calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

国際ボンディング協会ってなに?

0

    「先日、ボンディング協会の総会がありました」と、

    ブログで書きました。

     

    そして、このブログの読者の方から、ご質問を頂き、

    「ボンディング協会」ってどういう団体ですか?と言うのです。

     

    そう言えば、このブログにおいて、そんなにボンディングの事を

    書いてなかったことを思い出し、簡単にお話します。

     

    (詳しくは、ボンディング協会のHPをご覧ください。)

     

     

    ボンディング協会というのは、NPO法人国際ボンディング協会と

    いうのが正式名称です。

    「ボンディング」というのは、「くっつける」という事で使われ、

    産婦人科の業界では、絆のような意味で使われていることから、

    親と子の絆を考える会にすることから、ボンディング協会と名づけたのです。

     

    設立に関した、立ち上げセミナーは2000年、

    正式に活動が始まっていったのは、翌年の2001年頃だったと思います。

    そしてNPO法人として、東京都に認められたのは2003年、

    現在の事務所がある、埼玉県に登記替えをしたのが、2014年となっています。

     

    設立時に中心になったのは、埼玉県熊谷市で産婦人科を開業している、

    鮫島浩二先生で、私はその補佐役として、一緒に協会を立ち上げていきました。

     

    鮫島先生は、産婦人科医として診療に当たる中で、親と子の絆が希薄になって

    いる事を感じ、ベビーマッサージを含めて絆作りのための会を作りたいと

    思っていらしゃったのです。

     

    それは、様々な過程や時間を経ても、ぶれることなく、現在も続いています。

     

    ベビーマッサージが大切な絆作りの一つと考えたのは、

    お母さんと赤ちゃんが触れ合う時間が作れる事が、最も大切な事です。

     

    もちろん、おっぱいをあげたり、オムツを替えたりすることも、

    触れ合いの一つですが、それは、お母さんにとっては、義務感のように

    感じてしまうのも否めないのです。

     

    おっぱいだって、ミルクで育てている人は、寝かせた赤ちゃんに、

    機械的に哺乳瓶で与えている人もいる、と聞いた事があります。

     

    それでは、お母さんも赤ちゃんも楽しく無いですよね。

     

    でも、唄を歌いながら、話しかけながら、赤ちゃんの体をさすり、

    触れていると、そこに赤ちゃんもお母さんにも、微笑みがこぼれる

    ようになり、日頃の育児の疲れも忘れさせてくれるひと時を与えて

    くれるのです。

     

    理想と言ってしまえば、それまでですが、今まで何千人とベビーマッサージ

    教室で、赤ちゃんとお母さんの触れ合いを見てきて、

    その事を強く感じる時があるのです。

     

    当時はベビーマッサージもブームになりつつあり、

    日本の内外を問わず、様々な団体がベビーマッサージのインストラクターを

    養成するセミナーなどを開催し始めた時期とも重なり、

    ボンディング協会の養成セミナーにも、多くの方が応募してきたのを

    思い出します。

     

    現在では、そのブームも一段落しましたが、

    ボンディング協会では、産婦人科や助産院などのご要望に応えて、

    地道にベビーマッサージの指導者を養成し続けています。

     

    そのお陰で、多くのスペシャリスト(ボンディング協会では、この指導者を

    BBCS・ベビーボンディングケア・スペシャリストと呼んでいます。)

    たちが、主に産婦人科、助産院、市の育児相談コーナーなどで活躍しています。

     

    また、保育園などでも、新生児〜3歳児位までのお子さんに、

    ベビーマッサージを行っている所もあります。

     

    そう、ボンディング協会では、このお母さんと、赤ちゃんが触れ合う時間、

    ボンディングする時間が増え、今、社会問題になっている、

    赤ちゃんの虐待や育児放棄、お母さんのマタニティーブルーなどの問題が、

    少しでも解決できれば良いと思って、皆さんが活動を行っているのです。

     

    それは、設立された2000年当時から、今も変わることなく続いているのです。

     

    そして、今後も協会はこの設立時の精神を忘れず、

    それでも、時代の変化を受け入れながら、進んでいくと思っています。

     

    *尚、私は現在、監査役として関わっていますが、直接運営には携わっていません。

     

    テンドルマンでは、ベビーマッサージに使用する、

    高品質のオイルを取り扱っています。

     

     

        

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック