calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

ガンにも食べ物の好き嫌いがある?

0

    ガンと食品との間には、いろいろな関係があります。

    例えば、魚や肉の焦げの部分には、発ガン作用があるとか、

    シイタケなどのキノコ類には、ガンを抑える効果があるとか

    言われています。

     

    そして、昨日読んだイギリスのBBCニュースに、

    面白い記事が載っていたので、紹介したいと思います。

     

    科学雑誌「ネイチャー」の掲載された、

    イギリスのケンブリッジ大学の研究論文によると、

    アミノ酸の一種であるアスパラギンが、

    体内で不足すると、乳がん細胞の成長が妨げられるという事が、

    動物実験で分かったそうです。

     

    アスパラギンは、その名前の源になったアスパラガスや、

    鶏肉、魚介類に多く含まれていて、コラーゲンの生成などに

    関係しているアミノ酸です。

     

     

     

     

    また、イギリスのグラスゴー大学の研究では、

    アミノ酸のセリンとグリシンを取り除いた食事を与えた

    マウスは、リンパ腫と腸ガンの成長が阻害されることも

    確かめられたとの事です。

     

    つまり、ガン細胞にも「食べ物の好き嫌い」があり、

    食品から、これらガンの好物を取り除いた食品を、

    特定のガン患者に与えることにより、治療効果を高める

    ことが出来るのではないか、と期待されています。

     

    尚、これらの栄養素がガンの発生を高めるという研究データーは、

    無いようなので、アスパラガスが好きな方も、

    不要な心配はいらないようです。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック