calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

宇宙船地球号の共有を

0

    昨夜の台風、凄かったですね。

     

    雨戸のシャッターが、ガタガタと鳴り、

    時折、もの凄い風の音と共に、時折ガッタンと音がしたり・・・。

     

    今朝、起きてみて外を見た時、そこから見えるものは、

    特に変わった事が無かったのですが、

    マンションの下に降りてみると、周りはゴミだらけになっていました。

     

    どこから飛んで来たのか、

    トタン板のかけらや、ポスターの剥がれたもの、小さな枝や

    イチョウの葉など、朝一の仕事は、それらの片づけが始まりました。

     

    今までも、何度も台風を経験していますが、

    今回の風は半端ないくらい強かったのが想像できます。

     

    そして、このような台風は、今後もっと発生する可能性があり、

    さらに強い台風に発達し日本を襲う日が来ることは否めません。

     

    前にも書きましたが、日本列島は地震帯を含め、海に囲まれ、

    近くに大きな大陸があるなど、大きな災害に襲われる可能性が

    ある場所にあります。

     

    ですから、日本に住む人、一人一人がその可能性を認識し、

    備えるとう意識を持つこと、また、国もその対策のために予算を

    多く取るという対策が必要になると思うのです。

     

    災害に襲われた後の復興費用云々、より災害対策に費用を掛けた方が、

    費用対効果ははるかに高いと思うのです。

     

    また、世界的にも、気象異変という問題が発生していることから、

    その気象異変の対応する対策を、国境を越えて行う必要があるのです。

     

     

    宇宙船「地球号」は、そこの住む人類にとって、唯一無二の物である

    という認識を世界中で共有すう必要があるのです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック