calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

人工知能と鉄腕アトム 3

0

    *昨年にも人工知能と鉄腕アトムという題で、

    ブログを書きましたが、その続編として読んでください。*

     

    今朝のニュースで、ヤマト運輸が自動運転の車を使った

    宅配の実験を開始した、ということを観ました。

     

    宅配業界は人手不足などの問題で、

    もし、これが成果を上げるようだと、この問題の解決の

    ひとつになるかも知れませんね。

     

    今やAIなど、人工知能を利用した様々な利用法が、

    いたるところで実用化されたり、研究されたりしています。

     

    週刊誌の広告の文字には、

    「これからなくなる、こんな仕事・・AIに取って代わられる」

    などと言う文字が躍っています。

     

    特に事務的な仕事は、これらAIが活躍する場面も多いでしょうし、

    経営戦略の指針作りなども、AIの得意分野かも知れません。

     

    また、すでに工作用ロボットが活躍しているように、

    ある決まった動きで、事を成し遂げることが出来る仕事は、

    AIなど、ロボットたちの天下になるかも知れません。

     

    けれども、臨機応変に対応しなければならない作業に関しては、

    まだまだ人の手を借りなければならない部分が多くあります。

     

    車の運転などもそうですが、高速道路のような所では、

    かなり自動運転が実現しています。

    しかし、街中など、複雑な要素が組み合わさっている状況では、

    まだまだ人の手が必要な状況です。

     

    将来、街なかの状況把握についても、実験により情報がAIに

    インプットされていけば、対応できることになるでしょうし、

    ヤマトさんが行っている自動配送という事も、

    可能になっていくと思います。

     

    そんな状況の中で、これから人は何をしたらよいのでしょうか?

     

    先日亡くなられた、有名な科学者、スティーブ・ホーキング博士が

    言われていたように、AIによって人類は破滅していくのでしょうか?

     

    漫画家の手塚治虫先生が、鉄腕アトムの漫画の中で、

    ロボットたちの反乱が起こるのでしょうか?

     

    明日は、そんなテーマで続きを書く予定です。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック