calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

今日は桜の話

0

    暖かい日が続き、今年の桜の開花は早まりそうとか・・。

     

    そして、桜の花は、春の到来を告げ、

    新しい命の息吹を感じさせる季節がやって来るのです。

     

     

     

     

    深い雪に覆われていた地方では、桜の花を見ると、

    ホッとすると聞いた事があります。

     

    そして、その桜の花が、今年の農作業を始める合図に

    なる所も多いようです。

     

    多分、桜ほど日本人の生活に密着している木は無いでしょう。

     

    ヒットした唄にも「桜」の題名がついたものが多いし、

    歌詞の中にも、桜が多く使われています。

     

    ただ、桜の話題は、春のこの時期に限定される事が多く、

    この時期を過ぎると、人は何事もなかったように、

    桜の事を語らなくなってしまうのです。

     

    昔の軍部が、パッと咲いて、パッと散るを潔しとして、

    桜を、軍事教育に用いていたくらいです。

    桜にしては、とても迷惑な事なのですが。

     

    実は、桜の木の手入れというのは、この花が終わった時期から

    始まると言われています。

     

    ソメイヨシノなどは、その寿命が50〜60年と言われていますが、

    手入れの仕方によって、100年もあるいは、

    それ以上も咲き続ける木もあるとの事です。

     

    花が終わった後の地道な手入れが、長く人々の春を楽しませて

    くれる、ということを忘れてはいけませんね。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック