calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

スキーの思い出

0

    冬季オリンピックが開幕しました。

     

    そして、冬のスポーツというと、スキーです。

     

    初めてスキーを履いたのは、二十歳の頃です。

    それは、忘れもしません。

     

    全くの初心者二人で菅平スキー場に行ったのが、

    初めてのスキー体験でした。

     

     

     

     

    本当は、スキーが上手い人と一緒に行く予定だったのですが、

    その人が仕事だか、体調不良だかで、行けなくなったのです。

    残ったのは、スキー未経験の私と従弟。

     

    本来なら止めるところを、無謀にも二人で行ったのです。

     

    スキー靴を履いて、スキーを付けたら、まともに立てないのに、

    リフトに乗って山の上迄行ってしまったのです。

    (天狗リフトだと思います)

     

    基本も知らず、周りの見よう見まねで、スキーを操作しますが、

    そんなに上手い事行かず、結局スキーを担いで、

    お尻で滑って降りたのが、初体験となりました。

     

    その後は、スキー教室に入り、基礎を半日学び、

    翌日から3日間「自主練」をして、

    なんとか、ボーゲンをマスターすることが出来たのです。

     

    そして、その年はもう一度従弟と菅平に出掛け、腕を磨きました。

     

     

    その後は、英会話スクールで知り合った方が、

    スキーの指導者級の人で、その人たちと毎年数回スキーに行く

    ようになり、何とか恰好がつくようになったのです。

     

    あれから三十数年、最後に行ったのは、

    子どもたちとガーラ―湯沢でしたらか、

    もう、十数年、スキーはしていないことになります。

     

    オリンピック競技などで、スキーを見ると、

    ちょっと血が騒ぐこともあるのですが、

    この脊柱管狭窄症という持病は、スキーを上手く操るには、

    ちょっと厳しいかな?と思っています。

     

    勧められている手術をすれば、またゲレンデに立てるように

    なるかのな、とも思うのですが・・・何とも・・・。

     

    そう言えば、当時一緒にスキーに行ってた方たち、

    まだやっているのかな?

     

    年賀状は来るけど、スキーの話題は一つもないのです。

     

    オリンピックのモーグルで、斜面を駆け下りてくる選手

    たちを見て、そんな昔の事を思い出しました。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック