calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

偶然の産物

0

    「偶然、人と出会ったら、それが運命の人だった。」

     

    「偶然、その場所に行ったら、素晴らしい出来事があった。」

     

    偶然というのは、様々な所で起きます。

    それが良い事もあれば、悪い事もあります。

     

    その偶然というのは、神様が決めた事なのでしょうか?

    どうして、そのような偶然は起こるのでしょうか?

     

    多分、誰もそれは分かりません。

     

    歴史においても、偶然は至る所で起きているようです。

     

    古くは人類の発達の歴史においても、

    様々な偶然が起きることにより、

    今の私たちが存在している、という事も、

    最近の研究から分かって来ています。

     

    偶然、地殻変動が起こったため、

    森が草原になり、そこに二足歩行の人類の祖先、

    アルディピクタス・ラミダスが、

    約450〜430万年前に存在した事も。

     

    約140万年前にホモ・バビリスが、

    偶然に道具(石器)を使うようになったのも。

     

    ホモ・エレクトスからホモ・サピエンスの誕生には、

    約19万年前の地球が冷える、氷期が襲った事も。

     

    すべて、「偶然」起きた出来事により、

    我々人類が出現し、現在に至っているのです。

     

    その過程は、全て神様によって、プログラミング

    されたものだったのでしょうか?

     

    この人類が地球上に数多く存在し、

    多分、生物界における頂点の位置を得ているのは、

    偶然を起こさせた、神様によるものなのでしょうか?

     

     

    偶然とは、必然の積み重ねの結果によって、

    つまり、なるべき事として、起こった出来事だ、

    という事を言う人も多くいます。

     

    では、これからの人類は、どのような歩みをするのでしょうか?

     

    例えば、現在でも世界の国々は様々な利害で、

    お互いをけん制しながら、微妙な関係を保っています。

    そして、いくつかの国は、核兵器も保持しています。

     

    ある時、ある国のトップの人間が、

    ちょっとした言葉に刺激され、たまたま近くにあった、

    核兵器のボタンを押してしまった(あり得ないと願いたいですが)、

    本当に偶然です。

     

    そして、それに刺激され、核兵器を持っている国々が、

    次々にボタンを押してしまい、

    ついには、この地球上から生物がいなくなった、としたら、

    それも、偶然の産物なのでしょうか?

     

    核兵器を持つという、必然の積み重ねが、偶然を呼んでしまった、

    とも考えられるのです。

     

    先日のNHKスペシャル、「人類誕生」で、

    偶然によって、人類は誕生した。という事で、

    では、偶然で、人類が滅びる事もあり得るのかな?

     

    なんて、恐ろしい事を考えてしまいました。

     

    そんな事が無い事を願いたいですが・・。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック