calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

偶然の産物2 命の大切さ

0

    偶然について考えていたら、

    命の誕生も偶然と奇跡の連続です。

     

    男女の出会いも偶然、

    たったひとつ精子が卵子に出会うのも偶然です。

     

    その受精卵が子宮壁に着床し、細胞分裂を繰り返し、

    様々な臓器が作られて、一人の命が出来上がっていきます。

     

    偶然が重なり合う事は、奇跡にも等しく、

    そう、命の誕生は奇跡そのものでもあるのです。

     

    その奇跡の繰り返しで、現在地球上には、

    約74億人もの人類がいます。

    そして、それは日々増え続けています。

     

    こうなると、命の誕生を、偶然や奇跡と思わなく

    なってしまう危険もあります。

     

    快楽の結果、意図せぬ命が生まれたり、

    その命を自分の都合で奪ったり。

     

    また、それぞれの主義主張や、

    自分の欲を満たすために、大量の命を奪ったりと。

     

    たれも、命が軽いものとは思わないでしょうが、

    世の中を見ていると、

    命が軽く見られているのでは、と思う事もあります。

     

    でも、命の誕生は、いろいろな出来事が重なり合い、

    偶然や奇跡の元に起こるものである事を、

    忘れてはいけないと思うのです。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック