calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

人は果物だけを食べて、健康を維持できるか?

0

    先日、ネットのニュースを見ていたら、

    果物だけを食べて生活している人の記事が載っていました。

     

    確か、1〜2年前にもそのニュースを見た事あるのですが、

    まだ、続けている、という事で驚きでした。

     

    アメリカの栄養学の本には、

    果物は最高の食品と、賞賛しているものが多くあります。

     

    私もこのブログで何度も書きましたが、

    ビタミン、ミネラル、果肉と水分バランスなど、

    人にとって価値のある栄養など多く含まれているのです。

     

    しかも、それらがとても吸収しやすい形で存在しているのも、

    果物の大きな特徴となっています。

     

    マイナスの要因としては、

    果糖が多く含まれているので、

    糖代謝が落ちている人などが、多く食べると、

    糖尿病のリスクを高めたり、肥満になりやすいという

    情報もあります。

     

     

     

    ただ、実際には果糖は、その他の糖類、

    ショ糖や乳糖に比べると、体にとってのリスクはそれほどでも

    無いという研究データーもあります。

    ただ、体質との相性(遺伝子的に果糖と相性が合わない)

    という問題もあるので、実際には個人差があるというのが、

    正しいと思います。

     

    実際、私が朝食を果物だけで過ごしていた事があったのですが、

    体調はすこぶる良く(今が悪い訳では無いですが・・)、

    体重も10年以上同じ体重を維持することが出来たのです。

    お昼や夜の食生活は同じだというのに・・

     

    それを、三食、というよりか、全ての食事を果物にしている、

    という人は、どのような体調を維持しているか、気になるところです。

     

    記事によれば、体重も体調も変化が無い、と書かれていましたが、

    彼によれば、「人体実験」をしているようなものらしいです。

     

    問題が起きれば止めるようですが、問題が起きていないから、

    何年も続けられるという事なのだと思います。

     

    私もニュートリッションとして、そのような試みに興味がありますが、

    妻曰く、「いい加減な性格」の私には、無理だと思います。

    (でも、朝食に果物だけ、ということは10年近く続けました)

     

    ですから、他人の実験を参考にしながら、

    皆さんに果物食の利点や欠点を話していきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック