calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

またまた、諸行無常の話

0

    今日はとても天気の良い朝となりました。

     

    絶好のお出掛け日和です。

     

    それでも、テンドルマンは通常営業ですので、

    私は一日事務所でお仕事です。

     

    さて、仏教の教えの中に、

    「諸行無常」という言葉があります。

    簡単にいうと、物事は常に動いていて、

    一瞬たりとも「同じ」であることは無い、

    という事です。

     

    だから、常に一瞬一瞬を真剣に生きなさい、

    という仏陀の教えの根本になるものです。

     

     

    そして、最近感じるのですが、

    この教えを知るのに、動物たちの行動から

    学ばされる事が多いのです。

     

    特に野生で生きている動物たちは、

    今、狩りをして獲物を得なければ死んでしまう。

    自分がそれに失敗して、反対に獲物になるかも知れないけど、

    今、しなければ、自分もそして家族も飢えてしまう、

    そんな切羽詰まった状況というのは、何時も起こり得る

    事なのです。

     

    ですから、彼らには、未来も無ければ、過去も無い、

    「今」しかないのです。

     

    また、家で飼われている動物にとっても、

    今、という時間の中で、生きているという事を

    感じるのです。

     

    例えば、家のウィルちゃん(13歳オス)ですが、

    やはり年齢の問題があり、様々な病気を抱えています。

     

     

     

     

     

    今日は、元気にご飯も食べ、お散歩も喜んで行ったとします。

    夜、寝る時もいつものように、寝息を立てて寝たとします。

    でも、次の日になったら、ご飯も食べず、何となく元気が無く、

    お腹も壊していたりすることがあります。

     

    私たちにとっては、その元気な時を見ていると、

    それが、当たり前でず〜と続くと考えます。

    でも、次の瞬間には、まるっきり反対の状態になる事もあるのです。

     

    そう、昨日まで、元気が無かったのに、

    今日はとても元気になった、という経験も何度もしています。

     

    そして、それらの状態から、ウィルちゃんにとって、

    未来も無く、そして、過去も無い。

    つまり、今を生きる事に精一杯であるということを感じるのです。

     

    ですから、彼のひとつひとつの行動が、全て真剣であり、

    常に一生懸命であると、私たちには映るのです。

    (だから、動物たちは人間に感動や癒しを与えるこのになるし、

     それは、人間の赤ちゃんにも同じ事が言えると思うのです。)

     

    仏教の教えというのは、私たちが生きていく中で、

    とても大切な事を教えています。

     

    でも、それを経典などから学ぶとなると、

    頭では理解出来ていても、実際はどうなのか?という

    事が多々あります。

     

    ですから、今回お話したように、動物たちの行動などから、

    一瞬一瞬を大切に生きるということを、

    改めて感じ、学ぶことができると思うのです。

     

    ちなみに、仏陀は諸行無常を説くのに、

    雲の流れを例にとって、話したそうです。

     

    雲の形は、二度と同じ形にはならない、常に流れている。

    それは、人生も同じである、と説いたようです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック