calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

インフルエンザ

0

    昨日、知り合いのクリニックに行ったのですが、

    多くの人がインフルエンザの予防接種を受けに来ていました。

     

    診療開始は9時ですが、その時間にはすでに十数人いて、

    そのほとんどの人が、予防接種でした。

     

    そう言えば、私の周りの人も、

    「インフルエンザの予防接種受けに行かなくちゃ」とか、

    「もう、予防接種受けた?」なんていう会話が、多く聞かれます。

     

    ニュースでも「インフルエンザワクチンが・・」などという話題が

    多く取り上げられ、その予防接種を受けない人にとっては、

    ちょっと肩身が狭いという気がします。

     

    こんなに多くの人が予防接種を受けている「ハズ」ですが、

    毎年、毎年、多くの人がインフルエンザに罹り、

    学校では、学級閉鎖や学校閉鎖などという事態になります。

     

    何故なんでしょうか?

     

    大きな理由としては、予防接種に使用するワクチンは、

    その年に流行りそうなウィルスを予想して製造されるので、

    もし、少しでも型が異なるウィルスが流行した時には、

    そのワクチンでは対処できないという問題があります。

     

    そして、インフルエンザウィルスも年々(というか日々)変化し、

    本当にちょっとした違いでも、感染した人には抗体が無いために、

    発症してしまうのです。

     

    ちょっとした違いであれば、上手く免疫機能が働き発症しない場合も

    あるようですが、この免疫機能に衰えがあると、発症していまいます。

     

    ですから、インフルエンザの予防接種を受けていても、

    それに罹るリスクがあるという訳です。

     

    ただ、反対に予防接種を受けていなくても、

    ウィルスが体内に入っても発症しない場合もあります。

     

    これは、一言で言ってしまえば、その人の免疫機能が上手く作動し、

    体内に入ったウィルスを撃退した、という事になるのです。

     

    免疫については、こんな記事も参考にしてください。

    http://tendrement-jp.jugem.jp/?eid=849

     

     

    免疫機能を常に強化していくには、

    日頃の栄養や運動、休養などが大切になっています。

    そして、ストレスを溜めない事、溜まったストレスは体の防御反応を

    鈍感してしまい、体の健康に重大な問題を起こす可能性があるからです。

     

    今朝は東京地方でも随分と冷え込んで来ました。

    本格的にインフルエンザの季節になります。

     

    このブログを読まれた方が、この記事を参考にして、

    インフルエンザの季節を無事に切り抜けてもらえれば、嬉しいです。

     

    書いている、自分も気を付けなくちゃ・・・。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック