calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

蛍が復活していた!

0

    私が住んでいる東京都昭島市というところは、

    地理的に、東京都のほぼ真ん中にあります。

     

    といっても、都会では無く、また田舎でもない、

    そんな所です。

     

    ですから、家から20分も歩けば、多摩川の自然に

    触れることも出来ますし、その多摩川近辺には、

    田んぼや畑などが多くあります。

     

    昨夜ですが、多摩川方面に散歩に行きました。

     

    急な中神坂を下り、一昔は田んぼ、

    今は新しい分譲住宅が立ち並ぶ田舎の道を歩いて行くと、

    何本もの農業用水が流れている所を横切ります。

    家が途切れた所で、その用水路沿いの道に入り、

    しばらく歩いていると、

    梨畑や田んぼなどの場所に出て、また小さな交差点に来ます。

     

    そこを右に曲がると、すぐに、

    最近出来たスーパーとドラッグストアーがあり、

    一瞬で田舎道から、明るい街に来たと錯覚するような所に出ます。

     

    スーパーの前の大きな都道を、自宅方向に歩いて行くと、

    先程歩いて来た道を下に臨む事が出来る坂道に差し掛かり、

    その道を真っ直ぐに歩いて行くと、自宅の近くへと続いて行くのです。

     

    ゆったりした坂道の下には、先ほど横切った用水路が何本も見えます。

     

    そして、2本目の用水路に差し掛かった時、

    その草むらに光を放つ「者」が、1つ、2つ、とあるのです。

    その光は微かに点滅し、よく見ると、幾つも確認できました。

     

    そうです、その光は「蛍」だったのです。

     

    *フリー写真のACさんから

     

    実は、先週の土曜日の夜、妻がそのスーパーに買い物に行き、

    「蛍」を見たよ!と興奮して帰ってきたのです。

     

    場所を聞いたら、そのスーパーの近くだという事だったので、

    昨夜、散歩がてら出掛けてみたのです。

     

    写真のように、飛んでいる所は、確認できませんでしたが、

    草むらで点滅している姿は、何とも言えない情緒を感じました。

     

    蛍を見たのは、子どもたちが小さい頃に、妻の実家近くの

    新潟で見たのが最後でした。

    まさか、あんな所に、蛍がいるなんて、信じられませんでした。

     

    昭島市でも、市の北側を流れる玉川上水には、

    近くの住民が蛍を復活させるということで、実現したことを聞いていましたが、

    あの農業用水でも蛍が復活していたとは、知りませんでした。

     

    私が子どもの頃、今から約半世紀前には、

    何本もある農業用水沿いには、蛍がいっぱい飛んでいて、

    箒を持って、蛍狩りに連れて行ってもらった事を覚えています。

     

    蛍が復活したのは、いつ頃かは知りません。

    というのも、夜、滅多にそっち方面には行かないからです。

     

    もしかすると、もう何年も前から、復活していたのかも知れませんが、

    とにかく、久し振りに見た蛍には、とても感動を覚え、

    今日のブログの話題はこれにしようと思ったのです。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック