calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

サプリメント 2

0

    昨日に引き続き、サプリメントの話をしたいと思います。

     

    各種サプリメントのCMは、時間帯や番組によって、

    またBS民放チャンネルなどでは、多く観られます。

     

    大まかに分類すると、

    グルコサミンやセサミンなどを配合した、関節や筋肉関連の物。

    (これが一番多いですね)

    ビルベリー(ブルベリー)などを配合した目に関する物。

    コラーゲンなどを配合した美容関連の物。

    オルニチンなどを配合した内臓関連の物。

     

    というふうになると思います。

     

     

    これだけの商品があるということは、お医者さんに行くほどでもないけど、

    この辛さ何とかならないか、などのトラブルで悩みを抱えている人が

    多いという事でしょうね。

     

    また、少しでも若さや健康を保ちたい、という人も多いことを感じます。

     

    購入する人は、そのCMの文言から「これ、効きそう!」という印象から、

    「試してみようか?」ということになります。

     

    私から見て、どこのどんな商品が、効果があるのか、というのは、

    何とも言えません。

    ただ、これらの商品の成分を見てみると、どのメーカー、どの商品も、

    似たり寄ったりでして、優劣をつけることは難しいです。

     

    ですから、試してみて、今の自分の症状を改善したいと思うのでしたら、

    メーカー添付の説明書を良く読んで、

    その処方に従って飲むことをお勧めします。

     

    それは、メーカーが商品を発売するときに、臨床の中で一番効果があった方法を

    記載していることが多いので、それに従って飲むことが一番です。

    (メーカーにもよりますが・・)

     

     

    ただ、そこに使用されている成分、例えばグルコサミンであれば、

    コンドロイチンなどと一緒に摂った場合には、軟骨形成に効果があるという、

    研究室内でのデーターがあったり、オルニチンが肝機能の向上に役立つという

    データーもあります。

     

    ただし、それらには様々な条件が付与されますので、飲む人個々の体調や

    関節の状態などによって、効果は様々であるということを認識しなければ

    いけません。

     

    一応、CMでも「効果は個人によって異なります」と小さく書いてありますので、

    誰でも、CMに出てくる人のように、痛みが消えたり、シミが消えたり、

    体調が良くなったりするわけでは無いので、注意してくださいね。

     

     

    それでは、私がどんなサプリメントを摂っているかお話しましょう。

     

    2~3年前まで、マルチタイプのビタミン・ミネラルのサプリメントと、

    ビタミンCをアメリカから取り寄せて飲んでいました。

     

     

     

     

    マルチタイプというのは、各種のビタミン・ミネラルがバランスよく

    配合されていて、体調維持に最適とされている製品です。

     

    マルチにもビタミンCは配合されていますが、単独でもビタミンCを

    摂取していました。

    ビタミンCは、過剰摂取しても、余分なものはオーバーフローということで、

    排泄されますので、多少多めに摂っても問題が無いビタミンだからです。

    (ビタミンCは、補酵素としての働きもあり、免疫強化や老化防止など、

    人が生きていくためにはとても大切なビタミンです)

     

    ところが、家でのストックが無くなり、購入しなければと思いながら、

    飲まない状態が続き、すでに2年位経ってしまったのです。

     

     

    ですから、現在では定期的にサプリメントを摂取していませんが、

    最近の使い方としては、その日の体調などに合わせて、

    サプリメントを飲むということを行っています。薬的な使い方ですね。

     

     

    例えば、ちょっと風邪気味かな、と思ったら、ビタミンCとエキナセア。

    アレルギーぽい症状があるときは、ビタミンCとネトル。

    また、いつもギンコを持ち歩いているので、

    気が付いた時には、一日1カプセルを飲むようにしていますが、

    これも以前のように定期的というよりか、思い出した時に飲むという、

    Nutritionらしくない飲み方をしています。

    (ギンコは、脳の血流を高める効果や、抗酸化物質が多く含まれているので、

    老化防止などの効果が期待できるのです。)

     

     

    ただ、このような使い方でも、それなりの効果を感じますので、

    間違った使い方ではないのかな?と思っています。

     

     

    サプリメントは使い方によって、効果はマチマチです。

    是非、有効に使いサプリメントの効果を実感してもらいたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック