calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

認知症を考える

0

    人類が様々な病気を克服してきている、

    という話は前にも書いた事があると思います。

     

    その中で、認知症って、将来克服できるのでしょうか?

     

    いずれ、将来は可能性があると思います。

     

    研究も進んでいますし、

    若年性の認知症においては、

    かなり有効な手段も見つかっています。

     

     

    ただ、老人の認知症に関しては、

    現在はまだ難しいのが現状ではないでしょうか?

     

    もし、有効な治療方法があったなら、

    例えば、もうお亡くなりになりましたが、

    イギリスの元首相であるサッチャー氏なども、

    何らかの有効な方法で治療ができたと思うのです。

     

    また、最近ジョン・レノンの妻である、

    ヨーコ・オノが、認知症である事が分かりました。

     

    彼女のように、意欲もあり、様々な仕事をしている人にも、

    発症してしまうのには、驚きです。

     

    そうそう、日本の俳優さんでも認知症を患って、

    療養生活を送っている人も、故人を含めていますよね。

     

    でも、誰ひとり回復したという話は聞いていないのです。

     

    我が家でも、昨年認知症を患った義母が無くなりました。

     

    私たちは、知っている限りの対応策をし、

    医師の薬も使用しましたが、進行を止める事は出来ませんでした。

     

    ただ、多くの医師や研究者たちが、

    この厄介な病気に対処するため、日夜努力をしていますので、

    何時の日か対応策ができると信じています。

     

    そして、この病気の対応策、特に発症を予防する方法が分かれば、

    国や自冶体の経済的な負担はかなり軽減されると思います。

     

    日本は世界でもトップクラスの長寿国です。

    しかし、健康寿命は平均寿命より約10年前後短いという事です。

    つまり、普通に生活できなくなってから、

    約10年近くも誰かに頼ったり、

    医師に通わなければならない人が多いということです。

     

    健康で長生きが長寿国としての理想ですので、

    認知症に関する効果的な予防法や治療法のエビデンスが、

    早くできるといいと思います。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック