calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

最近、お気に入りの番組

0

    朝という時間帯、どこの家庭でも忙しい時間を過ごしていると

    思います。それでも、テレビのスイッチがONになっている家庭は多く、

    ニュースを観たり、情報番組を観たりしている家庭が多いようです。

     

    正確には「観てる」というよりも、「スイッチを入れて」いる、

    という状態が多いかも知れません。

    それでも、仕事の支度をしながら、朝の仕事をしながら、

    「チラッと」観た情報は、社会を知ったり、世界を知ったりするのに、

    とても生かされていると思います。

     

    我が家では、NHKのニュースや民放の情報番組をつけていましたが、

    最近では、NHKBSの海外ニュースを観るようになりました。

     

    理由のひとつに、民放の情報番組が、どこの番組も、

    食べ物の話題や芸能人の話題、コロナの話題ならば、

    いつも同じような内容の繰り返し。

     

    政治の話題に至っては、突っ込んだ話はせず、上っ面の話だけ。

    そもそも、朝の時間帯(6時〜8時頃)では、政治の話題は

    ほとんど出ないですね。

    出たとしても、政治家のプライベートな話題が多く、

    何となく辟易としてしまいます。

     

    日本のテレビ番組は、一日を通して何処も同じような内容が多く、

    局の強烈な個性というのが、無くなっている感じがします。

    そして、キャスターたちの発言も、当たらず触らず的な発言が多く、

    たまに、世の中に対してストレートな表現をすれば、

    すぐにSNSなどで、批判されたりしてしまいます。

     

    これは新聞社にしても同じですね。

    新聞なんて、元々社会を批判し、

    自分たちの正義(それが正しいか否かは別です)を書き貫くのが、

    新聞社やその他マスコミの使命なはずなのに、

    どこの新聞も当たり障りのない書き方が多くなっています。

     

    地方紙(東京○○とか)には、まだその個性が残っている所が

    多いようですが、全国紙はどこも同じような記事になってしまって

    います。(だから新聞を取るのをやめたのです)

     

     

    なんだか、「皆が同じでなければならない」、

    「強烈な個性」は、社会からパッシングを浴びてしまう、

    そんな世の中になってしまっているような感じがするのです。

     

     

    話が横道に逸れてしまいましたが、

    そう、朝の海外ニュースの面白いところのひとつに、

    各国のキャスターたちの個性です。

     

    例えば、中国の男性キャスターは、スーツをピシッと決め、

    髪もきちんと整えています。

     

    スペインの男性キャスターは、髭をはやし、ラフな格好でMCを

    勤めています。

    また、女性キャスターたちも、私の妻曰く「おしゃれ」な人が多い

    というのです。

     

    そのお国柄というのもあるのでしょうが、そういう所を観るのも

    楽しみです。

     

    もちろん、日本では報道されないか、

    小さな記事や報道で留められている事柄が、

    国によっては大々的に報道されたりと、

    今まで知らなかった世界を知ることが出来るのです。

     

    もちろん、NHKが編集して放映している番組なので、

    NHKの放送基準に則ってしているのだろうか、と思いますが、

    それでも、地上波のNHKや民放に比べるとはるかに興味がある

    内容を放映してくれます。

     

    Facebookで、イギリスBBCのニュースをフォローしているので、

    海外ニュースは何時もチェックはしていますが、

    朝のチラッ観のこの番組が最近のお気に入りとなっています。

     

     

    日本の報道機関、ガンバレ!!!!!


    コメント
    コメントする