calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

人間は「動く」「物」。動物です。

0

    最近、朝にブログを書くことが多くなりました。

     

    仕事を始める前か、始めてからちょっと経ってからか、

    なぜなら、この頃が頭が一番冴えている時間と思って

    いるのです。

     

    仕事を始めて、一区切りつく頃になると、

    文章を書こうという気持ちがどこかに吹っ飛んで

    しまうからです。

     

    さて、昨日のニュースで、

    「ANA巨大機乗客0で空へ・・」という記事を目にしました。

     

    https://trafficnews.jp/post/97408

     

    詳しくは ↑ の記事を読んでください。

     

     

    この新型コロナの影響で移動が制限されると、

    大きな影響がでるのが、鉄道や航空をはじめとした、

    交通機関だと思います。

     

    何しろ、国内移動が制限されているだけでなく、

    世界中の国から入国することも、出国することもできない

    訳ですから、その移動に使われる飛行機も用が無いという

    ことになります。

     

    世界中の飛行機を追跡している、Flightradar24

    https://www.flightradar24.com/

    によると、一時は飛んでいる航空機の数が、

    通常の半分に満たない状況に陥ったという情報もありました。

     

    (貨物を積んだ航空機は飛んでいたので。

     旅客便だけに限れば、もっと落ち込んでいたと思います。)

     

    そんな状態ですから、各空港には、航空機が所狭しと置かれ、

    特に羽田や成田に泊められなかった飛行機は、地方空港に

    泊め置きされた、というものもあったそうです。

     

    ただ、そんな飛行機ですが、飛行場に泊めて置いた場合にも、

    定期的に点検をしなければならないのです。

     

    自動車をお持ちの方は分かると思いますが、

    2か月も3カ月も、エンジンをかけずにそのままにしておくと、

    いざ乗ろうとしたときに、バッテリーが上がってしまったり、

    エンジンが軋むような音がしたり、ブレーキが錆びついたりと、

    いろいろとトラブルが発生することがあります。

     

    また、動いたとしても、エンジンが途中で止まってしまったり、

    オーバーヒートしてしまったなんていう事もあります。

     

    これが自動車なら、すぐ事故に繋がったりすることは、

    そんなに多く無いと思いますが、これが飛行機だったら大変な

    事になることは、簡単に想像がつくと思います。

     

    ですから、駐機中でも定期的に点検を行い、

    いつでも通常の飛行が出来るようにする必要があるのです。

     

     

     

     

    これは、人間でも同じです。

     

    病気のため療養が必要な時であっても、

    疲労が溜まって休息が必要な時であっても、

    「動くことが危険」な状況でなければ、

    出来るだけ動く事が必要になります。

     

    現在では、かなり大きな手術をしても、

    出来るだけ早めにベッドを離れて歩く練習をさせられます。

    それは、体を動かさない時期が長くなればなるほど、

    元の状態に戻るのに時間が掛かるからです。

     

    人間は「動物」です。

    「動く」「物」です。

     

     

    ですから、体は常に動かしていないとならない生き物で、

    これを止めることはできないのです。

     

    何かの事情で、体を長期間動かす出来ない状態になった時でも、

    動かす準備を常に怠らない、人の健康を維持するには、

    動く事がとても大切なのです。

     

     

     

    昨日の飛行機の記事を読んで、こんな事を感じました。

     

     


    コメント
    コメントする