calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

食べた方が良い物

0

    先日、「食べてはいけない食品」というテーマで書いたら、

    では、「食べた方がよい食品」って、どんな物があるか?

    というご質問を受けました。

     

    食べた方が良い、というのは結構難しく、

    その目的によって、変わってくると思います。

     

    仕事で言えば、体を使う仕事をする人と、デスクに座って仕事を

    する人では、異なります。

     

    年齢や体格、病気の履歴によっても異なります。

     

    スポーツ選手の場合、体を作っている時期と、試合の間近あるいは、

    シーズン中の食も異なります。

     

    ですから、「何を食べた方が良いか?」というのは、

    「食べてはいけない」より、話をするのが難しいのです。

     

     

    そこで、一般論的な事で、話をすすめたいと思います。

     

     

     

     

     

    ・一日一回以上食べた方が良い物

     

    野菜 ・・ どんな種類でも、野菜は必ず食べてください。

          生野菜がベストですが、茹でても、炒めてもOKです。

          季節の野菜や地元の野菜なら、ベストです。

     

    穀類 ・・ 糖質悪者説的な問題もありますが、人のDNAの記憶に

          深く刻まれているエネルギー源が、米や麦などの穀類です。

          これは、一日一回以上は食べて欲しいですね。

     

    たまご・・ 良質なたんぱく質です。

     

     

    ・週に3〜4回は食べた方が良い物

     

    肉・魚 ・・ タンパク質の摂取は生命維持においてとても大切です。

          良質のタンパク質ですので、ある程度食べることは必要です。

          オススメは、鶏のムネ肉や豚のヒレ肉、赤身の牛肉です。

     

    納豆 ・・ 納豆に限らず、豆類にも良質のタンパク質が含まれています。

          週に3〜4回は食べたいです。

     

    乳製品 ・・ ヨーグルトやチーズも積極的に摂りたい食品です。

           牛乳に関しては、飲みたい人はどうぞ、という感じです。

     

    果物 ・・ 本当は毎日、と言いたいところですが・・。

          ビタミンやミネラルの補給をするには、果物が一番です。

          野菜では補いきれない栄養素の摂取が出来ます。

     

    ・週に1〜3回は食べた方が良い物

     

    海藻類 ・・ ワカメ、ヒジキ、昆布などには、ミネラルが豊富です。

           ミネラルの補給は、健康を維持する上でとても大切な要素です。

     

    ・その他

     

    今、心に問いかけて、一番食べたいと思うもの。

    人の身体は正直です。今、何が食べたいか、それが今の状態で一番必要な

    物なのです。

     

     

    昨日もテレビを観ていたら、健康情報の番組をやっていました。

    正しい情報ではあるけど、演出もあります。

    前にも書きましたが、栄養学というのは、統計学のようなもので、

    やはり何十年後かに、その食生活が正しかったかが分かる事が多いのです。

     

    もちろん、分子栄養学の理論で、体に良い物、悪いものというのは、

    分類できます。でも、栄養が体に役立つかどうかは、

    腸を含めた消化器官の健康状態、栄養を運ぶ血液、血管の状態、

    その他、精神的な状態なども大きく関わります。

     

    いつも、インスタント食品ばかり食べているから、体に悪い。

    コンビニの弁当ばかり食べているから、体に悪い。

    一日一食しか食べないから、栄養が摂れない。

     

    確かに「栄養学」的には間違った、不健康な食生活です。

     

    でも、それだからと言って、そういう人は全て病気になる、早死にする。

    けっして、そういう訳では無いから不思議です。

     

    そう、とても健康的な食生活を送っていた人と思われる方が、

    ガンになったり、早死にした例をいくつか見ているからです。

     

     

    ですから、自分の心に素直に、そして、何を食べたいかを問いかけて、

    毎日の食生活を「楽しむ」こと、それが一番だと思っています。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック