calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

諸行無常、イチロウ選手の引退

0

    昨夜、偉大な野球選手が引退しましたね。

     

    シアトル・マリナーズのイチロウ選手です。

     

    スポーツ選手にとって、いつかは引退という事があり、

    それはどんな偉大な選手でも、その時は必ずやって来ます。

     

    日本のプロ野球でも、特に巨人の長島選手の引退時は、

    日本中が大きな感動の渦の中にいたことを覚えています。

    そうですね、あの有名なセリフ、

    「巨人軍は永遠に不滅です」です。

     

     

    イチロウ選手の引退は、日本ばかりでなく、世界中にその

    ニュースが配信され、各地で彼を称賛するコメントが

    多く寄せられているようです。

     

    45歳という年齢まで現役の選手を続けた事、

    アメリカの大リーグに様々な記録を残したことが、

    いかに彼が偉大な選手であったかを物語っています。

     

     

    さて、このブログ的に注目すべき点は、

    45歳という年齢まで現役を続けれられる体力の問題です。

     

    人の身体は40歳を過ぎるころから、筋肉だけでなく、

    内臓機能にも低下がみられます。

    それは、心肺機能や消化機能全般に起こる現象ですが、

    心肺機能や筋肉に関しては、トレーニングなどにより、

    そのレベルをかなりの年齢まで維持できることは確認されて

    います。けれども、消化機能に関して、トレーニングで維持

    するという事は、とても難しと言われています。

     

    唯一の方法が、毎日の食生活により、

    その機能を維持することが可能なるのですが、

    新聞の報道などでは、あまり食事の事について、

    書かれたのを読んだことはありません。

    でも、彼の事ですから、食生活にもかなり気を使って

    いたのではないか、と思うのです。

     

    ただ、一説によると、イチロウ選手は毎日の筋肉トレーニング

    やストレッチは欠かさずに行っていることも、内臓機能の強化に

    関係があるようです。

    特に筋肉に強い負荷を与えない、一時話題になったスロートレーニングは

    その効果は全身に及ぶと言われています。

     

    ストイックに自分を鍛え続けてきた結果、45歳という年齢まで、

    アメリカの大リーグという、とてもハードなリーグの中で、

    現役を続けて来られた理由だったのでは、と思うのです。

     

    諸行無常、世の中は常に移ろっています。

    新しく入団する選手もいれば、去る選手もいます。

     

    何時かはやって来る引退という時期、

    私のように自分で仕事をしている人にも、

    いつか幕を閉じる時がやって来ます。

     

    その時には、美しく、その幕を閉じられたらいいなと、

    昨夜のイチロウ選手の引退から思いました。

     

    そして、鈴木一郎さん、お疲れ様と言いたいです。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック