calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

日本人はお酒がだんだん弱くなっていく?

0

    朝日新聞デジタルに興味ある記事が載っていました。

     

     

    その記事から抜粋してみます。

     

    理化学研究所などが、日本人の遺伝情報を調べたところ、

    お酒に弱い体質の人が増えるよう、数千年かけて

    「進化」してきたとの事です。

     

    詳しい原因は分からないそうですが、アルコールに弱い体質が

    何らかの理由で環境への適応に有利に働いたとみられるらしいです。

     

    体内のアルコール分解には、「ADH1B」と「ALDH2」という

    2種類の代謝酵素が関わり、それぞれの酵素には、働きが強いタイプと

    弱いタイプがあり、日本人ではADH1Bの75%、ALDH2の

    25%が弱いタイプとなっているそうです。

     

    欧米人は大半が2種類とも強いタイプとの事です。

     

    日本人2200人の全遺伝情報を解析すると、弱いタイプの酵素を

    作る遺伝子のそばに、まれにしか見られない多数の変異が集まり、

    この遺伝情報は子孫に受け継がれていったと考えられるそうです。

     

    これは、弱いタイプの酵素を持つ事が有利に働いた証拠の一つと

    みられ、これは過去100世代程かけて、日本人の中に増えて

    きたという事も、分かったとの事です。

     

    なぜ、このような現象が起きているかは不明との事ですが、

    これからの環境に適応していくには、アルコールに弱い方が、

    有利になる、何かがあるのかも知れませんね。

     

    私はアルコールを好きですが、弱いです。

    そうすると、進化している人間の一人かも知れません。

    顔や体質は典型的な縄文人なのに・・・。

     

    強い人も、お酒はほどほどが良いですが・・。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック