calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

今日も暑い一日になりそうです。

0

    今日から、3連休の方が多いと思います。

     

    でも、日本中が、もの凄い暑さになっています。

    行楽地へお出掛けの方、お仕事の方、どうか暑さ対策は、

    万全にしてくださいね。

     

    そして、

    西日本の豪雨で被害に遭われた方たちにとっては、

    この暑さはとても厳しいものだと思います。

     

    どうか、無理をなさらずに、お過ごしください。

     

     

     

    自然環境の変化による災害、

    これは誰でも、いつでも、どこでも、襲われる危険が、

    あります。

     

    特に日本列島に住んでいる私たちには、

    多くの危険に見舞われる可能性があるのです。

     

    地震、いくつかの地殻(プレート)の動きによって成り立っている

    日本列島にとっては、地震は避けられないリスクです。

     

    津波、海に囲まれた日本列島では、海で起きた地震には、

    津波のリスクがいつもあります。

     

    台風、日本列島の東から南に広がる太平洋は、大きな台風を生む

    エネルギーをたくさん持っています。

     

    前線活動による大雨、太平洋と大陸に挟まれている日本列島は、

    上空に雲が集積されやすい環境です。

    そのため、雲の帯ができやすく、そこに吹き込む風によっては、

    大雨のリスクがあります。冬の場合には、予想以上の大雪もあります。

     

    洪水や土砂崩れ、今回の大雨で多くの方が犠牲になったこれらは、

    山岳列島である日本の宿命のようなものです。

     

    住んでいる所が高台だから、地盤が固い所だから、

    顕著な断層はないから、海や川から離れているからと、

    思っていても、地球規模のエネルギーは、私たちが考えるより、

    はるかに強大です。

     

    ですから、どんな災害に遭うか、いつも認識していなければ、

    いけないのが、日本列島に住むという宿命なのです。

     

    そして、一日の終わりに、

    「あ〜ぁ、今日も何にも無い、退屈な一日だったな」と、思う事、

    実はこれが本当の幸せなのかも知れないのです。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック