calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

やっと、冬型の天気図

0

    今日は昨日とは打って変わって、寒い朝の東京昭島市です。

     

    地上天気図を見ると、冬らしい気圧配置になって来ていて、

    今日は日本列島全体が、北からの冷たい空気に覆われそうです。

     

    それは、上空の天気図にも変化が出ていて、

    下の上空天気図は、1月21日のもので、

    日本の南にはどっしりと暖かい空気の塊が腰を下ろしています。

    (上の天気図が上空3000m、下が1500mです。)

     

     

    そして、下の高層天気図は、昨日のもので、

    これには暖かい空気を表す(H)のマーク、

    高気圧が消えています。

     

     

    この気圧配置が、本来の冬の天気図(高層)で、

    北からの冷たい空気が日本列島上空に流れ込んできている

    ということを表しているのです。

     

     

    寒気が流れ込んでくれば、北海道や東北地方、その他日本海側の

    各地域でも雪が降り、雪不足に悩むスキー場でも、

    少しは胸をなでおろすことができるのではないでしょうか?

     

     

    四季がある日本では、四季折々様々な自然を楽しむと同時に、

    それに合わせたイベントやお祭りなどが行われています。

     

    天気がいつもと違う状態になるということは、

    自然のサイクルが狂い、農作物の生育に影響を与えます。

    これは私たちの食糧を供給するということにも問題を

    与えかねません。

     

    気象などの自然の営みは、どんなに科学が発展したとしても、

    それを自由に変えることは出来ないのです。

     

    ですから、自然を大切にして、地球に住む私たちが、

    環境に優しい生活を心がけなければいけないと思うのです。


    コメント
    コメントする