calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

八百屋さん、魚屋さん、電気屋さん

0

    昨日、テンドルマンの兄弟会社、安藤米店のことについて

    書きました。予想以上のアクセスがあり、とても嬉しかったです。

     

     

    ところで、米屋さんもそうですが、

    町にある商店が少しずつ減ってきているのが、気になります。

     

    八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、酒屋さん、

    電気屋さん、洋服屋さん、等々です。

     

    テンドルマンがある昭島市の「中神」という所には、

    電気屋さん、洋服屋さんはありません。

    (あっ、電気屋さん、北口に1軒あったかな?)

     

    ただ、八百屋さんも魚屋さんが兼業していますし、

    酒屋さんも一軒は米屋さんとの兼業です。

     

    専業で商売をしているのは、安藤米店と肉屋さんだけでしょうか?

     

    電気屋さんも以前は2軒ありましたし、洋服屋さんも3軒

    ありました。靴屋さんやパン屋さん、ケーキ屋さん、本屋さん

    など数軒ありましたが、今は駅の北口にケーキ屋さんと本屋さんが

    あるのみです。

    (南口にパン屋さんも2軒あるのですが、1軒は最近閉店し、

    もう1軒は、しばらくの間休業らしいです)

     

     

     

    都心の大きな商店街には、このようなお店がありますが、

    田舎に行くほど、個人の商店が少なくなってきています。

     

    理由は簡単です。

     

    スーパーやショッピングモール、大型量販店などが、

    広い敷地に次々に出来て、車での移動が主な手段の地方の場合、

    多くの人が買い物に訪れてしまうからです。

     

    中神の場合も、隣の昭島駅には「モリタウン」という

    ショッピングモールやイオン系のショッピングモールがあるのです。

     

    また、電車で7分、自転車でも20分の所には、

    立川という大きな街があり、そこに行けば、いろいろなお店があり、

    生活に必要な物、趣味の物、何でも揃うのです。

     

    また、ネットショッピングも大きな理由になりますね。

     

    それと、商店主の高齢化。

     

    儲かっている商店の場合には、子どもがお店を継ぐということも

    ありますが、そうでない場合には、外に働きに出た方が

    収入が多く見込まれる場合が多いのです。

    親の商売、本当に子どもがやりたい事であれば、やるのでしょうが・・・?

     

     

    そんな理由で、特徴のある個人のお店が消えて行くという事ですね。

     

    こんな事を書くと、「お前が言えることか?」と、

    この近所の商店の人は言うかも知れません。

     

    この街で最初に個人商店に影響を与えるお店を開いたのは、

    私なんですから・・・。

     

    コンビニエンスストアーです。

     

    書籍の販売は本屋さんに影響を与えたかも知れません。

    乾電池や電球など、電気小物は電気屋さんに、

    靴下やストッキングなどの小物衣料は洋服屋さんに、

    パンやお弁当、ハムやソーセージなどは、パン屋さんや肉屋さんに、

    飲料は酒屋さんに影響を与えたかも知れません。

     

    たった1軒のコンビニが、これらの個人商店が消えていく

    大きな原因では無いとは思いますが、

    時代の流れの中で、消費者が商品を選ぶ好みが、

    「便利さ」や「価格」などというものに変わってきたことも、

    原因のひとつだと思うのです。

     

    ですから、大型ショッピングセンターやネットショップなどが、

    個人商店のお客さんを呼び込んでしまうのです。

     

     

    個人商店には、それなりの魅力はあるのですが、

    今まで書いたような原因の他に、地方の人口減少や、

    都市部の家賃や地代の高騰。

    様々な法改正が大企業有利のことなどから、

    今後の減少というのは、否めなくなってきているのです。

     

     

    ただ、それぞれの個人商店が持っている、ノウハウやスキル、

    専門知識などが結集出来れば、何か大きな波を作ることも可能

    なのかな、そんな大それた構想も、頭の中で沸々と湧き上がって

    きているのです。

     

    そう、コンビニも色々問題がありますし、

    地方のショッピングモールも撤退や業態変換、

    ネットショップも、配送の問題等・・・・・。

     

     

    そんなことから、個人の商店が爆発!、

    なんてなったら面白いだろうな・・・!!

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック