calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

精油の使用期限とその後の使い道

0

    精油にも、使用期限が設定されています。

     

    メドウズの精油の場合は、箱の裏に、

    下の写真のように記載されています。

     

     

    これは、08/11/2019というのは、

    2019年11月8日までは、通常に使用できますよ、

    という表記になっています。

     

    テンドルマンが出荷する際にも、この使用期限を確認し、

    最低6か月以上の使用期限があるものを、

    出荷するようにしています。

     

    では、この使用期限が過ぎたものは、

    一切つかえないか?という事です。

     

    精油の種類や保存状態によっても事なりますが、

    この使用期限を過ぎても使用することは可能です。

     

    ただし、肌に直接触れる可能性がある、

    マッサージ、ボディースプレー、入浴剤、

    クリーム作りなどに使用するのは、避けた方が無難です。

     

     

    アロマランプやアロマライトで、芳香浴に使用するには、

    まったく問題はありません。

    ルームスプレーを作ったり、

    肌に直接つけない、虫除けスプレーを作るなどにも、

    問題無く使用できます。

     

    その他、拭き掃除などの時に、

    バケツに数滴たらして、雑巾をすすぐことや、

    トイレの使用後に、便器に数滴たらしたりするのも

    よいかと思います。

     

    ただし、使用期限から、数年経ってしまったり、

    精油本来の香りとは違う香り、ちょっと脂臭さや、

    異臭がする場合には、使用を控えて下さい。

     

    精油は植物から抽出される、とても貴重な成分です。

    使用期限が過ぎてしまったからといって、

    すぐに破棄しないで、肌に直接つけない方法で、

    ご自分なりの使い方を工夫するのも、

    アロマセラピーの面白さではないでしょうか?


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック