calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

花粉症、ネトルだけでは効果が出ない時は・・・?

0
     

    花粉症の症状を鎮めるには、ネトルは確かな効果が期待できます。
    ただ、体質などにより、このハーブが働かない場合もあります。
    その時には、ネトルと一緒にエルダーフラワーを試して下さい。




    エルダーフラワーは、炎症を取り除く効果に優れていますので、
    鼻や喉粘膜の炎症を抑え、
    花粉症の症状を快活にしてくれる効果が期待できます。

    また、ビタミンC剤も一緒に摂る事をお勧めしたいです。

    ビタミンCは、体の働きを正常に保つために必要なビタミンですので、
    ネトルやエルダーフラワーと一緒にビタミンC剤を、
    500mg〜1000mgを摂ると良いでしょう。

    そして、アレルギーを抑えるのに、忘れてはならない栄養素が、
    ミネラルのマグネシウムです。

    マグネシウムは、タンパク質の分解を助ける働きがあり、
    このミネラルを多く摂取していると、
    アレルギーを起こす「未消化」のたんぱく質が、
    体内に吸収される事が少なくなります。

    そうすると、花粉症を含めたアレルギー症状の改善に役立つ
    のです。

    ドイツの臨床で、1日にバナナを3本食べると、
    花粉症の症状が軽くなるという研究報告もあります。

    また、今話題のヨーグルトにも、
    腸の細菌バランスを整える働きがあり、
    花粉症などの症状の改善に役立つことも、
    分かっています。

    花粉症でお悩みの方、いろいろ試してもらって、
    この情報が少しでもお役に立てば嬉しいですね。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック