calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

エキナセアとネトルは、今、サンフランシスコ

0

    ハーブを輸入する時には、様々な書類が必要です。

     

    そして、このブログでも書きましたが、今年の10月からは、

    その基準がさらに厳しくなったのです。

     

    現在、テンドルマンではエキナセアやネトルが欠品していますが、

    それらのハーブがやっと生産者の元を出発しました。

     

    その時に添付される書類がこれです ↓  ↓

    (PDFで予め送ってもらいました)

     

     

    これは、アメリカ農務省(USDA)が発行する、

    「 phystosanitary certificate」(植物検査証明書)で、

    これにより、輸入するハーブには害虫や他の種子などの混入が

    無いという事を証明した物です。

     

    これが無いと、日本にハーブを輸入することが出来なくなって

    しまうのです。

     

    この他にも、オーガニックの認定や原産国の書かれた証明書などが、

    ハーブと一緒に添付されてきます。

     

    ↓   ↓   ↓ (以前輸入した時の書類です)

     

     

     

    そして、無事に日本に到着すると、厚生労働省の食品検査を受けなければ

    なりません。

    それは、それらのハーブが食品として適合するかを検査するもので、

    書類審査と輸入量などによっては、サンプリングの検査を受けるのです。

     

    サンプリングでは、違法な成分がハーブに含まれていないか、

    などが検査をされますが、最近は少量ずつの輸入ですので、

    目視と書類だけでなんとかパスをしています。

     

    その書類ですが、今までは大手の運送会社に依頼をしていたのですが、

    結構費用も掛かり、その費用をハーブ代金に乗せると、

    お客様にもご迷惑をお掛けする事から、自分で作成しています。

     

    もともと、輸出入の書類を扱う専門家「通関士」試験に合格をしている

    ので、なんとか書類も書けるということも幸いしています。

     

    このように様々な手続きを踏み、ハーブはテンドルマンに届き、

    それをお客様に販売するのです。

     

    現在、ハーブはサンフランシスコ空港に到着し、日本への出発を待っている

    最中です。順調に行けば、来週には手元に届く予定です。

    ただ、現在、成田空港はボージョレ―ヌーボーの通関で忙しく、

    日本への出発も調整されているかも知れません。

    何と言っても、ボージョレ-は解禁日までに市場にでないと困るので、

    優先的に通関、食品検査が行われるのです。

     

    以前、ハーブを輸入した時には、成田で1週間以上も止められたことが

    ありました。

     

    エキナセアハーブをお待ちの方が多くいらっしゃいますので、

    一日も早く届いて欲しいと思いますが、そのような事情も察して

    頂きたいと思います。

     

    入荷しましたら、またお知らせいたします。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック