calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

テレビの健康情報番組

0

    最近のテレビ番組表を観ると、

    「医師が・・」とか「発見、あなたの症状・・」とか、

    病気に関する話題の番組がとても多いと思います。

     

    特に番組の改編期である、春や秋には、

    2時間、3時間スペシャルとして、延々とこのテーマで

    話が進んでいきます。

     

    そう言えば、週刊誌の広告にも、

    病気に関する話題が多いようで、

    「こういう説があります。」という記事があると、

    全くそれとは逆の説があったりと・・・。

     

    大きな理由は、

    テレビの視聴者や週刊誌の読者が、

    健康に興味がある、比較的年配の方が多いというのもあります。

     

    人はある程度年齢を重ねると、必ずといっていい程、

    何処か具合が悪い所が出てきます。

    (もちろん、何処も悪い所が無い人もいますが。)

     

    そして、皆んなの願いは、一日でも長く、

    健康的な生活を送りたいという気持ちです。

     

    そして、その為には、「何をしたらよいのか?」

    「自分の症状は、何かの病気ではないか?」などと、

    医者に行くほど深刻でない場合には、様々な所から

    情報を入手し、自分の現在と照らし合わせるのです。

     

     

     

    若い人であれば、それらの多くの情報はネットから

    仕入れますが、高齢者になると、習慣的にネットよりも、

    テレビや雑誌などから得るケースが多いのです。

     

    テレビも視聴率、週刊誌も売れ行きなどがあり、

    それらを主に利用する人たちに興味がある話題を取り上げます。

    そうすると、どうしても、

    健康情報というのが多くなってしまうのです。

     

    それらの健康情報番組ですが、私もチラ観をする事があります。

     

    どの番組も似たり寄ったりの所がありますが、

    一昔前のこのような健康番組に比べると、

    エビデンスや臨床の状況などから話題を拾ってくるので、

    参考になる部分は多いと思います。

     

    ただ、テレビの場合は、「演出」というのがあるので、

    観る側によっては、いろいろな受け取り方をしてしまう

    場合もあるのではないか、と思う時があります。

     

    いずれにせよ、健康で楽しい毎日を送りたいのは、

    誰でも願う事です。

    そのような情報を上手に取り入れ、自分に生かせるものが

    あれば、利用していくのは良い事だと思っています。

     

    ただ、あまりにも偏った情報、特に週刊誌ですが、

    の場合には、十分に考慮し、いろいろと調べてから

    実行して欲しいと思います。

     

    また、健康情報に詳しい専門家にも、聞いてみるのも

    良いと思います。

     

    (一応、私もHolistic Nutritonという資格を持っています)

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック