calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

私のこと 中学〜高校〜大学

0

    中学時代

     

    前にも書きましたが、柔道部に属し、

    毎日練習に明け暮れていました。

     

    当時の運動部なんて、精神論が強く、

    基礎練習はウサギ跳び、誰かを背負って階段の昇り降り、

    練習中は水は飲まない、そんな練習をやっていました。

     

    それでも、仲間とワイワイやる練習は、

    10代前半の私にとっては、遊びの延長みたいで楽しかったです。

     

    中学校は取り立てて進学校という事ではなかったので、

    勉強もそこそこやり、それなりの中学校生活を送っていました。

     

    友だちは、小学校からのデコさん、ケービーとよく遊び、

    柔道部のタカさん、今でも仕事の接点があるサカエちゃんなどと、

    一緒にいたと思います。

     

    印象的な先生は、柔道部顧問の鈴木先生や、音楽のミゼット先生、

    社会のジンペイ先生などが記憶にありますが、

    友だち、先生とも中学校時代はそんなに多くの記憶が残っていません。

     

    大人への成長の途中であったので、

    柔道部の記憶以外は、あまり残っていないです。

     

    高校時代

     

    高校は地元昭島市の高校でした。

    当時は、高校を単独で受験する事が出来なくて、

    立川にある高校と昭島市の高校がひとつのグループになっていました。

    本当は昭島市から出たかったのですが、

    ここに留まり、何の因果が、今もこの地で生活をしています。

     

    高校時代の友達は、今でもFaceBookで友だちになっているように、

    長いお付き合いが出来る基礎ができたと思います。

     

    中学校時代は、まだ子どもの部分が多く、

    自分という個性も確立していなかったのですが、

    高校生になると、私を含めてみんなの個性が確立し、

    本当に自分と波動が合う人と出会うきっかけになりました。

     

    高校時代の友だちは、一生涯の友だちになる、

    と先人たちも言っていましたが、まさにそんな感じです。

     

    高校時代のクラブ活動は、剣道部でした。

    入学した時に、中学校のクラブの先輩から柔道部を誘われました。

    どうしても、断わり切れずに、1回だけ練習に参加しましたが、

    腰の問題や、体の小ささから、柔道部は無理だと悟り、

    その先輩には丁寧に断ったことを覚えています。

     

    ただ、小学生から柔道をやっていたので、もう飽きたという感も

    ありましたが・・。

     

    剣道部に入ったのは、当時テレビドラマで、剣道部を舞台にした

    ものが放映されていて(俺は男だ!)、そんな事で、

    クラスの友だちに誘われたのが切っ掛けでした。

     

    剣道部は高校で初心者もいたのですが、中学校時代からやっていた者も多く、

    入った当時から実力の差が歴然としていました。

     

    こんな事なら、柔道部のほうが良かったかな?なんて思った事も

    有りましたが、でも高校時代は剣道部で通していました。

     

    大学時代

     

    楽しい高校時代はあっという間に過ぎ、

    受験、そして大学進学となりました。

     

    大学では、そこそこに授業に出席し、単位を落とさないようにする

    ことを目標にしていました。

    ただ、当時は学園紛争の最後の時期だったため、

    試験をまともに受けたのは、1年生の頃だけで、2年から4年までは、

    前期は試験があったものの、後期は全てレポートという状態でした。

     

    学校の中に、黒いヘルメットやこん棒を持った人がいる、

    なんていう事は、今の学生には分からないでしょうね?

     

    そして、彼らは学校の敷地内で、いつも政治について演説をしていて、

    あの頃、若者の力で世の中を変えられる、

    と信じていた人が多かったと思います。

     

    この大学時代、教科書や教授から学ぶ事よりも、

    彼らの話や後日書く予定のアルバイトなどから学ぶものが

    多かったのではないか、とも思っています。

     

    ・・続く・・

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック