありますので、

                    便秘解消の効果は期待できると思います。

                     

                    それに伴って、ダイエットにも効果が現るのでは、

                    と思っています。

                     

                    効果はともかくとして、

                    大麦には、多くの食物繊維やビタミンB群が含まれています。

                     

                     

                    ビタミンB群というのは、

                    ビタミンB1・B2・B3・B5.B12・葉酸などで、

                    これらのビタミンは、人の神経に働きかける効果が

                    認められています。

                     

                    そして、これらのビタミンが不足すると、

                    様々な愁訴が発症し、不眠症、イライラ、記憶力減退、

                    運動機能の減退、肩こり、腰痛など、精神的、肉体的な

                    トラブルが発生する可能性があるのです。

                     

                    もっと、病的には、うつ、脚気、

                    中枢神経欠損症(新生児で母親が葉酸不足)などの

                    原因になってしまうのです。

                     

                    アメリカの栄養療法では、うつ症状の改善に、

                    ビタミンB3の投与を行い、効果をあげた報告があるのです。

                    また、肩こりや腰痛の薬には、

                    ビタミンB1、B2やB12という成分が含まれている

                    ものが多いです。

                     

                     

                     

                    このようにビタミンB群は、様々な効果が期待でき、

                    そして、もち麦のような大麦には、この栄養素が

                    多く含まれているというのです。

                     

                    ダイエットや便秘解消という事だけでなく、

                    こういう面からも、ご飯に大麦を混ぜて食べると、

                    健康に良いという事です。

                     

                     

                     

                     


                    機能性表示食品

                    0

                      昨夜のNHK「クローズアップ現代」で、

                      機能性表示食品について話をしていました。

                       

                      「機能性表示食品」とは、メーカーが研究した成分などを、

                      食品に配合し、国(消費者庁)に申請してその有効性表示の

                      認可を得るものです。

                      ですから、「特定保健用食品」のように、

                      国が、メーカーが提出した資料から、その有効性などを審査して

                      認可した物では無く、メーカーがその機能について責任を

                      負うものなのです。

                       

                      そして、その有効性についての論文は、消費者庁のホームページ

                      にすべて開示されていて、誰でもそれを閲覧することが出来る、

                      とのことでした。

                       

                      「お腹の脂肪を減らす」「ストレスを減らす」「目がスッキリ」

                      など、それらの食品には、思わず手に取りたくなるような

                      言葉が書かれ、実際にそのような食品は売れ行きがいいとの事です。

                       

                      また、そういう食品が売れているという事を考えると、

                      多くの人が健康や美容などに気を使っている、ということも分かります。

                       

                      ただ、アロマやハーブ、代替医療の世界でもそうですが、

                      「これだけで・・・」という、良い話はなかなか無いという事も、

                      理解しておいて欲しいと思います。

                       

                      「お腹の脂肪を減らす」には、その食品を摂りながら、

                      運動や他の食事についての注意も必要です。

                      ストレスもそうです。アロマのラベンダー精油には、

                      鎮静作用が証明されていますが、この効果だけでは、ストレスを

                      全て軽減する事は難しいのです。

                      瞑想や運動療法、生活習慣の見直しなど、

                      様々な方法を組み入れる必要があるのです。

                       

                      「特保」にしろ、「機能性食品」にしろ、

                      あくまでも実験室やモニターなどによる結果であり、

                      実際の使用状況とは、異なった環境になってしまう事は

                      否めないのです。

                       

                      もちろん、「効果が無い」と否定する訳では無いですが、

                      甘い言葉に誘われて、あまり食べ過ぎない事も賢明な事だと思うのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/9PAGES | >>