calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

一日の寒暖差が大きい季節です。

0

    一日の寒暖差が大きいこの頃、体調を崩されている方も多いようです。

     

    寒暖差が大きいと体調を崩すのは、体温調節などを行う、

    自律神経の働きに狂いが生じ、それにより「体全体のバランス」が

    崩れてしまうことも原因のひとつです。

     

    それにより、免疫力にも影響を与え、風を引いたり、

    または、胃腸障害などにも関連してしまうのです。

     

    自律神経のバランスを取るには、

    心をリラックス状態にすることが大切で、

    瞑想、呼吸法、ヨガなどがオススメの方法です。

     

    そして、アロマセラピーですね。

     

     

     

    精油成分の中には、ラベンダーなどに含まれる酢酸リナリルや

    リナロールなどの成分が脳に刺激を与え、リラックス系のホルモンを

    分泌させる働きがあるからです。

     

    また、オレンジやグレープフルーツに含まれるリモネンなどの成分は、

    血管を拡張して、血流を促しますので、体を温めリラックス効果も

    もたらすのです。

     

    瞑想や呼吸法、ヨガなどを行いながら、

    その部屋にアロマの香りがあると、その効果はさらに高くなり、

    自律神経のバランスを整えてくれることが期待できます。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック