calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

腸活

0

    最近テレビで、「腸活」の話題が多くなっています。

    いわゆる、腸を健康に保つことが、体全体の健康に

    影響を与える、という内容のものがほとんどです。

     

    また、腸に棲んでいる腸内細菌についても、

    腸活のためには、重要な要素であり、この作用についても、

    様々な取り上げ方をしています。

     

     

    私がNutritionの勉強をしている、20数年前には、

    日本では腸の働きの重要性については、それほど論じられて

    いませんでした。

    (もちろん、多くの乳酸菌飲料メーカーや、

    研究室内では研究もされていました。

    ただ、一般には、というより、

    マスコミなどがそのことを報じていなかったのです。)

     

     

    ですから、アメリカの教科書に載っていた、

    腸の働きの重要性を知った時には、驚いたものです。

    そして、また腸内細菌についても、その働きには人間の生命維持に

    関わるための様々な働きがあることも知りました。

     

    特に「免疫」に関する事、免疫というと、白血球やリンパ節など

    の働きだと思っていましたが、腸、そしてそこに住む

    腸内細菌が、大きく関与しているということを知った時は驚きました。

     

    現在では当時よりもさらに腸内細菌の働きが明らかになり、

    腸内細菌の入れ替えを行うために、「便移植」まで研究され、

    臨床においても効果があるケースが確認されているようです。

     

    将来はもっと様々なケースで、腸内細菌が利用され、

    病気に対処する方法が確立されてくるかも知れません。

     

     

    それにしても、人の体に寄生している腸内細菌が、

    実はその寄生主の健康を、

    そして人生を左右しているかも知れないなんて、

    何だかとても不思議な気がします。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック