calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

「頭のコントロールセンター」の不具合に、レモンバームを試してみてください

0

    昨日と今日の日本列島には、寒気が流れ込んでいるため、

    季節が一か月位後戻りしたような天気になっています。

     

    テンドルマンでも、片付けてしまったパネルヒーターを

    急遽取り出し、使用しています。

     

    つい数日前は、暑くて冷房を入れていたというのに・・

     

    こういう時期は体調管理が難しくなります。

    身体が夏バージョンに動こうとしていた時に、

    急に春に戻ってしまうので、

    「頭のコントロールセンターでは、寒さに対応しようと、

    身体に指令を出さなければならないからです。」

     

    それに対応が追い付かない「コントロールセンター」では、

    あたふたとしてしまい、

    つまり「自律神経のコントロールを失ってしまう」ことに

    なるのです。

     

    そうすると、免疫力が落ちたり、食欲が無くなったり、

    不安な気持ちになったり、眠れなくなったりと、

    身体の統合が取れなくなってしまうのです。

     

    こういう状態の時には、風邪を引いたり、

    感染の広がりが落ち着いてきたとは言え、新型コロナ

    ウィルスに感染しやすくなったりと、

    神経だけの問題では無くなってしまうのです。

     

     

    こんな時、ハーブ療法では何を使うか?

     

    伝統的に使われているのは、レモンバームです。

     

     

     

     

    レモンバームは非常に生命力の強いハーブで、

    たった一株で、庭中がレモンバームだらけになってしまった経験が

    あります。

    そんな生命力の強いハーブですから、その香りを嗅いだり、

    飲んだりすることで、人の身体の中にもエネルギーを充満させる

    ことができるのです。

     

    ヨーロッパでは、レモンバームのお茶にハチミツを入れると、

    最高の滋養強壮剤になると言われ、王族なども好んで飲んでいた、

    という話も聞きます。

     

    毎年この時期から、梅雨を挟んで夏が来るまで、

    気温の上下や曇天などの日が多くなります。

     

    そして、ちょっと「鬱っぽい」?と感じたなら、

    「風邪を引きそう」?と思ったらなら、

    是非このレモンバームティーを試してください。


    コメント
    コメントする