calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

テンドルマンの記事は、臨床栄養士(Holisitic Nutrition)が書いています。

このブログで取り上げる、栄養やダイエットなどの情報は、 臨床栄養士(Holistic Nutrition・アメリカ資格)が、 近代栄養学の臨床データーや研究データーに基づいて、 書いております。

青梅線、かりんとう電車から103系

0

    若い方は映像でしか見た事が無いかと思いますが、

    私の学生時代、1970年代の後半には、都会の駅だけでなく、

    私が住んでいる昭島市の駅にも、いわゆる「尻押し部隊」と言われる、

    駅員の補助要員というのが、存在していました。

     

    私も大学の4年間、地元の青梅線中神駅で、その補助要員のバイトをした

    ことがあるのです。朝の時間帯で7時半から8時半までの1時間の勤務

    ですが、日曜・祭日を除き、毎日勤務が原則でした。

     

    私がバイトをしていた、1970年代の後半に、青梅線で走っていた車両は、

    とてもバラエティーにとんでいて、当時の最新車両である103系から、

    主力の101系、かりんとう色の72系や40系まで、ほぼ同時期に走って

    いたことがありました。

     

    40系は戦前に使用された車両で、確か窓のブラインドが木製だったものが

    あったのも、微かな記憶の中に残っています。

    この車両は1〜2編成くらいで、武蔵五日市発の電車にあったような気がします。

     

    Wikipediaより

     

    でも、この車両は私が大学を卒業する1981年には、走っていなかったような

    記憶もあります。

     

    当時の主な車両は、かりんとう色電車(このように呼ぶ人もいました)の、

    72系と呼ばれる車両で、青梅線を走る電車の車両のうち、

    半分近くがこの車両だったのではないか、と思います。

     

    この車両は4両または、7両編成の車両で、冬の混む時期だと、

    押し込んでも乗り切れないような人も出てきて、何度も苦情を言われたことが

    あります。

     

    また、ドアが閉まらなくなったりするトラブルは、かなりの頻度で発生し、

    その時には、ロープを張り、そこに私が立って終点の立川駅まで乗って行ったことも、

    数回ありました。もちろん、乗って行けるのは比較的空いている場合ですが・・。

     

    今では考えられない事ですよね。

     

    車両には、エアコンもありませんので、夏の時期になると、具合が悪くなって、

    ベンチで休むお客さんなどもありました。

     

    ただ、バイトをしたのが、4年間という短い間でしたが、その間にどんどん、

    新しい車両101系が導入されてくると、ドアが閉まらないトラブルなどは、

    無くなりました。

     

    卒業する頃(’81年)になると、京浜東北線で走っていた103系の車両が、

    たまにやって来ることがありました。

     

    今では青梅線の車両は全てE233系という、中央線と同じ車両を使用して

    いて、色も統一されています。

     

    しかし当時は、かりんとう色の車両、オレンジ色の車両、そして、青い車両と

    バリエーションもカラーも様々な車両があり、当時の国鉄時代の車両を多く

    楽しめる時代だったと思います。

     

    101系の車両が主流になった1981年の3月には、72系、かりんとう電車

    のサヨナラ運転があったとの記憶があります。

     

    103系もすべてオレンジ色に塗り替えられて、少しずつ青梅線も「都会」の

    電車に近づいてきたのが、この頃だったと思います。

     

    *記憶を辿って書いていますので、記憶違いがあったら、ごめんなさい。

     

     

    国鉄のバイト時代のことは、面白いエピソードがいろいろありますので、

    たまに引き出しを開けて、書いてみたいです。

     


    台風5号が近づいています。

    0

      沖縄の南東に台風5号があり、

      それがだんだんと北上し、日本列島に近づこうとしています。

       

      まだ、上陸するという予報は出ていないので、

      かなり接近しても、”直接”、台風の被害に遭うことはないかと思います。

       

      でも、梅雨前線を刺激すると、思わぬ豪富に見舞われる事も

      あるので、注意が必要と、気象庁では警戒しています。

       

       

      台風の発達や強さに関して、フィリピン近海の海水温や、

      沖縄から日本列島近辺の海水温というのは、大きな影響を与えます。

       

      台風のエネルギー源は、海からの上昇気流ですから、

      海水温が高ければ高いほど、上昇気流も盛んになり、

      それに伴って、台風も勢力を増してきます。

       

      現在、フィリピン近海の海水温は高いですが、

      日本列島近海に関しては、十分に暖まっていないので、

      万が一台風が接近したとしても、真夏から秋にかけての台風よりも

      勢力は強くないと思われます。

       

      ただ、平年に比べると、この時期にしてみれば、平均1〜2℃も海水温が

      高くなっていますので、今年は台風への備えには注意が必要かも知れません。

       

       

      たまに、このブログでも書きますが、

      地球の気象に大きな影響を与えるのが、北極海近辺の氷の面積です。

      今年のレベルは、真夏に過去最低の面積記録を残した2012年よりも、

      6月7日の時点では、少なくなっているのです。

       

      このまま減り続ければ、過去最低を記録してもおかしくない状態です。

       

      地球は年々温暖化の傾向にあることは、皆さんもご存じだと思います。

       

      このことは、冬のどか雪を生んだり、夏に猛烈な台風の発生へと

      繋がっていきます。そして、それに伴う経済損失もかなりの数値に昇る

      のです。

      そして、この温暖化の原因の“一つ”が、二酸化炭素であることを考えれば、

      この削減は早急に行わなければならない問題です。

      既に、世界各国がそれに協調して取り組んでいますが、

      大国であるアメリカ合衆国がイマイチ乗るきで無いのが、気になります。

      二酸化炭素の排出を規制すると、産業に影響を与える、というのが、

      その理由の主たるものでしょうが、温暖化によって起こる損失の問題

      のほうが、はるかに大きいのではと思うのです。

       

      地球は一つしかありません。

       

      もし、地球を守る事で、そのうちできる事が、二酸化炭素の削減という

      事であれば、そのできる事をするのが、とても大切だと思うのです。

       

       

      今夜辺りから、少なからず、台風5号の影響が出てきそうです。

      土砂災害や河川の氾濫など、起こらない事を願いたいです。

       


      アジサイの花を見ながら、限定セールが始まります。

      0

        朝のウィルの散歩の時に、

        近所の庭先にアジサイが咲いていましたので、思わず“パチリ”

         

        アジサイを見ると、梅雨のシーズンに入ったことを、

        改めて感じます。

               

         

                  

         

         

        アジサイの花には、シトシト降る雨が似合うと思いますが、

        昨日、今日ととても良いお天気です。

         

        もちろん、天気が良い時に見るアジサイも良いですが・・・

         

        ところで、本日からテンドルマンの厳選通販と、

        ヤフーボーテ店では、限定セールを行っています。

         

        厳選通販では、アロマの虫よけセット

         

        ヤフーボーテ店では、レヴェイユスキンローション

        マミーズラブアロマクリームメドウズモッジスプレーを、

        期間、数量限定セールとして販売致します。

         

        是非、一度訪れて下さい。


        雨あがりの朝。

        0

          雨上がりです。

           

          今日は一日、良い天気が続くといいなぁ〜!

           

           

           

           

           

           

          青い空に白い雲。

           

          私が大好きな空です。

           

          今日も一日、良い事がありますようにヽ(^o^)丿

           


          今日から梅雨入り

          0

            今日気象庁から、近畿から関東甲信地方が梅雨入りをしたという発表が

            ありました。関東地方は昨年が6月7日頃、平均が6月8日頃との

            事ですので、ほぼ平年通りの梅雨入りと言ってもよいでしょう。

             

            下は18年6月6日15時30分の気象衛星の写真です。

             

             

             

             

             

            日本列島に帯状に雲がかかっていますね。

            これは、南からの暖かく湿った空気と、北からの冷たい乾いた空気の

            ぶつかり合った所に出来る雲です。

             

            このような状態が、およそ1か月半近く続く訳で、

            その間は、この雲の下では、はっきりしない天気が続くことになるのです。

             

             

            はっきりしない天気だと、気持ちも鬱っぽくなる人もいますね。

             

            そんな時は、アロマの香りがオススメですよ。

             

            特にオレンジスィートグレープフルーツレモンなどの柑橘系の香りは、

            鬱陶しい天気の天気の時に香らせ、目を閉じると、まるで常夏の南国にいるような

            気持ちにさせてくれます。(ちょっと大袈裟)

             

            また、これらの精油には、殺菌・消毒作用もありますので、

            お部屋の中の浄化にも役立ちます。

             

            是非、アロマディフューザーで、お部屋に香らせて下さい。

             

             

                 

             


            リフレッシュするには、ハーブティーがオススメです

            0

              梅雨も間近となりました。

               

              気温が高く、湿度も高いと、不快感を感じる人が多くなり、

              また、体調不良を訴える人も多くなるようです。

               

              それは、自律神経の問題であったり、気圧の変化の問題だったり、

              様々な要因があるようです。

               

              そんな時は、爽やかな口当たりの「リフレッシュブレンド」

              をオススメしたいです。

               

               

               

               

              テンドルマンのリフレッシュブレンドは、開業当時からの定番商品で、

              ハイビスカス、ローズヒップ、オレンジピールが、

              とても飲みやすくブレンドされています。

               

               

               

               

              これらのハーブに共通して言えるのは、ビタミンCが含まれていること、

              そして、アントシアニンなどの植物フラボノイドが多く含まれている

              事です。ですから、単に水分補給だけでなく、体に必要な栄養素も

              摂れるというのが、大きな特徴です。

               

              また、ハイビスカスに関しては、クエン酸が多く含まれています。

              クエン酸は、体内に溜まった乳酸などの疲労物質を体外に排出する

              効果が高い栄養素で、疲労回復に効果を発揮します。

               

              リフレッシュブレンドは、冷たくしても美味しいハーブティーです。

               

              2〜3人分のティーポットに、リフレッシュブレンドのティーパックを入れ、

              熱湯を注いで5〜10分程度抽出します。

               

               

               

              ティーパックを取りだし、ポットごと氷水の入ったボウルなどで冷やして

              下さい。また、すぐに飲みたい場合は、水筒などに氷をたっぷりと入れ、

              そこに抽出したリフレッシュブレンドを注いでください。

              ただし、その場合は、長め(10分程度)蒸らしてからの方が美味しくなります。

               

               

              今年の夏、是非リフレッシュブレンドを楽しんでください。


              Momaのアイスクリームスプーン

              0

                先日、娘から一足早い、父の日のプレゼントが送られてきた。

                 

                Momaデザインのアイスクリームスプーンです。

                 

                 

                素材はアルミで、日本のアイスクリーム規格、乳脂肪が15%のものだと、

                すんなりとアイスの中に入り、すくいやすいというスプーンです。

                 

                確かに、スッと、アイスの中に入り、口当たりも心持ちまろやかに

                感じました。

                 

                世の中、面白いものがいっぱいあるんだな、と改めて感心しました。


                6月の始まり、・・・

                0

                  6月が始まりました。

                   

                  今日は良いお天気ですが、来週から梅雨のような天気が多くなり、

                  どうも、来週中には梅雨に入りそうです。

                   

                  梅雨は、雨が続き、湿気の多い季節ですが、

                  農作物の生育にはとても大切な雨、「水」を恵んでくれます。

                   

                  嫌な事ばかり考えないで、その恵の方を考えていきましょう。

                   

                  今月も書き続けていきます。

                   

                  どうぞ、宜しくお願いします。

                   

                   

                   


                  風薫る5月も今日で終わりです

                  0

                    5月という季節、本来は「風薫る5月」と言われるほど、

                    心地よい天気が多い月と言われています。

                     

                    でも、今年の5月は各地で真夏日を記録したり、

                    とても暑い5月となってしまいました。

                     

                    これも温暖化の影響のひとつと考えられますが、

                    人の力で何とかなるのであれば、最大限の努力をして、

                    大きな気候変動を止めたいですね。

                     

                    今月もいろいろありました。

                     

                    すでに紹介したものもありますが、

                    ちょっと写真を並べてみました。

                     

                     

                    5月3日の立川フラメンコのイベントです。

                    妻が参加しました。(写真に写っていませんが・・)

                     

                     

                    5月6日、新緑がまぶしい青梅へ行ってきました。

                    とても天気が良く、ぶらっと、歩くには、ちょうどよかったです。

                     

                    DSC00700_500.JPG

                     

                    青梅線、御岳駅近くにある、玉川屋というお蕎麦屋さん。

                     

                    老舗のお蕎麦屋さんで、お昼時には狭い店内がごった返していました。

                     

                     

                    そして明日からは、6月です。

                     

                    雨の季節を迎えます。

                    ちょっと憂鬱な気分になりがちな季節ですが、

                    アロマやハーブで快適に過ごしてください。

                     

                    特にデッドシーソルトをいれたお風呂での入浴は、オススメです!

                     

                     


                    国際ボンディング協会ってなに?

                    0

                      「先日、ボンディング協会の総会がありました」と、

                      ブログで書きました。

                       

                      そして、このブログの読者の方から、ご質問を頂き、

                      「ボンディング協会」ってどういう団体ですか?と言うのです。

                       

                      そう言えば、このブログにおいて、そんなにボンディングの事を

                      書いてなかったことを思い出し、簡単にお話します。

                       

                      (詳しくは、ボンディング協会のHPをご覧ください。)

                       

                       

                      ボンディング協会というのは、NPO法人国際ボンディング協会と

                      いうのが正式名称です。

                      「ボンディング」というのは、「くっつける」という事で使われ、

                      産婦人科の業界では、絆のような意味で使われていることから、

                      親と子の絆を考える会にすることから、ボンディング協会と名づけたのです。

                       

                      設立に関した、立ち上げセミナーは2000年、

                      正式に活動が始まっていったのは、翌年の2001年頃だったと思います。

                      そしてNPO法人として、東京都に認められたのは2003年、

                      現在の事務所がある、埼玉県に登記替えをしたのが、2014年となっています。

                       

                      設立時に中心になったのは、埼玉県熊谷市で産婦人科を開業している、

                      鮫島浩二先生で、私はその補佐役として、一緒に協会を立ち上げていきました。

                       

                      鮫島先生は、産婦人科医として診療に当たる中で、親と子の絆が希薄になって

                      いる事を感じ、ベビーマッサージを含めて絆作りのための会を作りたいと

                      思っていらしゃったのです。

                       

                      それは、様々な過程や時間を経ても、ぶれることなく、現在も続いています。

                       

                      ベビーマッサージが大切な絆作りの一つと考えたのは、

                      お母さんと赤ちゃんが触れ合う時間が作れる事が、最も大切な事です。

                       

                      もちろん、おっぱいをあげたり、オムツを替えたりすることも、

                      触れ合いの一つですが、それは、お母さんにとっては、義務感のように

                      感じてしまうのも否めないのです。

                       

                      おっぱいだって、ミルクで育てている人は、寝かせた赤ちゃんに、

                      機械的に哺乳瓶で与えている人もいる、と聞いた事があります。

                       

                      それでは、お母さんも赤ちゃんも楽しく無いですよね。

                       

                      でも、唄を歌いながら、話しかけながら、赤ちゃんの体をさすり、

                      触れていると、そこに赤ちゃんもお母さんにも、微笑みがこぼれる

                      ようになり、日頃の育児の疲れも忘れさせてくれるひと時を与えて

                      くれるのです。

                       

                      理想と言ってしまえば、それまでですが、今まで何千人とベビーマッサージ

                      教室で、赤ちゃんとお母さんの触れ合いを見てきて、

                      その事を強く感じる時があるのです。

                       

                      当時はベビーマッサージもブームになりつつあり、

                      日本の内外を問わず、様々な団体がベビーマッサージのインストラクターを

                      養成するセミナーなどを開催し始めた時期とも重なり、

                      ボンディング協会の養成セミナーにも、多くの方が応募してきたのを

                      思い出します。

                       

                      現在では、そのブームも一段落しましたが、

                      ボンディング協会では、産婦人科や助産院などのご要望に応えて、

                      地道にベビーマッサージの指導者を養成し続けています。

                       

                      そのお陰で、多くのスペシャリスト(ボンディング協会では、この指導者を

                      BBCS・ベビーボンディングケア・スペシャリストと呼んでいます。)

                      たちが、主に産婦人科、助産院、市の育児相談コーナーなどで活躍しています。

                       

                      また、保育園などでも、新生児〜3歳児位までのお子さんに、

                      ベビーマッサージを行っている所もあります。

                       

                      そう、ボンディング協会では、このお母さんと、赤ちゃんが触れ合う時間、

                      ボンディングする時間が増え、今、社会問題になっている、

                      赤ちゃんの虐待や育児放棄、お母さんのマタニティーブルーなどの問題が、

                      少しでも解決できれば良いと思って、皆さんが活動を行っているのです。

                       

                      それは、設立された2000年当時から、今も変わることなく続いているのです。

                       

                      そして、今後も協会はこの設立時の精神を忘れず、

                      それでも、時代の変化を受け入れながら、進んでいくと思っています。

                       

                      *尚、私は現在、監査役として関わっていますが、直接運営には携わっていません。

                       

                      テンドルマンでは、ベビーマッサージに使用する、

                      高品質のオイルを取り扱っています。

                       

                       

                          

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      << | 2/75PAGES | >>