calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

生命の躍動の開始は、地球の空気の流れから

0

    毎日天気図を眺めていると、季節の移り変わりを、

    その等圧線から読む事が出来ます。

     

    下の天気図は真冬の典型的な天気図で、

    日本の東に低気圧、そして、大陸には高気圧、

    等圧線は縦になっています。

    (2018年1月3日15時)

     

     

    こうなっていると、冷たい空気が北から流れ込み、

    日本海側は大雪になり、太平洋側は、空気が乾いた晴天と

    なります。

     

    ところが、本日(2018年3月13日6時)の天気図は、

    以下のようになっています。

     

     

    1月の天気図と随分違いますね。

    高気圧が日本列島の上空から、東へ移動していて、

    等圧線の間隔も広くなっています。

     

    この高気圧は大陸にあったものですが、

    東に移動するにしたがって、空気が暖められ、

    こうなると、日本列島はどこも暖かくなり、春の気候を

    感じるようになるのです。

     

    そして、この天気図の変化は、植物たちの目覚めを促し、

    春の代表的な花である桜の開花時期に、影響を与えています。

     

    それは、桜だけでは無く、全ての植物に春の訪れを感じさせ、

    新しい芽を出し、膨らませ、

    そして子孫を残すべき花を咲かせるのです。

     

    野生の動物たちも、季節の変化を敏感に感じ、

    冬から春へ、そして夏に向かっての準備を始めるのです。

     

    全ての生命が躍動感を持ち始める春という季節は、

    天気図の変化(空気の流れの変化)と共に、

    やってくるのです。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック