calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

もう少し、冷静に対応しましょ!

0

    コロナウィルスによる、新型肺炎のニュースが席巻している、

    今日この頃です。

     

    死者数がSARSを超えたということでも話題になっていますね。

     

    中国から届く病院の映像などを観ると、医者も患者もパニックに

    なっている様子が映し出されています。

     

    また、フランスなどでは、アジア人=中国人=新型肺炎というような

    繋がりで、人種差別的なツィートも多くなっているようです。

     

    昨日、近所のDIYセンターに買い物に行ったのですが、

    マスク売り場にはマスクが無く、

    「本日の午後入荷しますが、おひとり様1個限り」なんていう

    張り紙もしてありました。

     

    除菌グッズのコーナーでも「除菌ティッシュ」などは全て売り切れ、

    そして、みんなが何となく、ザワザワしながら、そのコーナーを

    ウロウロしているのが見受けられました。

     

    でも、このコロナウィルスは、

    「空気感染はしない」という事です。

    (これからウィルスが変化する可能性はありますが)

     

    つまり、ウィルスを持った人の咳やクシャミを直接吸い込むか、

    ウィルスがついている物を触り、その手で口や鼻などを触ると、

    感染する可能性があるという事です。

     

    インフルエンザウィルスのように、空気中に漂っていて、

    それを吸い込むことにより感染する経路とは、

    異なっているのです。

    ですから、感染者に極端に接近するとか、手を鼻や口に持っていく

    行為を注意すれば、感染の可能性は低くなるという事です。

     

    もちろん、マスクをして、除菌ティッシュでこまめに手を拭くか、

    洗うかすることが、予防としては効果が高いという事です。

     

    また、致死率に関してもSARSのように高くは無く、

    現在亡くなられた方というのは、高齢者であったり、

    病気を持っていた方などが多いという事です。

     

    つまり、一般の健康な人ならば、仮に感染したからといっても、

    適切な治療を受けることができれば、死に至ることは少ない、

    という事なのです。

     

    ですから、全てのニュースの時間をこの話題に割いてしまう

    ほどでは無いと思うのです。

     

    ただし、このウィルスが新しいタイプの物であり、

    予防ワクチンや治療薬が無い現状では、

    未知の病気として多くの人が不安に覚えるのは理解できます。

    私も人混みに出るときは、マスクをしますし、

    手洗いも気を付けています。

    熱がでて、苦しい思いをしたく無いですから・・ね。

    20年位前に肺炎になった時の苦しさといったら、なかったです。

     

    感染しないことに越したことはないですが、

    国家の危機みたいな事で、行動を制限されたりするのは嫌です。

     

    国もマスコミも、国民ももう少し冷静に対応するように

    したほうが良いのでは、と思うのです。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする